扱いとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 扱いの意味・解説 

あつかい あつかひ [0] 【扱い】

物を使用したり、操作したりすること。 「 -が乱暴だ」
人の相手になること。応対。 「部下の-がうまい」
その地位、その状態にある者として接すること。他の語と複合して用いられる。 「罪人-」 「子供-」
人の世話をすること。病人看護すること。 「この人、かくてやみ侍なば、御前の御-、いかがつかうまつらむ/狭衣 1
訴訟争い事の仲立ちをすること。調停仲裁。 「町衆-にかかり年分に其家を立んといへば/浮世草子永代蔵 3


扱い

読み方:あつかい

ワ行五段活用動詞「扱う」の連用形、あるいは連用形名詞したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

扱い

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 20:39 UTC 版)

漢字混じり表記

  1. あつかい」を参照


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「扱い」の関連用語

扱いのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



扱いの意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの扱い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS