闘鶏とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 娯楽 > 遊び > 闘鶏の意味・解説 

とう けい [0]闘鶏

を戦わせて勝負を争う遊び。とり合わせ[季] 春。
を戦わせるための多くシャモ選ばれる


闘鶏

作者今東光

収載図書ちくま文学 10 賭け人生
出版社筑摩書房
刊行年月1988.7


闘鶏

作者平川虎臣

収載図書平川虎臣戦後小説
出版社武蔵野書房
刊行年月1991.4


闘鶏

作者マイケル・マクラヴァティ

収載図書アイルランド短篇
出版社岩波書店
刊行年月2000.7
シリーズ名岩波文庫


闘鶏

作者佐伯一麦

収載図書あんちゃんおやすみ
出版社新潮社
刊行年月2007.12
シリーズ名新潮文庫


闘鶏

読み方:トウケイ(toukei)

をたたかわせて見物すること

季節

分類 人事


闘鶏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/03 09:03 UTC 版)

闘鶏(とうけい)は、の雄を戦わせる競技。


  1. ^ a b c d 増川宏一『合わせもの』<ものと人間の文化史> 法政大学出版局 2000年 ISBN 4588209418 pp.21-28.
  2. ^ Mervin R. Dilts, Clavdii Aeliani Varia Historia, 1974, 2.28(アイリアノス(松平千秋・中務哲郎訳)『ギリシア奇談集』第3巻12.2)
  3. ^ プラトン(森進一・池田美恵・加来彰俊訳)『法律』、第7巻798c(『プラトン全集13』、岩波書店、1975)
  4. ^ アンワル・ジンペ・ラフマン 「一発即死―トラジャの闘鶏『パラミシ』」アジ研ワールド・トレンド通巻142号
  5. ^ 秋篠宮文仁小宮輝之『日本の家畜・家禽』 学習研究社 <フィールドベスト図鑑> 2009年、ISBN 978-4-05-403506-5 pp.178-179.
  6. ^ 「年中行事事典」p517 1958年(昭和33年)5月23日初版発行 西角井正慶編 東京堂出版
  7. ^ 白川県明治六年第四三号。なお違式詿違条例(軽微な犯罪を処罰する明治初年の条例)への採用の議論があったものの、明治6年7月19日太政官布告違式詿違条例には採録されなかった。詳しくは上野平真希「警察機構の創出と違式詿違条例」(熊本史学 2006.07.30)[1][2]


「闘鶏」の続きの解説一覧



闘鶏と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「闘鶏」の関連用語

闘鶏のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



闘鶏のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの闘鶏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS