接尾語とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > 一類 > 接尾語の意味・解説 

せつび‐ご【接尾語】

読み方:せつびご

語構成要素の一。単独で用いられず、常に他の語下について、その語とともに一語形成するもの。意味を添加するもののほかに、上の語の文法的機能変える働きをもつものがある。「彼ら」「殿さま」などの「ら」「さま」は前者、「深さ」「春めく」「男らしい」などの「さ」「めく」「らしい」は後者の例。接尾辞。⇔接頭語


接尾辞

(接尾語 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/08 06:45 UTC 版)

接尾辞(せつびじ)とは、接辞のうち、語基の後ろに付くもの。接尾語(せつびご)とも言うが、接尾辞はではない。




「接尾辞」の続きの解説一覧

接尾語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 04:31 UTC 版)

白峰弁」の記事における「接尾語」の解説

~にゃぁ 「~ね」。白峰弁特徴であり、このことから白峰弁を「にゃーにゃー弁」とも言う。「あのにゃぁ~」 ~ちょる~している」。「なっている」は「なっちょる」になる。 ~くれんこ? 「~くれないか?」疑問詞~め 動物種類につく。桑島地区ではつけない。いぬ=いりめ、ねこ=にょこめ、へび=へんめ、かえる=べっとめ 等 「いりめは、にょこめを呼んできたやと(は、呼んできましたロシア民話おおきなかぶ』より)」

※この「接尾語」の解説は、「白峰弁」の解説の一部です。
「接尾語」を含む「白峰弁」の記事については、「白峰弁」の概要を参照ください。


接尾語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/16 04:11 UTC 版)

栃木弁」の記事における「接尾語」の解説

…け? -> …だろうか?(質問をするとき使う。けの「ぇ」を上がり調子で読む) (例:そうけぇ?→本当にそうなの?) …さ -> …へ (例:畑さ行ってみっぺ→畑に行ってみよう) …っつう… -> と…いう… (例:夕日屋っつう店があんだよ。→夕日屋という店があるよ) …はぐる -> …しそうになる(主に残念なことに使われる) …ぱぐる -> …しそこねる (例:取りっぱぐる→取りそこねる) …みたく -> …みたいに(例:モデルみたくかっこいいモデルみたいにかっこいい) …んさ -> …んだ(「んさぁ」となる事もある上がり調子で言う) (例:今日カラオケ行ったんさ→今日カラオケ行ったんだ)

※この「接尾語」の解説は、「栃木弁」の解説の一部です。
「接尾語」を含む「栃木弁」の記事については、「栃木弁」の概要を参照ください。


接尾語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 09:25 UTC 版)

茨城弁」の記事における「接尾語」の解説

か・かー・が・がー:側(がわ・かわ)。多く促音化した言葉に付く。そっちっかー:そっち側。 かい・けー・こい:促音化した名詞・形容詞に付き状態を表す体言作る。「けー」は「かい」の逆行同化形。いずれも標準語にある表現だが、茨城では使用範囲広く独特の言葉形成するがし・かし:端。側。あっちがし:向こうの端・向こう側。「~が尻」の意味可能性もある。 かだ・けだ:方。~の方。ひがしっかだ:東の方。 くさい・くせー:状態を示す接尾語で、「怪しい」「...らしい」の意。「にクサイ・にクセー」→(似ているっぽいらしい)、「ちっぽクサイ・ちっぽクセー」→(小さいっぽいらしい) ぐし:~ごと。~を含めて全部上代上方語の「共(ぐち)」にあたる。グは鼻濁音。「この、骨グシ食えっと」→(このは骨ごと食べられるよ) こ:標準語にもわずかにある接尾語。東北方言に特に顕著な接尾語。(1) 小さなものや子を示すあまっこ・おんなこ・おんなこ・むすめっこ:女の子(2) 愛称よめっこ:嫁。(3)所を表す。すまっこ:隅。(4) 体言等が約されているもの。ひざっこ:膝っ小僧(5) 意味を持たない接尾語。きれっこ:布切れ。ぜにっこ:銭。あなこ・あなっこ:穴。 だ・た:指示連体詞語尾の「な」に当たるが国辞書には単独での定義は無い。助動詞の「だ」の連体形は「な」だが、標準語には「それだのにのような変則的な言葉も残る。一方文語形動詞にはカリ・タリ・ナリ活用あるように、標準語の「な」と「た」はかつて二手に分かれていたが、その後「な」に移行し茨城では「た」に移行したと考えられるいずれも連体形の「なる」「たる」の変化したものと考えられるが、「な」と「た」の大系的な関係は一般国語辞書からは読み取れない。こーた:こんな。あーた:あんな。どーた:どんな。 てーら:~の人たち。「てーら」は、「て」の複数形。「あそこのテ」(あそこの人)、「若けぇーテーラ」→(若い衆)。 ぱだ・ぱた・ぺだ・ぺた:~端。~の表面。「べた・ぺた」は標準語で「尻臀」があるが、茨城では多用する。 ぱな:~端(はな)。 め:動物昆虫子供俗称としてつける接尾語。イヌメ)、ネゴメ)、ウシメ(牛)、ハチメ)、カンメ)、ガギメ(子供)など。県西一部地域を除くが、栃木でも使われる。 ぼ・ぼー・ぽ・ぽー:人の性(さが)を示す接尾語。「坊・法師」。 ぽい:体言動詞連用形に付いて形容詞作る茨城では標準語に比べ使用範囲遥かに広い。まるっぽい:丸い。ふとっぽい:太い。かぐっぽい・かくっぽい:四角っぽい。

※この「接尾語」の解説は、「茨城弁」の解説の一部です。
「接尾語」を含む「茨城弁」の記事については、「茨城弁」の概要を参照ください。


接尾語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/20 12:31 UTC 版)

五島列島方言」の記事における「接尾語」の解説

単語末尾に「じゃん」「じゃかん久賀地方)」「ちた」「ちたな」という接尾語をつけることが多い。「書くのだ」「白いのだ」が、間に「ト」が入って「書くトジャ」「白カトジャ」に変化する理由を表す接尾語には「〜けん」を用い、「〜から」を用いない。「〜から」は別の意味合いとしての用法があり、「〜をして」「〜で」に当たる言い方として「〜シテカラ」「〜デカラ」の方で用いられる。 「でも、云々〜」と「俺たちでも」の間に明確な違いがあり、前者は「シタテン」、後者は「俺たちデン」と区別される

※この「接尾語」の解説は、「五島列島方言」の解説の一部です。
「接尾語」を含む「五島列島方言」の記事については、「五島列島方言」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「接尾語」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

接尾語

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 21:36 UTC 版)

名詞

せつびご

  1. 単独で用いられず、自立語末尾に付いて、意味を添えたり調子変えたりする語。

関連語

翻訳


「接尾語」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



接尾語と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「接尾語」の関連用語

接尾語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



接尾語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの接尾辞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの白峰弁 (改訂履歴)、栃木弁 (改訂履歴)、茨城弁 (改訂履歴)、五島列島方言 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの接尾語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS