アーカイブとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > DBM用語 > アーカイブの意味・解説 

アーカイブ【archive】

《archives》公文書古文書。また特に公共性が高く、のちに歴史的重要性をもち得る記録資料を、まとめて保存管理する施設機関および事業のこと。アーカイブズ。→デジタルアーカイブ

コンピューターで、複数データ一つにまとめたり、圧縮したりすること。またそのファイルネットワーク上で公開されたファイル保管庫を意味する場合もある。


アーカイブ [archive]

一つデータ外部ディスクセーブする場合に、データ量が多い場合複数ディスクが必要になってしまう場合保存形式で、そのデータ1つにまとめたり圧縮されたファイルのこと。

アーカイブ

別名:書庫
【英】archive

アーカイブとは、IT用語としては、複数ファイルデータひとまとめにして保存している状態や場所のことである。もともとの英語は「公文書」や「文書館などのような意味を持っており、そのため書庫」と呼ばれることも多い。

一般的な意味でのアーカイブは、複数ファイル一箇所まとめて保存している状態を指し、特にファイル圧縮ソフトによって一つ圧縮ファイル変換された状態になっているものを指すことが多い。ファイルをアーカイブとして保存することによって、ファイル管理を容易にすることができる。圧縮施していれば、より少なデータ量保存ネットワーク上で受け渡しを行うことができる。

複数ファイル圧縮アーカイブに変換するソフトウェアファイル圧縮ソフト)は、アーカイバ呼ばれることも多い。

ちなみにインターネット上では、過去多くWebサイトコンテンツ記録公開している「インターネット・アーカイブ」とよばれる一大データベース運営されている。


参照リンク
Internet Archive - (英文
ツール・ユーティリティのほかの用語一覧
ファイル圧縮:  RAR  Zip  アーカイバ  アーカイブ  圧縮ファイル  圧縮フォルダ  圧縮アルゴリズム

アーカイブ archive

全体 ★☆☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆

凡例

意味説明

個人組織作成した記録資料を,組織的収集保存したもの。また,その施設機関

その他の言い換え語例

記録 資料 史料 公文書館 文書館 資料館 史料館


アーカイブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/26 16:48 UTC 版)

アーカイブ (archive) とは、重要記録を保存・活用し、未来に伝達することをいう。日本では一般的に書庫保存記録と訳されることが多いが、元来は公記録保管所、または公文書の保存所、履歴などを意味し、記録を保存しておく場所である(公文書館も参照のこと)。


  1. ^ 大橋 幸泰. “12.史料論の現在(1)―古文書学からアーカイブズ学”. 早稲田大学. 2020年2月26日閲覧。


「アーカイブ」の続きの解説一覧

アーカイブ

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 20:23 UTC 版)

名詞

アーカイブ

  1. 公文書記録文書集まりまた、その保管所。公文書館
  2. サ変複数ファイル一つファイルまとめたもの。また、まとめること。
  3. サ変古くなったソフトウェアデータ通常とは保管場所移すこと。また、その場所

語源

関連語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
アーカイブ-する

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アーカイブ」の関連用語

アーカイブのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アーカイブのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2021by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
音楽電子事業協会音楽電子事業協会
Copyright 2021 AMEI.OR.JP
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリアーカイブの記事を利用しております。
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2021 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアーカイブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアーカイブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS