ベンゾジアゼピンとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ベンゾジアゼピンの意味・解説 

ベンゾジアゼピン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/09 14:34 UTC 版)

ベンゾジアゼピン(benzodiazepine、時に口語的にベンゾ)は、縮合したベンゼン環ジアゼピン環が中心となる化学構造をもつ、向精神薬である。よくBZDと略記される。 この系統の初めての薬であるクロルジアゼポキシドは、1955年にレオ・スターンバックにより偶然発見され、1960年にホフマン・ラ・ロシュにより作り変えられたジアゼパムもまた1963年以来販売されている。




  1. ^ 世界保健機関(WHO)による規定1日用量 N05BA N05CD
  2. ^ 3mg Kinder DDD




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ベンゾジアゼピン」の関連用語

1
100% |||||

2
76% |||||

ベンゾジアゼピンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ベンゾジアゼピンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのベンゾジアゼピン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS