夕日とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 気象 > 気象 > 太陽 > 夕日の意味・解説 

夕日

読み方:ゆうひ・せきじつ

夕日の一般的な意味

夕日とは、15時18時ごろの夕方時間帯空で沈んで行く太陽、またその光を意味する表現夜になる間際日没近くになって、夕日で西の空赤く染ま現象は「夕焼け」と呼ばれる。「夕日」と書いて「せきじつ」と読むこともある。英語では夕日のことを「setting sun」と表現し中国語では「夕阳(xīyáng)」と言う

夕日と夕陽(せきよう)の違い

「夕日」は常用漢字表記載され読み方であるが、「夕陽と書いて「ゆうひ」と読む場合の「ゆうひ」は常用漢字表には載っていない読み方にあたる。「夕陽」は基本的な読み方は「せきよう」で「ゆうひ」という読み方もある。「夕日」と「夕陽」の間に意味的な違いはないものの、文学作品・詩・漫画などをはじめとした芸術創作においては「夕陽と書いて「ゆうひ」と読むことによって、「話者心情」や「真っ赤に染まった西の空街並み」など、言外感情情景表現している場合もある。

夕日はいつの季語か?

「夕日」はどの季節の季語にも該当しない。ただし「夕焼け」「夕暮れ」は夏の季語、「秋夕日」「夕霧」なら秋の季語、「夕時雨」なら冬の季語にあたる

夕日を含む地名

豊中市の「夕日丘」、京丹後市にある温泉夕日ヶ浦温泉」、伊豆の「夕日ヶ丘キャンプ場」といった具合に、地名や建物名の一部に「夕日」が使われることもある。

夕日で有名な観光地

宍道湖釧路真玉海岸江ノ島淡路島宮古島など、夕日に染まった美し景色情景見ることができることで知られる観光地全国各地にある。

『三丁目の夕日』『四丁目の夕日』

三丁目の夕日』は1974年から連載されている西岸良平漫画、および、それを原作としたアニメ実写映画作品のことである。また『四丁目の夕日』とは、1985年1986年にかけて連載され山野一漫画のことである。

「夕日」という名前

なお、特に女の子の名前として「夕日」と名付けられることもありこの場合は「ゆうひ」「ゆうか」「ゆか」などと読ませることが多い。

せき‐じつ【夕日】

読み方:せきじつ

ゆうひ。入り日


ゆう‐ひ〔ゆふ‐〕【夕日/夕陽】

読み方:ゆうひ

夕方の太陽。また、その光。入り日夕陽(せきよう)。「―が沈む」

夕日/夕陽の画像

夕日

作者吉池玲二

収載図書雨降りお月様
出版社文芸社
刊行年月2003.4


夕日

作者坂上吾郎

収載図書一人坂上吾郎小説集 1
出版社玲風書房
刊行年月2003.10


夕日

作者森山京

収載図書ハナさんおばあさん童話
出版社ポプラ社
刊行年月2006.5


夕日

作者清水保野

収載図書死の日付
出版社山梨日日新聞社
刊行年月2007.3


夕日

読み方:ユウヒ(yuuhi)

所在 佐賀県唐津市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

夕日

読み方
夕日ゆうひ

夕焼け

(夕日 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/30 07:16 UTC 版)

夕焼け(ゆうやけ)は、日没の頃、西地平線に近い空が赤く見える現象


注釈

  1. ^ なお、これらの歌詞に出てくる「小焼け」は詩の語調を整えるための造語で特に意味はない。ちなみに雨紅の出身地である八王子市には「夕焼小焼」というバス停がある。

出典

  1. ^ a b 5.雲と天気の変化”. 啓林館. 2019年10月26日閲覧。
  2. ^ マリンレジャー安全リポート 第63号”. 第七管区海上保安本部. 2019年10月26日閲覧。


「夕焼け」の続きの解説一覧

夕日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/10 14:06 UTC 版)

賢島橋と賢島大橋」の記事における「夕日」の解説

賢島大橋日本の夕陽百選選定されており、橋の上から見る夕日や対岸埋め立て地から見ると夕日が美しいとされる対岸では1月下旬から2月上旬11月に夕日を撮影する人が多く集まる。橋の上からは真珠の養殖筏が浮かリアス式海岸英虞湾見られる2007年平成19年)に朝日新聞社自社会員サイトアスパラクラブ」で実施したアンケート調査では、賢島大橋の夕日が日全国で7位に入った2016年平成28年5月10日使用開始した阿児賢島郵便局風景印には、賢島大橋に沈む夕日が、アコヤガイ模した輪郭中に描かれている。 近くに駐車場はない。

※この「夕日」の解説は、「賢島橋と賢島大橋」の解説の一部です。
「夕日」を含む「賢島橋と賢島大橋」の記事については、「賢島橋と賢島大橋」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「夕日」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

夕日

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 13:28 UTC 版)

名詞

(せきじつ, ゆうひ)

  1. 夕方沈もうとする太陽

翻訳

関連語


「夕日」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



夕日と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「夕日」の関連用語

夕日のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



夕日のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの夕焼け (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの賢島橋と賢島大橋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの夕日 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS