ハイドロキノンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化合物 > キノン > ハイドロキノンの意味・解説 

ハイドロキノン【hydroquinone】

読み方:はいどろきのん

ヒドロキノン


ヒドロキノン

分子式C6H6O2
その他の名称キノール、ハイドロキノン、ヒドロキノール、p-ヒドロキノン、Quinol、Hydroquinol、Hydroquinone、p-Hydroquinone、1,4-Benzenediol、エルドキン、テキノール、エルドパケ、Diak-5、HE-5、USAF EK-356、Tecquinol、Tenox HQ、エルドパク、テノックスHQ、NCI-C-55834、Hydroquinole、Eldoquin、Eldopaque、p-ジヒドロキシベンゼン、p-Dihydroxybenzene、p-Hydroxyphenol、ブラックアンドホワイトブリーチングクリーム、アルトラ、Black & white bleaching cream、Artra、1,4-Hydroquinone、1,4-ヒドロキノン、ヒドロキシキノン、Hydroxyquinone、1,4-Dihydroxybenzene、Benzene-1,4-diol、4-Hydroxyphenol
体系名:4-ヒドロキシフェノール、ベンゼン-1,4-ジオール、p-ヒドロキシフェノール、1,4-ベンゼンジオール、ヒドロキノン、1,4-ジヒドロキシベンゼン


ハイドロキノン

強力にメラニン白くする成分で、シミ合成阻止し、できてしまったシミ漂白する強力な作用をもつことから、肌の漂白剤ともいわれる医師処方によって治療目的使われていたが、01年から化粧品への配合可能になった。

ヒドロキノン

(ハイドロキノン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/28 04:25 UTC 版)

ヒドロキノン (hydroquinone) は、二価フェノールである。特に美容ではハイドロキノンと表記されることが多い。ヒドロキノンの名称はこの化合物がp-ベンゾキノン還元によって得られたことから来ている。写真の現像に用いられる[1]。美容では皮膚の美白に利用されるが、頻繁な副作用について医学的な監督が必要で法的な規制や安全性の議論がある[2]ヒドロキシ基の位置が異なる異性体として、カテコール (1,2-体)、レゾルシノール (1,3-体)がある。


  1. ^ ヒドロキノンとは、1,4-ジヒドロキシベンゼンのことであるわけだが、この2つのヒドロキシ基を共にメタノールとのエーテルにした分子が、1,4-ジメトキシベンゼンである。ヒドロキシ基は水素結合の受容体であると共に、供与体でもある。対して、メトキシ基は水素結合の受容体でしかない。一般に水素結合を作ることのできる分子は、分子間力が強いために、分子量が小さい割に融点や沸点が高いことが多い。1,4-ジヒドロキシベンゼンの常圧での融点172 ℃、沸点287 ℃に対して、1,4-ジメトキシベンゼンの常圧での融点は56 ℃、沸点は212.5 ℃である。
  1. ^ a b c d e 世界保健機関 (1996). Hydroquinone : health and safety guide. Health and safety guide 101. World Health Organization. ISBN 924151101X. https://apps.who.int/iris/handle/10665/38140 
  2. ^ Desmedt, Bart; Ates, Gamze; Courselle, Patricia; et al (2016). “In vitro Dermal Absorption of Hydroquinone: Protocol Validation and Applicability on Illegal Skin-Whitening Cosmetics”. Skin Pharmacology and Physiology 29 (6): 300–308. doi:10.1159/000454719. PMID 28052295. https://doi.org/10.1159/000454719. 
  3. ^ a b c d B. Sofen, G. Prado, J. Emer (2016-1). “Melasma and Post Inflammatory Hyperpigmentation: Management Update and Expert Opinion”. Skin therapy letter 21 (1): 1–7. PMID 27224897. https://www.skintherapyletter.com/melasma/melasma-post-inflammatory-hyperpigmentation-treatment/. 
  4. ^ Deo, KirtiS; Dash, KedarN; Sharma, YugalK; et al (2013). “Kojic acid vis-a-vis its combinations with hydroquinone and betamethasone valerate in melasma: A randomized, single blind, comparative study of efficacy and safety”. Indian Journal of Dermatology 58 (4): 281. doi:10.4103/0019-5154.113940. PMC: 3726874. PMID 23918998. https://doi.org/10.4103/0019-5154.113940. 
  5. ^ Kabir Sardana, Sneha Ghunawat (2015-1). “Rationale of using hypopigmenting drugs and their clinical application in melasma”. Expert review of clinical pharmacology 8 (1): 123–134. doi:10.1586/17512433.2015.977255. PMID 25474082. 
  6. ^ 大橋、飯村 特許公開2004-99542、特許第3712066号。
  7. ^ a b c d 村上義之、高梨真教、大原こずえ、柳本行雄「ハイドロキノンの安全性試験について」『西日本皮膚科』第68巻第2号、2006年、 185-194頁、 doi:10.2336/nishinihonhifu.68.185
  8. ^ a b アメリカ食品医薬品局 (2006). Skin Bleaching Drug Products for Over-the-Counter Product Use; Proposed Rule (Report). United States Food and Drug Administration. 1978N-0065. http://www.fda.gov/OHRMS/DOCKETS/98fr/78n-0065-npr0003.pdf. 
  9. ^ Olumide, YM; Akinkugbe, AO; Altraide, D; Mohammed, T; Ahamefule, N; Ayanlowo, S; Onyekonwu, C; Essen, N (April 2008). “Complications of chronic use of skin lightening cosmetics”. International Journal of Dermatology 47 (4): 344–53. doi:10.1111/j.1365-4632.2008.02719.x. 
  10. ^ Vijay Gandhi, Prashant Verma, Geetanjali Naik (2012-9). “Exogenous ochronosis After Prolonged Use of Topical Hydroquinone (2%) in a 50-Year-Old Indian Female”. Indian journal of dermatology 57 (5): 394–395. doi:10.4103/0019-5154.100498. PMC: 3482806. PMID 23112363. https://doi.org/10.4103/0019-5154.100498. 
  11. ^ 杉本庸、一瀬晃洋、田原真也「にきび治療 オバジ・ニューダーム・システム」『Pepars』第62号、2012年2月、 27-31頁。
  12. ^ 太田正佳、都甲武史「美容皮膚科医に必要なZOスキンケアプログラムについての知識」『デルマ』第262号、2017年10月、 101-118頁。
  13. ^ a b c d e f Zein E. Obagi (2013). “Taking the Pulse of Hydroquinone Therapy: A Plea for Caution”. Modern Aesthetics 2013 (March/April). http://modernaesthetics.com/2013/04/taking-the-pulse-of-hydroquinone-therapy-a-plea-for-caution. 
  14. ^ Hydroquinone-Free Products Reign Supreme”. ZO Skin Health Blog (2015年3月25日). 2019年7月16日閲覧。
  15. ^ Anan Abu Ubeid, Longmei Zhao, Ying Wang, Basil M. Hantash (2009-9). “Short-sequence oligopeptides with inhibitory activity against mushroom and human tyrosinase”. The Journal of investigative dermatology 129 (9): 2242–2249. doi:10.1038/jid.2009.124. PMID 19440221. 
  16. ^ Lily Jiang, Peter D. Hino, Ashish Bhatia, Thomas J. Stephens, Felipe Jimenez (2018-12). “Efficacy of Trifecting((R)) Night Cream, a Novel Triple acting Skin Brightening Product: A Double-blind, Placebo-controlled Clinical Study”. The Journal of clinical and aesthetic dermatology 11 (12): 21–25. PMC: 6334832. PMID 30666274. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6334832/. 
  17. ^ a b Harris, John E. (2017). “Chemical-Induced Vitiligo”. Dermatologic Clinics 35 (2): 151–161. doi:10.1016/j.det.2016.11.006. PMC: 5362111. PMID 28317525. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5362111/. 
  18. ^ a b Jow, Tiffany; Hantash, Basil M. (2014). “Hydroquinone-Induced Depigmentation”. Dermatitis 25 (1): e1–e5. doi:10.1097/01.DER.0000438425.56740.8a. PMID 24407054. 
  19. ^ 平成26年度第3回薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会 資料” (2014年5月23日). 2019年7月2日閲覧。 資料2-3 「メラニンの生成を抑える等の効能・効果で承認された薬用化粧品等の添付文書等の使用上の注意について」には「ハイドロキノン含有化粧品等を想定」と記載されている。
  20. ^ Benn EK, Alexis A, Mohamed N, Wang YH, Khan IA, Liu B (December 2016). “Skin Bleaching and Dermatologic Health of African and Afro-Caribbean Populations in the US: New Directions for Methodologically Rigorous, Multidisciplinary, and Culturally Sensitive Research”. Dermatol Ther (Heidelb) (4): 453–459. doi:10.1007/s13555-016-0154-1. PMC: 5120641. PMID 27837412. https://doi.org/10.1007/s13555-016-0154-1. 
  21. ^ 美白クリームの成分は有害物質、健康被害の恐れも”. CNN (2019年10月1日). 2019年10月1日閲覧。
  22. ^ Sonia Knight (2019年5月28日). “Countries and Regions where Hydroquinone and Other Skin Lightening Ingredients are Banned”. Be:Skinformed. 2019年7月16日閲覧。
  23. ^ Andrew Mcdougall (2015年5月12日). “Hydroquinone-free products on the rise in US professional skin care, says Kline”. Cosmetics Design North America. 2019年7月16日閲覧。
  24. ^ アーサー・ペリー医師による危険性についての回答文
  25. ^ NaturalFairness.comによる警告文
  26. ^ 渡辺晋一「市販されているハイドロキノンはどこまで効くか」『臨床皮膚科』第63巻第5号、2009年4月、 105-108頁。
  27. ^ Regional MPs want a ban on beauty products containing hydroquinone”. The East African (2019年5月14日). 2019年7月16日閲覧。
  28. ^ “禁止されても「色白」の肌が欲しい、コートジボワール女性たち”. AFPBB News. (2015年8月14日). https://www.afpbb.com/articles/-/3057356 2019年3月25日閲覧。 
  29. ^ “美白クリーム禁止のルワンダ、取り締まりで化粧品押収も”. CNN.co.jp. (2019年1月13日). https://www.cnn.co.jp/world/35131128.html 2019年3月25日閲覧。 
  30. ^ Ismail Akwei (2017年8月18日). “Ghana implements ban on import, sale of skin bleaching products”. africanews. https://www.africanews.com/2017/08/18/ghana-implements-ban-on-import-sale-of-skin-bleaching-products/ 2019年3月25日閲覧。 



ハイドロキノン (hydroquinone)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 09:54 UTC 版)

現像」の記事における「ハイドロキノン (hydroquinone)」の解説

メトールグリシンパイロなどと同じく古くから現像主薬として利用されている。単体では現像作用をほとんど現さず、促進剤加えること現像作用現すが、その作用緩慢であるため「緩性現像薬」の一つ数えられている。ただし促進剤として苛性アルカリ使われ時のみ「急性現像薬としての作用有する

※この「ハイドロキノン (hydroquinone)」の解説は、「現像」の解説の一部です。
「ハイドロキノン (hydroquinone)」を含む「現像」の記事については、「現像」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ハイドロキノン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ハイドロキノン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ハイドロキノンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ハイドロキノンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ハイドロキノンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
高須クリニック高須クリニック
copyrightc 1999-2022 Takasu Clinic all right reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヒドロキノン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの現像 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS