美白とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 美白の意味・解説 

美白

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/02 19:07 UTC 版)

美白(びはく、Skin whitening, Skin brightening[1])とは、色素沈着が少ない、白くて明るい肌の色のことである。日本では古くから「色の白いは七難隠す」と言われてきた。




  1. ^ Skin brighteningでは、ピーリング作用のある薬剤も含む: 渡辺晋一「市販されているハイドロキノンはどこまで効くか」『臨床皮膚科』第63巻第5号、2009年4月、 105-108頁。
  2. ^ a b c d e f g 長沼雅子「香粧品の有効性の歴史的変遷」『日本香粧品学会誌』第39巻第4号、2015年、 275-285頁、 doi:10.11469/koshohin.39.275
  3. ^ a b 宮地良樹ほか『化粧品・外用薬研究者のための皮膚科学』11頁。
  4. ^ a b c 滝脇弘嗣、藤本和代「ハイドロキノンモノベンジルエーテル(モノベンゾン)による汎発型白斑の脱色素治療」『西日本皮膚科』第68巻第4号、2006年、 403-407頁、 doi:10.2336/nishinihonhifu.68.403 リンク先は要旨のみ
  5. ^ 土肥淳一郎「ハイドロキノンモノベンチールエーテル含有クリームによる色素異常症」『臨床皮膚泌尿器科』第11巻第10号、1957年10月、 859-863頁、 doi:10.11477/mf.1491202059
  6. ^ 高須久、湯本繁子「非イオン性界面活性剤の皮膚に及ぼす影響」『日本皮膚科学会雑誌』第71巻第4号、1961年、 381頁、 doi:10.14924/dermatol.71.381
  7. ^ “カネボウは美白化粧品54製品を自主回収、回収費用約50億円”. ロイター. (2013年7月4日). https://jp.reuters.com/article/l3n0fa0pj-kanebo-recall-idJPTYE96303I20130704 2019年4月10日閲覧。 
  8. ^ “カネボウ自主回収の美白化粧品、白斑の症状訴え2250人に拡大”. ロイター. (2013年7月23日). https://jp.reuters.com/article/l4n0ft22x-kenebo-cosmetics-idJPTYE96M05W20130723 2019年4月10日閲覧。 
  9. ^ “カネボウ「白斑」訴訟、39人の調停が成立 東京地裁”. 朝日新聞. (2018年12月18日). https://www.asahi.com/articles/ASLDL432CLDLUBQU004.html 2019年4月10日閲覧。 
  10. ^ Andrew Mcdougall (2015年5月12日). “Hydroquinone-free products on the rise in US professional skin care, says Kline”. Cosmetics Design North America. 2019年7月16日閲覧。
  11. ^ Regional MPs want a ban on beauty products containing hydroquinone”. The East African (2019年5月14日). 2019年7月16日閲覧。
  12. ^ 美白クリームの成分は有害物質、健康被害の恐れも”. CNN (2019年10月1日). 2019年10月1日閲覧。
  13. ^ a b Lily Jiang, Peter D. Hino, Ashish Bhatia, Thomas J. Stephens, Felipe Jimenez (2018-12). “Efficacy of Trifecting(R) Night Cream, a Novel Triple acting Skin Brightening Product: A Double-blind, Placebo-controlled Clinical Study”. The Journal of clinical and aesthetic dermatology 11 (12): 21–25. PMC: 6334832. PMID 30666274. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6334832/. 
  14. ^ a b Ando H, Matsui MS, Ichihashi M. (2010-6). “Quasi-drugs developed in Japan for the prevention or treatment of hyperpigmentary disorders”. International journal of molecular sciences 11 (6): 2566–2575. doi:10.3390/ijms11062566. PMID 20640168. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/pmid/20640168/. 
  15. ^ a b B. Sofen, G. Prado, J. Emer (2016-1). “Melasma and Post Inflammatory Hyperpigmentation: Management Update and Expert Opinion”. Skin therapy letter 21 (1): 1–7. PMID 27224897. https://www.skintherapyletter.com/melasma/melasma-post-inflammatory-hyperpigmentation-treatment/. 
  16. ^ Anan Abu Ubeid, Longmei Zhao, Ying Wang, Basil M. Hantash (2009-9). “Short-sequence oligopeptides with inhibitory activity against mushroom and human tyrosinase”. The Journal of investigative dermatology 129 (9): 2242–2249. doi:10.1038/jid.2009.124. PMID 19440221. 
  17. ^ a b 朝田康夫、鈴木一成『コスメティックQ&A事典―化粧品のすべてがわかる』中央書院、2011年、全面改訂最新版、14-15頁。ISBN 978-4-88514-043-3
  18. ^ 三井幸雄「凍結酵素抽出法を用いたプラセンタエキスの化粧品への応用 (特集 化粧品新素材と原料の新知見(1))」『Fragrance journal』第47巻第3号、2019年3月、 69-72頁。
  19. ^ 2015年以降に承認された成分の出典はない。
  20. ^ 福井寛『美肌の科学』89頁。


「美白」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「美白」の関連用語

美白のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



美白のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの美白 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS