火星とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 宇宙 > > 火星の意味・解説 

か‐せい〔クワ‐〕【火星】

読み方:かせい

太陽系4番目の惑星地球のすぐ外側に軌道をもつ赤い星で、最大の明るさはマイナス3.0等。太陽からの平均距離2億2790キロ、すなわち1.5237天文単位公転周期1.8809年。780日ごとに地球近づく自転周期は1.0260日。赤道半径は3397キロ質量地球の0.107倍。昼夜四季があるが、大気希薄で気温は低い。極地に白い極冠をもち、冬季大きく広がる多数クレーター大峡谷などもあり、2個の衛星をもつ。熒惑(けいわく)。ほのおぼし。マルスマース

[補説] (衛星フォボスダイモス


火星

地球に似た赤い惑星、火星には季節が見られる

火星は地球のすぐ外側をまわる惑星(わくせい)で、地球からは赤く見えます。火星の直径地球約半分体積10分の1ほど、表面重力地球3分の1ほどです。火星は地球ほぼ同じ24時間37分かけて自転しながら、687日かけて太陽のまわりを公転します。また、火星の自転軸25度ほどかたむいているため、地球と同じように四季の変化見られます表面には薄い大気があり、月の表面に似たクレーターもたくさん見られます。

かつては水が存在していたと考えられる火星
かつては存在していたと考えられる火星

火星の地表にある砂漠や運河、海のようす

火星を観察すると、うすいだいだい色の「砂漠」かっ色明る「海」北極南極にあたる白いドライアイスの氷「極冠(きょくかん)」、細い黒い部分「運河」呼ばれる部分わかります「砂漠」平らな部分「海」でこぼこ斜面「運河」地面のひだのようになっていますまた、極冠」は、北半球では冬に広がり、夏は消えてしまうことから(しも)ではないか考えられています。また、火星には二酸化炭素からなる大気や、巨大な火山もたくさんあります

バイキング2号が軟着陸して送ってきた火星の地表のようす
バイキング2号軟着陸し送ってきた火星の地表のようす

太陽系最大の火山、オリンポス火山。高さ2万5,000m、山ろくの直径600km。
太陽系最大の火山オリンポス火山。高さ25,000m、山ろく直径600km。

火星をまわる2つの衛星「フォボス」と「ダイモス」

火星には「フォボス」と「ダイモス」と呼ばれる2つ衛星あります。これらは、地球の衛星である月のように大きなものではありませんどちらもだ円形フォボス直径26km、ダイモス直径16kmしかありません。これらは小惑星が火星にとらえられて、惑星になったものと考えられています。フォボスは約7時40分、ダイモスは約31時間かけて火星のまわりまわってます。フォボス表面にはたくさんのクレーターあることわかってます。

衛星ダイモス
衛星ダイモス

衛星フォボス
衛星フォボス

地球に似た環境下でも生物は存在していない

火星は太陽系の中で地球似た環境をもってます。北極南極には氷もあり、昔は海や川があったのでは、と考えられています。また、太陽系最大の火山オリンポス山をはじめとする火山もたくさんあります。これらはすべて活動終え活火山ありません表面温度は、真夏赤道付近でも昼は0℃、夜は-70極地方では-120です。この温度やうすい大気があり、四季見られることから、火星には生物がいるのではと考えられましたが、1976年バイキング1号着陸して調べたところ、生物はいないことがわかりました

谷川状の地形は現在もつくられている可能性も

火星の表面水の流れ削られとみられる谷川状の地形多数あることを、火星探査機マーズ・グローバル・サーベイヤー」がとらえましたマーズ・グローバル・サーベイヤー撮影した火星表面の約25,000写真のうち、クレーター内側などの約150地点に、地下水しみ出して地表面流れたとみられるkm規模地形みつかりました。そのものとらえられていませんが、地形V字形にえぐられ支流のような枝分かれもあるなど地球谷川によく似てます。
これらの地形は、風化のようすや、いん石ふりそそいだりした跡がないことなどから、比較最近できたもので、場合によっては現在も起きている可能性がある考えられています。地形の特徴から、火星にはかつて大量の存在したとみられていますが、現在もあること示唆する証拠初めてです。

マーズ・グローバル・サーベイヤー(左)とそのカメラが捉えた火星の表面写真(中)。地下水がしみ出し、地表面を流れたとみらえれる形が映し出されている。
マーズ・グローバル・サーベイヤー(左)とそのカメラ捉えた火星の表面写真(中)。地下水しみ出し、地表面流れたとみらえれる形が映し出されている。

マーズ・オデッセイによる氷の発見

また、2001年打ち上げられ火星探査機2001マーズ・オデッセイ」は驚くべき発見しました。火星の地下1メートルほどのところに大量の氷を発見したというのです。この氷は、巨大な湖を火星につくることが可能なほどの量であるとのことです。もしこれが事実ならば、火星開発大きく進展することでしょう

火星に生命体の可能性

火星は液体存在しにくい惑星です。火星の北極付近には氷がみつかっていますが、大気圧低く、すぐに蒸発してしまうため、液体存在しないされていましたそのため、もし火星にかつて生命体がいたとしても、現在は絶滅しているとみられています。
水の存在確認されれば地球以外惑星では初めてのことで、火星に原始的な生物存在する可能性高まってます。今回発見は、今後火星の生命探査実現大きなはずみがつく思われます


火星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/09 22:22 UTC 版)

火星(かせい、: Mars、マールス、: Mars、マーズ、: Άρης、アレース)は、太陽系太陽に近い方から4番目の惑星で、太陽系内では水星より大きく2番目に小さい惑星である。英語では火星はローマ神話の軍神の名を持ち、しばしば「赤い惑星(Red Planet)」と呼ばれる[3] [4]。赤い惑星とは、火星の表面に存在する酸化鉄の影響で、肉眼で見える天体の中でも独特の赤みを帯びた外観を持つことを指す。火星は大気の薄い地球型惑星で、の衝突クレーター地球の谷、砂漠、極地の氷冠を思わせるような表面形状をしている。


注釈

  1. ^ ただし、2009年にNASAの火星無人周回探査機「マーズ・リコナサンス・オービター (MRO)」が赤道と北極の中間付近にある氷の撮影を行った。この氷は、火星が湿潤だった頃のもので、火星への隕石衝突によって地表が削られて露出した。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae Williams, David R. (2018年9月27日). “Mars Fact Sheet”. NASA. 2020年3月12日閲覧。
  2. ^ 国立天文台 編集『理科年表』平成24年 机上版、丸善、2011年、ISBN 978-4-621-08439-7、p.78-79
  3. ^ Zubrin, Robert; Wagner, Richard (1997). The Case for Mars: The Plan to Settle the Red Planet and Why We Must. New York: Touchstone. ISBN 978-0-684-83550-1. OCLC 489144963. https://archive.org/details/caseformarsplant00zubr 
  4. ^ Rees, Martin J., ed (October 2012). Universe: The Definitive Visual Guide. New York: Dorling Kindersley. pp. 160–161. ISBN 978-0-7566-9841-6 
  5. ^ Millis. “Mars Moon Mystery”. About.com. 2021年6月21日閲覧。
  6. ^ Adler, M.; Owen, W.; Riedel, J. (June 2012). “Use of MRO Optical Navigation Camera to Prepare for Mars Sample Return”. Concepts and Approaches for Mars Exploration. 12–14 June 2012. Houston, Texas.. 4337. http://www.lpi.usra.edu/meetings/marsconcepts2012/pdf/4337.pdf 
  7. ^ In Depth | Mariner 04”. NASA Solar System Exploration. 2020年2月9日閲覧。 “The Mariner 4 mission, the second of two Mars flyby attempts launched in 1964 by NASA, was one of the great early successes of the agency, and indeed the Space Age, returning the very first photos of another planet from deep space.”
  8. ^ Shea (2018年9月20日). “Beyond Earth: A Chronicle of Deep Space Exploration”. NASA. pp. 101–102. 2020年2月9日閲覧。 “Mars 3...Immediately after landing, at 13:50:35 UT, the lander probe began transmitting a TV image of the Martian surface although transmissions abruptly ceased after 14.5 seconds (or 20 seconds according to some sources).”
  9. ^ In Depth | Viking 1”. NASA Solar System Exploration. 2020年2月9日閲覧。 “NASA's Viking 1 made the first truly successful landing on Mars. The Soviet Mars 3 lander claimed a technical first with a survivable landing in 1971, but contact was lost seconds after it touched down.”
  10. ^ In Depth | Mars Pathfinder”. NASA Solar System Exploration. 2020年2月9日閲覧。 “Landing time for Pathfinder was 16:56:55 UT July 4, 1997, at 19 degrees 7 minutes 48 seconds north latitude and 33 degrees 13 minutes 12 seconds west longitude in Ares Vallis, about 12 miles (19 kilometers) southwest of the original target. The next day, Pathfinder deployed the Sojourner rover on the Martian surface via landing ramps. Sojourner was the first wheeled vehicle to be used on any planet.”
  11. ^ Frequently asked questions”. www.esa.int. 2020年2月10日閲覧。 “Mars Express reached Mars at the end of December 2003. Six days before entering into orbit around Mars, Mars Express ejected the Beagle 2 lander. The orbiter was inserted into orbit around Mars on 25 December 2003.”
  12. ^ mars.nasa.gov. “Rover Update: 2010: All”. mars.nasa.gov. 2019年2月14日閲覧。
  13. ^ mars.nasa.gov. “Curiosity Has Landed” (英語). NASA’s Mars Exploration Program. 2021年2月21日閲覧。
  14. ^ Mars Orbiter Mission Completes 1000 Days in Orbit - ISRO”. isro.gov.in. 2020年2月10日閲覧。 “Mars Orbiter Mission (MOM), the maiden interplanetary mission of ISRO, launched on November 5, 2013 by PSLV-C25 got inserted into Martian orbit on September 24, 2014 in its first attempt.”
  15. ^ UAE successfully inserts orbiter to Mars orbit” (2021年2月9日). 2021年6月21日閲覧。
  16. ^ Jarell, Elizabeth M (2015年2月26日). “Using Curiosity to Search for Life”. Mars Daily. 2015年8月9日閲覧。
  17. ^ The Mars Exploration Rover Mission”. NASA. p. 20 (2013年11月). 2015年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月9日閲覧。
  18. ^ Wilks, Jeremy (2015年5月21日). “Mars mystery: ExoMars mission to finally resolve question of life on red planet”. EuroNews. 2015年8月9日閲覧。
  19. ^ Howell, Elizabeth (5 January 2015). “Life on Mars? NASA's next rover aims to find out.”. The Christian Science Monitor. http://www.csmonitor.com/Science/2015/0105/Life-on-Mars-NASA-s-next-rover-aims-to-find-out 2015年8月9日閲覧。. 
  20. ^ NASA – NASA Rover Finds Clues to Changes in Mars' Atmosphere”. NASA. 2021年6月21日閲覧。
  21. ^ Lake of frozen water the size of New Mexico found on Mars – NASA”. The Register (2016年11月22日). 2016年11月23日閲覧。
  22. ^ Mars Ice Deposit Holds as Much Water as Lake Superior”. NASA (2016年11月22日). 2016年11月23日閲覧。
  23. ^ Staff (2016年11月22日). “Scalloped Terrain Led to Finding of Buried Ice on Mars”. NASA. 2016年11月23日閲覧。
  24. ^ a b c 木星の大移動が火星を小さくした?”. AstroArts Inc. (2011年6月9日). 2019年1月8日閲覧。
  25. ^ 地球では考えられない!極限的でダイナミックな火星の気候
  26. ^ Mars 'more active than suspected'”. BBC (2005年9月21日). 2008年5月24日閲覧。
  27. ^ Steinn (2005年9月21日). “Climate Science, Mars and Politics”. 2008年5月24日閲覧。
  28. ^ Philips, Tony (2001年1月31日). “The Solar Wind at Mars”. Science@NASA. 2022年4月22日閲覧。  この記述には、アメリカ合衆国内でパブリックドメインとなっている記述を含む。
  29. ^ 田近英一、『地球環境46億年の大変動史』p28ほか、株式会社化学同人、2009年5月30日、ISBN 978-4-7598-1324-1
  30. ^ Magnetic Strips Preserve Record of Ancient Mars”. NASA (1999年5月3日). 2008年5月24日閲覧。
  31. ^ Tectonic implications of Mars crustal magnetism”. PNAS (2005年10月10日). 2008年5月24日閲覧。
  32. ^ What are the highest and lowest elevations on the surface on Mars?”. NASA (1997年1月24日). 2008年5月24日閲覧。
  33. ^ 東京大学総合研究博物館. “「火星―ウソカラデタマコト」”. 2011年5月20日閲覧。
  34. ^ 橘省吾 『星くずたちの記憶』岩波書店、2016年、73頁。ISBN 978-4-00-029652-6 
  35. ^ 火星の「地震」を観測、謎解明に前進 NASA探査機”. AFP (2020年2月26日). 2020年2月26日閲覧。
  36. ^ Raodate, Joe (2003年8月22日). “NightSky Friday - Mars and Earth: The Top 10 Close Passes Since 3000 B.C.”. Space.com. 2008年5月24日閲覧。
  37. ^ The Conjunction and ConjunctionEvents Functions”. Wolfram Research. 2008年5月24日閲覧。
  38. ^ 'Bounce' and Martian Meteorite of the Same Mold”. NASA (2004年4月14日). 2008年5月24日閲覧。
  39. ^ Ice lake found on the Red Planet”. BBC (2005年7月29日). 2008年5月24日閲覧。
  40. ^ Water ice in crater at Martian north pole”. ESA (2005年7月28日). 2008年5月24日閲覧。
  41. ^ 「徹底図解 宇宙のしくみ」、新星出版社、2006年、p58
  42. ^ 古人說「熒惑守心」其實是……”. 國家地理雜誌中文網 (2016年4月17日). 2022年4月13日閲覧。
  43. ^ 石川源晃『【実習】占星学入門』 ISBN 4-89203-153-4



火星(アレス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/29 08:16 UTC 版)

フールズフィスト」の記事における「火星(アレス)」の解説

七星神相で『不敗といわれる強豪

※この「火星(アレス)」の解説は、「フールズフィスト」の解説の一部です。
「火星(アレス)」を含む「フールズフィスト」の記事については、「フールズフィスト」の概要を参照ください。


火星(太陽系第4惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 14:09 UTC 版)

太陽系」の記事における「火星(太陽系第4惑星)」の解説

詳細は「火星」を参照 火星(英語: Mars)は太陽系第4惑星で、地球や金星よりも小さい。大気圧はわずか6.1 mbar地球0.6%)で、おもに二酸化炭素からなるオリンポス山のような大規模な山や、マリネリス渓谷のような渓谷などがある表面から、200万年前まで地質活動起きていた可能性示されている。表面酸化鉄(錆)に覆われているため、肉眼では赤く見える。火星は、小惑星帯から捕獲され小惑星か、火星で起きた巨大衝突によって放出され破片から形成されとされる2つ小さな衛星(フォボス・ダイモス)を持っている。

※この「火星(太陽系第4惑星)」の解説は、「太陽系」の解説の一部です。
「火星(太陽系第4惑星)」を含む「太陽系」の記事については、「太陽系」の概要を参照ください。


火星(かせい)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/02 01:44 UTC 版)

天然戦士G」の記事における「火星(かせい)」の解説

ビローン軍団作戦参謀。名前の通りクラゲ火星人容姿をしている。ゴキヴリマンの存在察知しビローン上申した人物作戦参謀だけあって地球文化学び、それを披露してビローン評価されている(ただし、どこか間違っていたり、一部サブカルチャーだったりと、その「地球知識に対して偏りがある)。

※この「火星(かせい)」の解説は、「天然戦士G」の解説の一部です。
「火星(かせい)」を含む「天然戦士G」の記事については、「天然戦士G」の概要を参照ください。


火星(ひぼし)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/11 18:27 UTC 版)

双月巫女」の記事における「火星(ひぼし)」の解説

太陽系第四惑星自転周期は24.63時間だが、公転周期は684.98日(よって1年地球換算で約2年となる)。大気薄く、空は茜色である。衛星としてとして父母司(フォボス)と弟妹司(ダイモス)の双月有する

※この「火星(ひぼし)」の解説は、「双月巫女」の解説の一部です。
「火星(ひぼし)」を含む「双月巫女」の記事については、「双月巫女」の概要を参照ください。


火星(クロム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/17 17:18 UTC 版)

宇宙英雄物語」の記事における「火星(クロム)」の解説

真なる太陽系”の謎に深く関わる火星古王朝遺跡残されている。ブラス要塞やアシュアリーの王都がある。赤色人呼ばれる赤い肌の民は火星の王家に特有のもの(火星の王家全て赤色人という訳ではない)。

※この「火星(クロム)」の解説は、「宇宙英雄物語」の解説の一部です。
「火星(クロム)」を含む「宇宙英雄物語」の記事については、「宇宙英雄物語」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「火星」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

火星

出典:『Wiktionary』 (2021/10/04 11:30 UTC 版)

固有名詞

 かせい

  1. 太陽系太陽四番目近く大きさ地球半分ほどの惑星大気薄く主成分二酸化炭素である。赤みを帯びた惑星

発音(?)

か↗せー

翻訳

関連語


「火星」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



火星と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

火星のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



火星のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JAXAJAXA
Copyright 2022 Japan Aerospace Exploration Agency
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの火星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフールズフィスト (改訂履歴)、太陽系 (改訂履歴)、天然戦士G (改訂履歴)、双月巫女 (改訂履歴)、宇宙英雄物語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの火星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS