あぶらとり紙とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 工業製品 > 日用品 > > あぶらとり紙の意味・解説 

あぶらとり‐がみ【脂取り紙】

顔に浮き出した脂をぬぐい取るための紙。


あぶらとり紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/23 05:29 UTC 版)

あぶらとり紙(あぶらとりがみ)は、皮脂などを取るために用いる、化粧用の和紙。もともとは金箔の製造時に用いる箔打紙雁皮紙)の再利用品である[1]




  1. ^ a b c 山岸忠明 「ふるや紙」の物理化学的性質について”. 金沢箔技術振興研究所. 2019年5月11日閲覧。


「あぶらとり紙」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「あぶらとり紙」の関連用語

あぶらとり紙のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



あぶらとり紙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのあぶらとり紙 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS