キロとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > > キロの意味・解説 

キロ【(フランス)kilo】

読み方:きろ

《千の意のギリシャ語chiloiから》

国際単位系SI)で、単位の上に付けて1000倍(103)を表す語。記号k

キロメートル」「キログラム」などの略。

コンピューターで、2101024)倍を表す語。ふつう記号にKを用いる。


きろ【季路】

読み方:きろ

孔子弟子子路(しろ)のこと。


き‐ろ【岐路】

読み方:きろ

道が分かれる所。分かれ道

将来決まるような重大な場面。「人生の―に立つ」

本筋ではなく、わきにそれた道。

「余が頗(すこぶ)る学問の―に走るを知りて」〈鴎外舞姫


き‐ろ【帰路】

読み方:きろ

帰り道帰途。「―につく」

[補説] 書名別項。→帰路


きろ【帰路】

読み方:きろ

立原正秋小説昭和55年1980刊行の、著者最晩年作品


キロ

【英】kilo

キロとは、数の単位を表す接頭語で、103乗意味するもののことである。一般に小文字「k」表記されるkiloは「千」の意味である。

2進数を主に用いコンピューター分野では、キロは特に2の10乗(1024)として用いられるこの際10進法のキロと区別するために、大文字「K」表記されたり、あるいは「ケーバイト」と発音されたりする。

情報処理のほかの用語一覧
単位:  カンデラ  キロバイト  ギガ  キロ  国際単位系  MHz  MFLOPS

キロ

名前 KiroCheiroCilo

キロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/21 04:29 UTC 版)

キロ(kilo, 記号:k)は国際単位系 (SI) におけるSI接頭語の一つで、以下のように、基礎となる単位の103(=1000)倍の量であることを示す。記号は小文字立体の「k」である。





キロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 18:12 UTC 版)

死がふたりを分かつまで」の記事における「キロ」の解説

部隊一、二を争う隠密行動エキスパートで、ナイフ扱いを得意とするシエラ元夫でもある新宿御苑で護に助けられ、その借りを返すためにしばらくチームブレードと行動を共にしていたが、遥を庇って負傷し入院した

※この「キロ」の解説は、「死がふたりを分かつまで」の解説の一部です。
「キロ」を含む「死がふたりを分かつまで」の記事については、「死がふたりを分かつまで」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「キロ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「キロ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



キロと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「キロ」の関連用語

キロのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



キロのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリキロの記事を利用しております。
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキロ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの死がふたりを分かつまで (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのキロ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS