接尾語とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > 一類 > 接尾語の意味・解説 

せつび‐ご【接尾語】

語構成要素の一。単独では用いられず、常に他の語の下について、その語とともに一語形成するもの。意味を添加するもののほかに、上の語の文法的機能変える働きをもつものがある。「彼ら」「殿さま」などの「ら」「さま」は前者、「深さ」「春めく」「男らしい」などの「さ」「めく」「らしい」は後者の例。接尾辞。⇔接頭語


せつび‐ご【接尾語】

〔名〕 語構成要素一つ独立した一語としての機能をもたない造語成分接辞)のうち、語や語基のあとにつくもの。日本語では意味を添加するだけのもの(「神さま」「山本君」「こいつめ」の「さま」「君」「め」など)と、文法的機能を果たすもの(「寒さ」「汗ばむ」「女らしい」「ほがらか」の「さ」「ばむ」「らしい」「か」など)がある。後者には助動詞との区別問題のあるものがあるインド‐ヨーロッパ語では、語根のあとにつき、屈折語尾に先立つ要素とされる。接尾辞接尾

語法指南1889)〈大槻文彦〉接尾語「接尾語(セツビゴ)(Suffix.)は、常に他語の尾に接(つ)きて熟語となるものにて、他語名詞とするあり、動詞とするあり、形容詞とするあり、副詞とするあり」


接尾辞

(接尾語 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/06 15:39 UTC 版)

接尾辞(せつびじ)とは、接辞のうち、語基の後ろに付くもの。接尾語(せつびご)とも言うが、接尾辞はではない。




「接尾辞」の続きの解説一覧

接尾語

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 21:36 UTC 版)

名詞

せつびご

  1. 単独では用いられず、自立語末尾に付いて、意味を添えたり調子を変えたりする語。

関連語

翻訳




接尾語と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「接尾語」の関連用語

接尾語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



接尾語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの接尾辞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの接尾語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS