クロロホルムとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 分子化学 > 液体 > クロロホルムの意味・解説 

クロロホルム [4] 【chloroform】

無色揮発性で甘いような特有のにおいのある液体化学式 CHCl3 メタン塩素反応させてつくる。有機化合物溶剤フロン原料以前外科手術吸入麻酔剤として使われた。トリハロメタン主成分

クロロホルム

分子式CHCl3
その他の名称:クロロホルム、Chloroform、Trichloromethane、トリクロロホルム、TCMR-20、RCRA waste number U-044、R-20Refrigerant】、NCI-C-02686、Trichloroform
体系名:トリクロロメタン


物質
トリクロロメタン
慣用名
クロロホルム
化学式
CHCl3
融点(℃)
-63.5
沸点(℃)
61.2

ハロゲン化合物一種溶媒として用いられる。

クロロホルム

実験用の溶媒過去には麻酔薬として用いられたこともあったが、発ガン性指摘されたため使用禁止された(アメリカ)。

名前Trichloromethane, Chloroform
クロロホルム

b.p. 61.15 - 61.70°C
m.p. -63.2 - -63.5°C
ICSC ICSC
MeSH 68002725
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


クロロホルム(CHCl3)

クロロホルムは揮発性有機塩素化合物1つで、無色透明液体です。フッ素樹脂原料溶剤抽出剤等広い用途使用されています。また、水道浄水処理過程消毒用の塩素有機物質反応生成するトリハロメタン成分一つでもあります人体への影響としては、肝障害腎障害中枢神経障害ありますかつては麻酔剤として用いられましたが、その毒性のため用いられなくなりました。指針値は、「0.06mg/リットル以下」と定められています。

クロロホルム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/17 15:14 UTC 版)

クロロホルム (chloroform) は化学式 CHCl3 で表されるハロゲン化アルキルの一種である。IUPAC名トリクロロメタン (trichloromethane) であり、トリハロメタンに分類される。広範囲で溶媒溶剤として利用されている。




  1. ^ 麻酔の歴史 - 浜松医科大学麻酔・蘇生学講座
  2. ^ a b c d e f IPCS UNEP//ILO//WHO 国際化学物質簡潔評価文書 No.58 クロロホルム (PDF)”. 国立医薬品食品衛生研究所 安全情報部 (2009年). 2012年1月14日閲覧。


「クロロホルム」の続きの解説一覧



クロロホルムと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クロロホルム」の関連用語

クロロホルムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



クロロホルムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2019 京浜河川事務所 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクロロホルム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS