ベンゾキノンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化合物 > キノン > ベンゾキノンの意味・解説 

p‐ベンゾキノン

分子式C6H4O2
その他の名称p-キノン、p-Quinone、p-Benzoquinone、1,4-Benzoquinone、2,5-Cyclohexadiene-1,4-dione、RCRA waste number U-197、USAF P-220、NCI-C-55845、ベンゾキノン、Benzoquinoneパラ-ベンゾキノン、1,4-Benzenedione
体系名:1,4-ベンゼンジオン、シクロヘキサ-2,5-ジエン-1,4-ジオン、2,5-シクロヘキサジエン-1,4-ジオン、1,4-ベンゾキノン、p-ベンゾキノン


ベンゾキノン

酸化還元

Related protein

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


ベンゾキノン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/22 23:02 UTC 版)

ベンゾキノン (benzoquinone) とは、分子式C6H4O2で表される有機化合物であり、炭素のみで構成された1つの6員環からなるキノンである。2種類の構造異性体が存在し、1,4-ベンゾキノン(パラ-ベンゾキノン、p-ベンゾキノン、パラ-キノン、just quinone)が一般的であり、1,2-ベンゾキノン(オルト-ベンゾキノン、o-ベンゾキノン、オルト-キノン)は一般的ではない。


  1. ^ H. W. Underwood, Jr. and W. L. Walsh (1943). “Quinone”. Organic Syntheses. http://www.orgsyn.org/demo.aspx?prep=cv2p0553. ; Collective Volume, 2, pp. 553 
  2. ^ a b c d e f 化学大辞典編集委員会, ed (1981). 化学大辞典8縮刷版 (第26版 ed.). 共立出版. pp. p.518. ISBN 4320040155. 
  3. ^ 原田幸明 (2008). レアメタルの代替材料とリサイクル. シーエムシー出版. pp. pp.153-154. ISBN 4781300022. 
  4. ^ Yang, T.-K.; Shen, C.-Y. “1,4-Benzoquinone” in Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis (Ed: L. Paquette) 2004, J. Wiley & Sons, New York. doi:10.1002/047084289.
  5. ^ Oda, M.; Kawase, T.; Okada, T.; Enomoto, T. (1998). “2-Cyclohexene-1,4-dione”. Organic Syntheses. http://www.orgsyn.org/demo.aspx?prep=cv9p0186. ; Collective Volume, 9, pp. 186 
  6. ^ Ueber die Einwirkung von Essigsäure-anhydrid auf Chinon und auf Dibenzoylstyrol (pp. 1247–1249) Johannes Thiele Berichte der deutschen chemischen Gesellschaft Volume 31, Issue 1, pages 1247–1249 1898 doi:10.1002/cber.189803101226
  7. ^ Stereoselective Total Synthesis and Enantioselective Formal Synthesis of the Antineoplastic Sesquiterpene Quinone Metachromin A Wanda P. Almeida, and Carlos Roque D. Correia J. Braz. Chem. Soc., Vol. 10, No. 5, 401–414, 1999 doi:10.1590/S0103-50531999000500011.
  8. ^ 前田豊 (2008). 炭素繊維の応用と市場. シーエムシー出版. pp. p.60. ISBN 9784781300061. 
  9. ^ E. A. Braude E. A.; Fawcett, J. S. (1963). “1,4-Naphthoquinone”. Organic Syntheses. http://www.orgsyn.org/demo.aspx?prep=cv4p0698. ; Collective Volume, 4, pp. 698 
  10. ^ Vogel, E.; Klug, W.; Breuer, A. (1988). “1,6-Methano[10]annulene”. Organic Syntheses. http://www.orgsyn.org/demo.aspx?prep=cv6p0731. ; Collective Volume, 6, pp. 731 
  11. ^ Harman, R. E. (1963). “Chloro-p-benzoquinone”. Organic Syntheses. http://www.orgsyn.org/demo.aspx?prep=cv4p0148. ; Collective Volume, 4, pp. 148 
  12. ^ a b Magdziak, D., Rodriguez, A. A.; Van De Water, R. W.; Pettus, T. R. R. (2002). “Regioselective oxidation of phenols to o-quinones with o-iodoxybenzoic acid (IBX)”. Org. Lett. 4 (2): 285–288. doi:10.1021/ol017068j. PMC: 1557836. PMID 11796071. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1557836/. 
  13. ^ a b Chanda Parulekar and Suneela Mavinkurve (2006), Formation of ortho-benzoquinone from sodium benzoate by Pseudomonas mendocina P2d. Indian Journal of Experimental Biology, volume 44, pages 157--162. Online version accessed on 2010-02-04.
  14. ^ Enzymatic Browning in Fruits, Vegetables and Seafoods Archived 2011年8月22日, at the Wayback Machine.Section 2.3.2


「ベンゾキノン」の続きの解説一覧



ベンゾキノンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ベンゾキノンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ベンゾキノンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのベンゾキノン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS