スポーツとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > 運動 > スポーツの意味・解説 

スポーツ【sports】

楽しみを求めたり勝敗を競ったりする目的行われる身体運動の総称陸上競技水上競技球技格闘技などの競技スポーツのほか、レクリエーションとして行われるものも含む。


スポーツ

ハングライダーは宇宙船回収システムから

を受けて空を飛ぶハングライダーは、ジェミニ宇宙船アポロ宇宙船回収システム研究から生まれました。宇宙船航空機のように、目的地で正確に回収するため、二等辺三角形のロガロ・ウイングが開発されました。ロガロ・ウイングとは、空を降下するときに受ける空気流の抵抗から浮力発生させ、降下速度飛行方向コントロールしながら目的地着地する滑空飛行(かっくうひこう)システムです。実際にパラシュートによる洋上着水採用されて、このシステム使用されませんでしたが、ロガロ・ウイングは、スポ−ツ用ハングライダーとして発展しました。のちに、小型ガソリンエンジン備えハングライダー登場しました

ハングライダー
ハングライダー

ゴルフボールと外部燃料タンク

良く飛ぶゴルフボールは、プレーヤーには価値のあるものですが、ゴルフボール開発にも、NASA技術が活かされています。ゴルフボール表面に、飛行機の翼の役割になるディンプル(半球状の窪み)をつけると、ボールは正確に良く飛ぶようになりますディンプル大きさ深さなど形状研究から、3種類の大きさディンプル500個持った、飛行力の高いゴルフボール開発されました。この形状研究には、スペースシャトル外部燃料タンク(ET)の空気力学特性解析した、3DCGS(3次元・コンピューター・グラフィック・シュミレーション)などの、コンピューター数値解析システムが使われました。


スポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 03:34 UTC 版)

スポーツアメリカ英語: sportsイギリス英語: sport)は、一定のルールに則って勝敗を競ったり、楽しみを求めたりする身体活動などの総称である[2]


  1. ^ First global market research project unveils more than one billion cricket fans 国際クリケット評議会 2019年7月6日閲覧。
  2. ^ 大辞泉小学館
  3. ^ ブリタニカ国際大百科事典「スポーツ」
  4. ^ スポーツ - 語源由来辞典”. gogen-allguide.com. 2020年8月10日閲覧。
  5. ^ 知られざるeSports ~eSportsはスポーツか? | InfoComニューズレター” (日本語). InfoComニューズレター(株式会社情報通信総合研究所). 2021年7月31日閲覧。
  6. ^ べーリンガー 2019, pp. 422–432.
  7. ^ べーリンガー 2019, p. 35.
  8. ^ べーリンガー 2019, p. 29.
  9. ^ べーリンガー 2019, pp. 41–42.
  10. ^ べーリンガー 2019, pp. 87–88.
  11. ^ 4. 近代スポーツを生んだ英国の階級文化 スポーツの始まり”. 笹川スポーツ財団. 2021年10月1日閲覧。
  12. ^ べーリンガー 2019, pp. 359–360.
  13. ^ べーリンガー 2019, pp. 361–362.
  14. ^ a b 『文化人類学キーワード』山下晋司・船曳建夫編、有斐閣、1997年、194頁。ISBN 4-641-05863-6
  15. ^ べーリンガー 2019, pp. 373–376.
  16. ^ べーリンガー 2019, pp. 381–382.
  17. ^ 井上俊・菊幸一編著 2020, p. 28-29.
  18. ^ a b c 生涯スポーツとは | 健康長寿ネット” (日本語). www.tyojyu.or.jp. 2018年7月15日閲覧。
  19. ^ 「よくわかるスポーツ人類学」p110 寒川恒夫編著 ミネルヴァ書房 2017年3月31日初版第1刷発行
  20. ^ 【フィギュア】真央、3回転半2度跳ぶ!ソチへ「自身最高難度」解禁:スポーツ報知
  21. ^ オリンピック憲章 - JOC
  22. ^ The Most Popular Sports in the World”. World Atlas (2018年). 2018年8月17日閲覧。
  23. ^ Tomlinson 2012, p. 18.
  24. ^ べーリンガー 2019, pp. 513–517.
  25. ^ べーリンガー 2019, p. 397.
  26. ^ 佐野慎輔 (2019年8月21日). “エイベリー・ブランデージ 神になった「Mr.アマチュア」”. 笹川スポーツ財団. 2021年6月29日閲覧。
  27. ^ オリンピズムって何だろう 第5回 時代とともに変わるオリンピック憲章”. 公益財団法人日本オリンピック委員会. 2021年6月29日閲覧。
  28. ^ Tomlinson 2012, pp. 96–97.
  29. ^ べーリンガー 2019, pp. 497–498.
  30. ^ べーリンガー 2019, pp. 499–501.
  31. ^ Tomlinson 2012, p. 102.
  32. ^ Tomlinson 2012, pp. 98–99.
  33. ^ 井上俊・菊幸一編著 2020, p. 22-25.
  34. ^ 呉羽正昭「グローバル時代のツーリズム」『グローバリゼーション 縮小する世界』矢ヶ﨑典隆・山下清海・加賀美雅弘編、朝倉書店、2018年、96-97頁。ISBN 978-4254168815
  35. ^ 井上俊・菊幸一編著 2020, p. 36-37.
  36. ^ Tomlinson 2012, pp. 106–107.
  37. ^ Tomlinson 2012, pp. 104–105.
  38. ^ 佐々木 1999, pp. 12–13.
  39. ^ 佐々木 1999, p. 21.
  40. ^ 佐々木 1999, p. 28.
  41. ^ 佐々木 1999, p. 34.
  42. ^ 矢ヶ﨑典隆「スポーツで結びつく世界の人々と地域」『グローバリゼーション 縮小する世界』矢ヶ﨑典隆・山下清海・加賀美雅弘編、朝倉書店、2018年、123-125頁。ISBN 978-4254168815
  43. ^ Tomlinson 2012, pp. 12–13.
  44. ^ オリヴァー・ジマー著、福井憲彦訳『ナショナリズム 1890-1940』岩波書店、2009年、66-69頁。ISBN 978-4000272063
  45. ^ 桜井三枝子・中原篤史編著『ホンジュラスを知るための60章』明石書店、2014年、155-157頁。ISBN 978-4750339825
  46. ^ a b べーリンガー 2019, pp. 179–183.
  47. ^ 井上俊・菊幸一編著 2020, p. 88-89.
  48. ^ 井上俊・菊幸一編著 2020, p. 62-63.
  49. ^ 「よくわかるスポーツ人類学」p2-3 寒川恒夫編著 ミネルヴァ書房 2017年3月31日初版第1刷発行
  50. ^ 井上俊・菊幸一編著 2020, p. 70-71.
  51. ^ 井上俊・菊幸一編著 2020, p. 62.
  52. ^ 井上俊・菊幸一編著 2020, p. 74-75.
  53. ^ 井上俊・菊幸一編著 2020, p. 48-49.
  54. ^ 井上俊・菊幸一編著 2020, p. 106-107.
  55. ^ 井上俊・菊幸一編著 2020, p. 134-139.
  56. ^ a b c d Aesthetics”. Internet Encyclopedia of Philosophy. 2021年9月30日閲覧。
  57. ^ a b 佐々木健一 2004, p. 106.



スポーツ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/06 17:46 UTC 版)

語源

英語 sports より

発音

名詞

スポーツ

  1. 余暇活動競争体力づくりなどの目的行われる身体運動総称
  2. (1.の拡張競技

翻訳

関連語


「スポーツ」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




スポーツと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スポーツ」の関連用語

スポーツのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スポーツのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JAXAJAXA
Copyright 2022 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスポーツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのスポーツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS