スカルプチュアとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > スカルプチュアの意味・解説 

スカルプチャー【sculpture】

《「スカルプチュア」とも》

彫刻彫刻作品

付け爪の一。時間がたつと硬化するアクリル樹脂を爪に塗り長さ延長したり、厚みをもたせたりするもの。


スカルプチュア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/15 05:19 UTC 版)

スカルプチュア(英:sculpture, sculptured nails)とは、付け爪(人工爪)の一種。自爪の上に、アクリル樹脂ジェルなどを直接盛り、爪の延長や補強を行う技術。 (日本のネイリストの口語では略して、スカルプと言うことも多いが、頭皮の意味のスカルプ scalp とは、英語綴りが異なる)






「スカルプチュア」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スカルプチュア」の関連用語

スカルプチュアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スカルプチュアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスカルプチュア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS