ビデオテープとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 物理学 > 磁気テープ > ビデオテープの意味・解説 

ビデオテープ【videotape】

読み方:びでおてーぷ

テレビ画像音声とを記録する磁気テープ録画テープ

ビデオテープレコーダー」の略。


磁気テープ

(ビデオテープ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/16 21:47 UTC 版)

磁気テープ(じきテープ)とは、粉末状の磁性体テープ状のフィルムにバインダー(接着剤)で塗布または蒸着した記録媒体で、磁化の変化により情報記録再生する磁気記録メディアの一分類である。




「磁気テープ」の続きの解説一覧

ビデオテープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/20 07:19 UTC 版)

ダブルデッキ」の記事における「ビデオテープ」の解説

主にビデオカメラからのダビング想定した機種多かったソニービクターからDVビクターMiniDVカセットのみ)とS-VHSソニー廉価機種ではVHS)とのダブルデッキ発売されたほか、ソニーからは8ミリビデオVHS上位機種では高画質規格Hi8S-VHS)のダブルデッキ発売された。チューナー2系統搭載し8ミリ/DVと(S-)VHS2番同時録画可能な機種一部存在した。 またシントムからはダブルVHSビデオ発売された。当初はコピーガード除去装置内蔵型であったが、法律装置販売禁止されたため、それ以降は内蔵されることは無くなった東芝映像機器事業部、現・東芝エルイートレーディング)にもダブルVHSがあったが、レコーダーを2基搭載では無くうち一本待機する方式テープ残量多めにしたり、目的別録れるビデオだった。 ダブルビデオデッキの例:ソニーWV-DR7。標準/MiniDV&S-VHS-ET 両対応 (1999年)

※この「ビデオテープ」の解説は、「ダブルデッキ」の解説の一部です。
「ビデオテープ」を含む「ダブルデッキ」の記事については、「ダブルデッキ」の概要を参照ください。


ビデオテープ(VHS)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 15:47 UTC 版)

志村けんのバカ殿様」の記事における「ビデオテープ(VHS)」の解説

1998年6月29日1巻が、同年12月9日2巻それぞれ発売1巻には東八郎田代まさし出演した時期収録され2巻には桑野信義レギュラーに加わった頃から収録されている。

※この「ビデオテープ(VHS)」の解説は、「志村けんのバカ殿様」の解説の一部です。
「ビデオテープ(VHS)」を含む「志村けんのバカ殿様」の記事については、「志村けんのバカ殿様」の概要を参照ください。


ビデオテープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 10:07 UTC 版)

EDBeta」の記事における「ビデオテープ」の解説

EDベータ録画再生専用塗布メタルテープで行う(通常のベータ酸化鉄テープのみ)。形状ベータテープほぼ同じだが、専用テープ検出孔がテープ裏面中央やや上部にあり、これが専用テープであることと、テープの厚みをデッキ伝えている。誤消去防止従来違いテープ裏面右端上部に赤いスライド状のものとなっている。(押し込んだ場合録画不可となる)従来の誤消去防止ツメはじめから空いた態とされており、従来デッキでの録画できないようにされている。この形式は、放送・業務用であるベータカムテープ同じであるまた、テープリッドベータカムSP同じでありベータカムSP塗布メタルテープのため、流用することが可能であるが、メーカ推奨しておらずメリットあまりない生テープ発売時期により4期別れており、型番末尾変更されている。記録時間別に初期に2種類発売され2期目モデルチェンジ4種類発売3期目3種となったこの他に、EL-85も店頭用デモソフト向けに製造されているが、録画生テープとしては販売されていない種類発売時期以下の通り発売されテープ一覧 種類記録再生時間1期目2期目3期目4期目定価 1期目定価2,3期目EL-125 EDβ 30分EDβ 45分 EL-125N 2,000円 EL-250 EDβ 60分/EDβ 90分 EL-250 EL-250N EL-250A EL-250B 2,800円 2,400EL-500 EDβ 120分/EDβ 180EL-500 EL-500N EL-500A EL-500B 3,500円 3,000円 EL-750 EDβ 180分/EDβ 270分 EL-750N EL-750A EL-750B 備考 1987年9月発売真ん中透明のパック 1988年発売パッケージブラック基調 超微粒子磁性体DIG NAX使用 EL-750Nは後で追加された。 HiPackingマーク1995年2月発売発売時幅広ウインドウだったが 後期ベータカムリッド型が 流用されインデックス部が広くなった。

※この「ビデオテープ」の解説は、「EDBeta」の解説の一部です。
「ビデオテープ」を含む「EDBeta」の記事については、「EDBeta」の概要を参照ください。


ビデオテープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 23:02 UTC 版)

S-VHS」の記事における「ビデオテープ」の解説

S-VHS規格記録には通常のVHSテープより高品質専用S-VHSテープ使用するS-VHS ET規格デッキであれば通常のVHSテープにも録画可能であるが、この場合ハイグレード以上のテープ使用することが推奨されている。 S-VHSテープには下位互換性があり、S-VHS方式非対応デッキであっても通常のVHS方式での記録可能であり画質保存性にも有利でありHi8方式非対応8mmデッキHi8テープを使うのとは対照的であった当初は高価だったS-VHSテープ後に価格1/10程度低下したVHSテープ自体性能向上しカセットハーフ識別孔を空ければS-VHS保存・再生可能となる2012年平成24年現在の時点において、太陽誘電傘下であるビクターアドバンストメディア(VictorJVCブランド)が標準録画時間120分のテープ(二本入り)のみ生産続けていたが2013年平成25年)頃に販売終了となった

※この「ビデオテープ」の解説は、「S-VHS」の解説の一部です。
「ビデオテープ」を含む「S-VHS」の記事については、「S-VHS」の概要を参照ください。


ビデオテープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/11 07:57 UTC 版)

天使・想(Xiang)」の記事における「ビデオテープ」の解説

1996年4月24日東芝EMIからVHS規格品番:TOVF-1242)形式発売されミュージッククリップPV)を収録した映像作品タイトルジャケット写真上記の初回盤同じである1998年11月26日に『天使・想(Xiang) NEW EDITIONと同時に再発売された(規格品番:TOVF-1293)。 収録内容 海ほおずき 共犯者 一千一秒秘密 ついてゆきたい 月影抱きしめて くちびるの神話 100カラットの涙

※この「ビデオテープ」の解説は、「天使・想(Xiang)」の解説の一部です。
「ビデオテープ」を含む「天使・想(Xiang)」の記事については、「天使・想(Xiang)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ビデオテープ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ビデオテープ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ビデオテープと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ビデオテープのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ビデオテープのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの磁気テープ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのダブルデッキ (改訂履歴)、志村けんのバカ殿様 (改訂履歴)、EDBeta (改訂履歴)、S-VHS (改訂履歴)、天使・想(Xiang) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS