アーカイブとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > アーカイブの意味・解説 

アーカイブ

英語:archive

「アーカイブ」とは、公文書保存記録あるいは保管所のことを意味する英単語でIT分野においては「すぐに使う予定はないが削除したくないデータ長期間安全に保存すること」を意味する表現

「アーカイブ」の基本的な意味

「アーカイブ」は、英語で「archive」と表記され保存記録公文書といった意味を持つ。主にIT用語として使われ、「安全な領域データを保存する」ことを指す場合が多い。アーカイブには、データ圧縮データ保全種類がある。データ圧縮のためのアーカイブとは、ZIPRARといった形式保存する意味を持つ。アーカイブファイル作成するためのプログラムソフトウェア)をファイルアーカイバやアーカイブソフト、アーカイバと呼ぶデータ保全のアーカイブとは、デジタルデータ保存する保存方法を指す。メールでは、受信トレイとは別の所に保管でき、すぐに閲覧する必要のないメール過去メールを参照するといった場合使われgmailなどで利用可能だ。

Googleフォトでは、フォトギャラリー整理できるアーカイブ機能備わっている。フォトフォルダから写真を非表示にし、専用のアーカイブフォルダに保存可能だ。消す必要のない写真動画保存しておけるため、フォルダ整理する場合使われるインスタのアーカイブ機能では、自分投稿したストーリー写真動画などを保存しておける。アーカイブに保存されているデータ非公開にできるため、他人に見られたくない投稿があった場合使われることが多い。非公開できることから、投稿削除せずにアーカイブ内に保存可能だ

株式会社コスプレイヤーズアーカイブが運営する「コスプレイヤーズアーカイブ(COSPLAYERS ARCHIVE)」といったコスプレ専門SNSもある。コスプレ写真日記フリーマーケットなど、オンラインを通じてさまざまな交流可能だ

「アーカイブ」の語源・由来

「アーカイブ」は、英語の「archive」が語源とされている。英語の「archive」は、古代ギリシャ語「arkheion(アルケイオン)」から由来しているとされ、市役所町役場などを意味する言葉である。行政機関を指す言葉の意味転じて公文書保管保存するといった意味になった

「アーカイブ配信」とは

リアルタイムで配信されライブ映像などを保存して配信すること。録画したライブ配信動画配信できることから、視聴者好きなタイミングで見ることができるライブ配信が「リアルタイムの動画」であるのに対しアーカイブ配信は「録画され過去のライブ配信動画」である。

「アーカイブ」を含むその他の用語の解説

「アーカイブ」には、次のような用語がある。

アーカイブに移動とは


保存しておきたいデータ専用保存領域移動すること。不要であっても削除必要がないデータ保存しておくのに利用され大量のメール画像などのデータ整理する場合使われることが多い。

アーカイブするとは


データ専用保存領域移動したり、圧縮して保存すること。紙の資料といったアナログデータデジタルデータ保存する場合にも使われる。「アーカイブ化」とも呼ばれ、アーカイブに移動と同じ意味で使われる場合も多い。複数データ一つまとめたものを「アーカイブファイル」と呼び整理バックアップ目的としても使われている。

アーカイブ81とは


2022年アメリカで制作されドラマNetflix配信されオリジナルのドラマで、超常現象サスペンスホラー題材としている。2022年1月から第1シーズン放送始まったが、同年3月には打ち切り決定した1994年破損したビデオテープ修復仕事依頼され主人公ダン・ターナー)が、ドキュメンタリー映像作家(メロディ・ペンドラス)が作成した作品修復していくうちに、メロディおこなっていたある調査のめり込んでいく、といったストーリーだ。

「アーカイブ」の使い方・例文

「アーカイブ」は、IT用語としてデータを保存する場合使われることが多い。「今すぐ使わないからアーカイブにしておいて」や「大切なデータだからアーカイブで保存しておこう」などといった使い方をする。アーカイブ配信の場合は見逃したからアーカイブ配信で見るかな」「アーカイブ配信はいつでも見れるから便利」といった使い方がある。

「アーカイブ」の英訳

「アーカイブ」の英訳は「archive」で、保存記録保管場所といった意味がある

アーカイブ【archive】


アーカイブ [archive]


アーカイブ

別名:書庫
【英】archive

アーカイブとは、IT用語としては、複数ファイルデータひとまとめにして保存している状態や場所のことである。もともとの英語は「公文書」や「文書館などのような意味を持っており、そのため書庫」と呼ばれることも多い。

一般的な意味でのアーカイブは、複数ファイル一箇所まとめて保存している状態を指し、特にファイル圧縮ソフトによって一つ圧縮ファイル変換された状態になっているものを指すことが多い。ファイルをアーカイブとして保存することによって、ファイル管理容易にすることができる。圧縮施していれば、より少なデータ量保存ネットワーク上で受け渡しを行うことができる。

複数ファイル圧縮アーカイブに変換するソフトウェアファイル圧縮ソフト)は、アーカイバ呼ばれることも多い。

ちなみにインターネット上では、過去多くのWebサイトコンテンツ記録公開している「インターネット・アーカイブ」とよばれる一大データベース運営されている。


参照リンク
Internet Archive - (英文
ツール・ユーティリティのほかの用語一覧
ファイル圧縮:  RAR  Zip  アーカイバ  アーカイブ  圧縮ファイル  圧縮フォルダ  圧縮アルゴリズム

アーカイブ archive

全体 ★☆☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆

凡例

意味説明

個人組織作成した記録資料を,組織的に収集し保存したもの。また,その施設機関

記録 資料 史料 公文書館 文書館 資料館 史料館


アーカイブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/28 22:25 UTC 版)

アーカイブ (archive) とは、組織や個人の活動の中で作成される文書であり、単に収集・保存するのではなく、ある体系に基づいて編纂し、目的があって保存された文書の集合体である[1]。日本では一般的に書庫保存記録と訳されることが多いが、元来は公記録保管所、または公文書の保存所、履歴などを意味し、記録を保存しておく場所である[2]


  1. ^ a b c 嘉村哲郎 (2015年6月). “芸術資料とアーカイブ/ドキュメンテーション”. 国立国会図書館. 2021年11月3日閲覧。
  2. ^ 公文書館も参照
  3. ^ マリア・バルバラ・ベティーニ、湯上良訳 『“アーカイブという概念" アーカイブとは何か: 石版からデジタル文書まで、イタリアの文書管理』 法政大学出版局、2012年、16頁。 
  4. ^ マリア・バルバラ・ベティーニ、湯上良訳 『“アーカイブという概念" アーカイブとは何か: 石版からデジタル文書まで、イタリアの文書管理』 法政大学出版局、2012年、18頁。 
  5. ^ 記録管理学会・日本アーカイブズ学会 『“アーカイブを学ぶ" 入門・アーカイブズの世界-記憶と記録を未来に-』 日外アソシエーツ、2006年、43頁。 
  6. ^ 大橋 幸泰. “12.史料論の現在(1)―古文書学からアーカイブズ学”. 早稲田大学. 2020年2月26日閲覧。


「アーカイブ」の続きの解説一覧

アーカイブ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 05:49 UTC 版)

名詞

アーカイブ

  1. 公文書記録文書集まりまた、その保管所公文書館
  2. サ変複数ファイル一つファイルまとめたもの。また、まとめること。
  3. サ変古くなったソフトウェアデータ通常とは保管場所移すこと。また、その場所

語源

関連語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
アーカイブ-する

翻訳


「アーカイブ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アーカイブ」の関連用語

アーカイブのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アーカイブのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2023by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
音楽電子事業協会音楽電子事業協会
Copyright 2023 AMEI.OR.JP
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリアーカイブの記事を利用しております。
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2023 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアーカイブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアーカイブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS