鏡とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > の意味・解説 

かがみ【鏡】

原題、(フランス)Miroirsラベルピアノ組曲。全5曲。1904年から1905年にかけて作曲。第3曲「洋上の小舟」、第4曲「道化師の朝の歌」は作曲者自身により、管弦楽版に編曲された。


きょう【鏡】

[音]キョウキャウ)(呉) [訓]かがみ

学習漢字4年

〈キョウ

姿を映し見る道具。かがみ。「鏡台鏡面神鏡破鏡明鏡凸面鏡

レンズを用いた器具。「眼鏡検鏡顕微鏡望遠鏡

戒めとなる手本模範。「鏡鑑

〈かがみ〉「鏡板手鏡水鏡

名のりあき・あきら・かね・とし・み

難読真澄鏡(まそかがみ)・眼鏡(めがね)


かがみ【鏡/鑑/×鑒】

人の姿や物の形を映し見る道具古く青銅白銅などの表面水銀に錫(すず)をまぜたものを塗って磨いて作った。形は方円八つ花形などがある。現在のものは、ガラス板裏面水銀を塗ってある。

(鑑・鑒)人の手本。模範。「人の―」

鏡餅(かがみもち)」の略。

《形が古鏡似ているところから》酒樽のふた。「―を抜く」

鏡物(かがみもの)」の略。

茶碗だまりで、丸く一段くぼんでいる部分高麗茶碗によく見られるもので、熊川(コモガイ)茶碗約束事の一。

書類一枚目添える、標題日付作成者などを記載した紙。

[補説] 作品別項。→鏡

[下接語] 合わせ鏡岩鏡・自惚(うぬぼ)れ鏡・衣紋(えもん)鏡・御(お)鏡・懐中鏡浄玻璃(じょうはり)の鏡・空の鏡智慧(ちえ)の鏡・月の鏡・手鏡共鏡野守(のもり)の鏡・初鏡ビードロ鏡・鬢(びん)鏡・懐鏡・丸鏡・水鏡・八咫(やた)の鏡



ミラー(=鏡)

ガラス片面可視光反射する金属膜(アルミ、銀など)をコーティングすることで、ミラー(鏡)となる。

≫ ガラスの種類別「鏡・カラーガラス」

発破用語。トンネル工事などで発破ズリをとりさった後の掘削面。


読み方:カガミkagami

顔や姿を映して見る道具


かがみ 【鏡】

原形水鏡で、顔・容映したが(中国ではこれを鑑といった)、のち金属面を磨いたもの考案された。地中海沿岸系は柄がついており、中国系は背面に鈕(つまみ)がある。古代西洋では太陽象徴とし、中国では魔除にもした。日本では神の依代にする。正月神仏供える供え餅鏡餅というのは、鏡はもと円盤状だったからで、下げて食べる日(一一日や二〇日)を鏡開きという。→ 依代

両側の板。5〜6の板を木釘でつないで円形削り側板アリみぞにはめ込みます。

鏡(HEAD)

読み方:かがみ

  1. 月ノコトヲ云フ。〔第八類 天然之部・東京府
  2. 月影。〔第一類 天文事変
  3. 月。
  4. 月を云ふ。「あか、てら、てらし、げつぽう(月宝)、げつさん」等皆同意

分類 ルンペン大阪東京府


読み方:かがみ

  1. 接見スルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・石川県
  2. 面会人ト接見ノ意。〔第四類 言語動作
  3. 面会する事。〔囚人語〕

分類 囚人語、石川県


読み方:かがみ

  1. 検事。〔第二類 人物風俗
  2. 検事を云ふ。「閻魔庁に玻璃の鏡」あるより。

読み方:かがみ

  1. 同上(※「がらす」参照)。〔第二類 人物風俗
  2. 眼を云ふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
かがみ
きょう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/08 15:53 UTC 版)

(かがみ)は通常、主な可視光線反射する部分を持つ物体。また、その性質を利用して光を反射させる器具を指す。




  1. ^ a b c d e f g 反射鏡ってなに?(1/2)”. Canon Global. 2019年10月13日閲覧。
  2. ^ G ・ガモフ『 物理学の探検』鎮目恭夫、野上茂吉郎 訳、白揚社(ガモフ・コレクション(4))、1992年、29頁。
  3. ^ a b c d 意匠分類定義カード(D7) 特許庁
  4. ^ 江淵達人「時代を映す阿波鏡台◇徳島に残る明治期の伝統、需要掘り起こし次代へ継ぐ◇」『日本経済新聞』朝刊2018年5月31日(文化面)。
  5. ^ 『第4回企画展 美の先逹者たち 鏡にみる日本の美と心』 川越市立博物館 1991年 13頁(この黒曜石鏡は8千年前のものとされる)。
  6. ^ 最古の銅鏡の出土事例は、イラクキシュ遺跡で約4900年前とされる。参考・『第4回企画展 美の先逹者たち 鏡にみる日本の美と心』 川越市立博物館 1991年 13頁。
  7. ^ 『第4回企画展 美の先逹者たち 鏡にみる日本の美と心』 川越市立博物館 1991年 13頁。
  8. ^ 同・川越市立博物館第4回企画展本、15頁より。
  9. ^ 同・川越市立博物館第4回企画展本、54頁より。
  10. ^ 豚にも自己意識がある?:鏡像を理解できることが判明 原文:WIRED.jp 2009年10月8日掲載
  11. ^ 原文「毛嬙・西施, 善毀者不能蔽其好; 嫫姆・倭傀, 善誉者不能掩其醜。」 「嫫姆・倭傀」は、毛嬙・西施という二大美女の名前と対句になっていることから、通説では「倭傀」を嫫姆と並ぶ古代の醜女(経歴不詳)の固有名詞と見る。本項のように「倭の偉大な人」と解釈する説は少数派。
  12. ^ 九州大学デジタルアーカイブ
  13. ^ 中日新聞 2017年6月13日 朝刊
  14. ^ メイヤー・エイブラムズ「鏡とランプ―ロマン主義理論と批評の伝統 」水之江有一訳、研究社出版、1976年 など



出典:『Wiktionary』 (2020/03/24 09:46 UTC 版)

発音

名詞

  1. かがみ)光の反射利用し、姿を映し出す道具。最も古くは、水盆張り姿を映していたが、やがて金属を磨くことにより作るようになり、現在では平面にしたガラスに銀などをめっきして作る

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



鏡と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鏡」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||


検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鏡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本板硝子日本板硝子
(C) 2021 Nippon Sheet Glass Co., Ltd. All Rights Reserved.
日本板硝子ガラス用語集
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2021 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2021 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社お酒・飲料大事典
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鏡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 Weblio RSS