メラニンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 光学 > 色素 > メラニンの意味・解説 

メラニン [0] 【melanin】

動物組織内にある褐色ないし黒色色素フェノール化合物,特にチロシンから黒色素胞およびメラノサイトの中で生合成され,その量により毛髪皮膚および目の網膜の色が決まる。

メラニン

皮膚紫外線吸収するとメラニンができる。メラニンの本来の機能は、紫外線真皮到達するのを防いで、正常な細胞紫外線から守る働きをしている。ところが紫外線が強すぎるとメラニンが過剰発生し、シミソバカス原因になってしまう。

メラニン

【仮名】めらにん
原文melanin

皮膚眼の色の素となっている色素で、紫外線による損傷からこれらの組織保護する役目果している。

メラニン [Melaninn]

 動植物微生物広く分布している褐色ないし黒色色素哺乳動物皮膚毛髪の色はメラニンで、メラニン細胞中にあるメラニン顆粒でつくられる。爬虫類両生類魚類など種々の変温脊椎動物にもメラニンを含む黒色細胞があり、細菌ではサケ科魚類せっそう病体外可溶性のメラニン様色素を産生する。動物のメラニンはアミノ酸1種チロシンメラニン細胞中にあるチロシナーゼによって酸化され、ドーパキノンインドールキノン経て合成される。

メラニン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/06 06:17 UTC 版)

メラニン (melanin) は、ヒトを含む動物植物原生動物、また一部の菌類真正細菌において形成される色素である。メラニン色素ともいう。主に黒褐色の真性メラニン(eumelanin、エウメラニン)と、橙赤色の亜メラニン(Pheomelanin、フェオメラニン)の2種類がある。脊椎動物では、大半が皮膚の表皮最下層の基底層や毛髪の毛母などにあるメラノサイト(色素細胞)で生成され、一部は網膜色素上皮細胞で生成される。




「メラニン」の続きの解説一覧



メラニンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「メラニン」の関連用語

メラニンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



メラニンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
高須クリニック高須クリニック
copyrightc 1999-2020 Takasu Clinic all right reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2020 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2020 Fumiaki Taguchi
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのメラニン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS