グリセリンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > グリセリン > グリセリンの意味・解説 

グリセロール

分子式C3H8O3
その他の名称:ナルトリスリン、アミラック、グリセリン、グリロール、グリンセン、イスルナック、オスモグリン、オフタルガン、グリセロール、グリセリトール、トリヒドロキシプロパン、Glyrol、GlycerinGlycerol、Osmoglyn、Glyceritol、Ophthalgan、Trihydroxypropane、1,2,3-Propanetriol、グリシルアルコール、Glycyl alcohol、Amylac、IFP、D-Glycerol、L-Glycerol、Propane-1,2,3-triol、グリカンチョー、Glykanchor、グリセリンBCケンエーG、Glycerin BC
体系名:プロパン-1,2,3-トリオール、1,2,3-プロパントリオール、D-グリセロール、L-グリセロール


物質
1,2,3-プロパントリオール
慣用名
グリセリン
化学式
HOCH2CH(OH)CH2OH
融点(℃)
17.8
沸点(℃)
154

アルコール一種甘味があり、粘性を持つ。化粧品医薬品に用いられている。

グリセリン

同義/類義語:グリセロール
英訳・(英)同義/類義語:glycerol, glycerin

プロパンの各炭素原子結合した水素が1個ずつOH基に置換された3価の多価アルコール脂肪酸エステル化して脂肪材料となったり、リン酸エステル化されて多く代謝反応関わるなど重要な生体物質生物実験では、細菌細胞タンパク質などの超低温保存の際の安定化剤として使うなど用途が多い。粘性が高く甘み有するため、食品添加物にも使われる。

グリセロール

同義/類義語:グリセリン
英訳・(英)同義/類義語:glycerol

甘みのあるアルコール一種で、カルボン酸とのエステル総称して脂肪とよぶ。甘味料湿潤剤として使われるほか、生物学実験にも広く使われる。CH2OH-CHOH-CH2OH

グリセリン

油脂加水分解によって、脂肪酸とともに得られる無色透明甘み粘り気のある液体

グリセリン

油脂加水分解すると脂肪酸とグリセリンができるもの。無色吸湿性甘味のある粘性液体で、ガム軟化剤一部として使用される。

グリセリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/18 10:20 UTC 版)

グリセリン (glycerine, glycerin) は、3価のアルコールである。学術分野では20世紀以降グリセロール (glycerol) と呼ぶようになったが、医薬品としての名称を含め日常的にはいまだにグリセリンと呼ぶことが多い。食品添加物として、甘味料、保存料、保湿剤、増粘安定剤などの用途がある。虫歯の原因となりにくい。医薬品や化粧品には、保湿剤・潤滑剤として使われている。


  1. ^ Viscosity of Glycerol and its Aqueous Solutions”. 2011年4月19日閲覧。
  2. ^ Lide, D. R., Ed. CRC Handbook of Data on Organic Compounds, 3rd ed.; CRC Press: Boca Raton, FL, 1994; p 4386.
  3. ^ a b c d e f g Christoph, Ralf; Schmidt, Bernd; Steinberner, Udo; Dilla, Wolfgang; Karinen, Reetta (2006). “Glycerol”. Ullmann's Encyclopedia of Industrial Chemistry. doi:10.1002/14356007.a12_477.pub2. ISBN 3527306730. 
  4. ^ a b G. E. Gibson , W. F. Giauque (1923年). “The third law of thermodynamics. Evidence from the specific heats of glycerol that the entropy of a glass exceeds that of a crystal at the absolute zero”. J. Am. Chem. Soc. 45 (1): 93-104. doi:10.1021/ja01654a014. 
  5. ^ Sims, Bryan (2011年10月25日). “Clearing the Way for Byproduct Quality: Why quality for glycerin is just as important for biodiesel”. Biodiesel Magazine. http://www.biodieselmagazine.com/articles/8137/clearing-the-way-for-byproduct-quality 
  6. ^ Hudgens, R. Douglas; Hercamp, Richard D.; Francis, Jaime; Nyman, Dan A.; Bartoli, Yolanda (2007年). An Evaluation of Glycerin (Glycerol) as a Heavy Duty Engine Antifreeze/Coolant Base. doi:10.4271/2007-01-4000. 
  7. ^ Kamm, O; Marvel, C. S. (1921年). “Allyl alcohol”. Organic Syntheses 1: 15. http://www.orgsyn.org/demo.aspx?prep=cv1p0042. ; Collective Volume, 1, pp. 42 
  8. ^ Adkins, H.; Hartung, W. H. (1926年). “Acrolein”. Organic Syntheses 6: 1. http://www.orgsyn.org/demo.aspx?prep=cv1p0015. ; Collective Volume, 1, pp. 15 
  9. ^ Renoll, M.; Newman, M. S. (1948年). dl-Isopropylideneglycerol”. Organic Syntheses 28: 73. http://www.orgsyn.org/demo.aspx?prep=cv3p0502. ; Collective Volume, 3, pp. 502 
  10. ^ Braun, G (1934年). “Glycerol α,γ-dibromohydrin”. Organic Syntheses 14: 42. http://www.orgsyn.org/demo.aspx?prep=cv2p0308. ; Collective Volume, 2, pp. 308 
  11. ^ Conant, J. B.; Quayle, O. R. (1922年). “Glycerol α-monochlorohydrin”. Organic Syntheses 2: 33. http://www.orgsyn.org/demo.aspx?prep=cv1p0294. ; Collective Volume, 1, pp. 294 
  12. ^ Conant, J. B.; Quayle, O. R. (1922年). “Glycerol α,γ-dichlorohydrin”. Organic Syntheses 2: 29. http://www.orgsyn.org/demo.aspx?prep=cv1p0292. ; Collective Volume, 1, pp. 292 
  13. ^ Clarke, H. T.; Hartman, W. W. (1923年). “Epichlorohydrin”. Organic Syntheses 3: 47. http://www.orgsyn.org/demo.aspx?prep=cv1p0292. ; Collective Volume, 1, pp. 233 
  14. ^ a b Braun, G. (1936年). “Epichlorohydrin and epibromohydrin”. Organic Syntheses 16: 30. http://www.orgsyn.org/demo.aspx?prep=cv2p025. ; Collective Volume, 2, pp. 256 
  15. ^ Clarke, H. T.; Davis, A. W. (1922年). “Quinoline”. Organic Syntheses 2: 79. http://www.orgsyn.org/demo.aspx?prep=cv1p0478. ; Collective Volume, 1, pp. 478 
  16. ^ Mosher, H. S.; Yanko, W. H.; Whitmore, F. C. (1947年). “6-Methoxy-8-nitroquinoline”. Organic Syntheses 27: 48. http://www.orgsyn.org/demo.aspx?prep=cv3p0568. ; Collective Volume, 3, pp. 568 
  17. ^ ライアル・ワトソン『生命潮流―来たるべきものの予感』(工作舎、1981年)37刷pp.59-60
  18. ^ 菊池誠 (2005年5月21日). “グリセリンの結晶”. kikulog. 2010年8月24日閲覧。
  19. ^ ニトログリセリン自体も一部が凍結した状態では液体のときよりも弱い衝撃でも爆発しやすくなる。またニトログリセリンをニトロセルロースに混ぜ込んでゲル状にしたダブルベース火薬であっても凍結したものが再び融けるとニトログリセリンが溶け出して爆発しやすくなる。このため朝鮮戦争中、冬の韓国で発射薬にダブルベース火薬を用いた小銃弾の爆発事故も起きている。


「グリセリン」の続きの解説一覧





グリセリンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「グリセリン」の関連用語

グリセリンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



グリセリンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2018 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2018 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
イシハライシハラ
Copyright (C) 2018 Ishihara Co.,Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのグリセリン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS