ホルモンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物学 > ホルモン > ホルモンの意味・解説 

ホルモン

英語:hormone

「ホルモン(英: hormone、独: hormon)」とは、体内生成分泌され特定の臓器細胞刺激し活性化させる化学物質総称である。もしくは焼き肉食べられる畜産物臓物俗称である。

食肉として臓物ぞうもつ)は俗に「もつ」とも呼ばれる。もつを焼いた料理は「もつ焼き」という。「もつ焼き」と「ホルモン焼き」は、共に内臓肉焼いたものであり、呼称の由来異なるだけであって明確な違いがあるわけではない関東では「もつ」、関西では「ホルモン」と呼ばれることが多く地域差地域名という違い)とも捉えられる

ホルモン焼き」におけるホルモンは、豚などの「小腸」を指す場合が多い。「もつ」も小腸を指すことが多いが、心臓(はつ)や直腸てっぽう)などの各部位総称として用いられる場合も多い。「もつ」は「もつ焼き」以外にも「もつ鍋」「もつ料理」といった呼称定着している。

【ホルモンの語源
ホルモンという呼び名の由来を巡る解釈として「捨てるものを意味する《放るもん》から来ている」という俗説がある。「ぐっすり=good sleepレベル荒唐無稽な解釈とも受け取れるが、完全に否定し去ることも容易でない。もしかしたらそのような意味でホルモンと呼んだ者はいるかもしれない

【ホルモンの種類
食肉として内臓肉は、たとえばハツ心臓肉)、ミノ(胃)、サガリ横隔膜)などのように部位応じた俗称がある。

ホルモン【(ドイツ)Hormon】


ホルモン

食用にする牛や豚などの内臓焼いた鍋料理にしたりする。


ホルモン

ホルモンの語源は、ギリシャ語の「刺激する興奮させる」という言葉。その名のとおり、からだの組織臓器刺激する化学物質です。その数は約40種類にのぼり、血液流れにのって情報伝達し大切な生命活動コントロール行います
ホルモンをつくる器官を、「内分泌器官内分泌腺)」といいます。脳の視床下部下垂体甲状腺副腎膵臓のほか、性腺女性では卵巣男性では精巣)が、これにあたるところです。


ホルモン

【仮名】ほるもん
原文hormone

体内の腺によって作られる多数化学物質。ホルモンは血流を介して循環し特定の細胞臓器働き制御している。一部のホルモンは製造ラボにおいて合成するともできる

ホルモン

作者筒井康隆

収載図書日本以外全部沈没自選短篇集 3 パロディ
出版社徳間書店
刊行年月2002.9
シリーズ名徳間文庫

収載図書陰悩録―リビドー短篇集
出版社角川書店
刊行年月2006.7
シリーズ名角川文庫


ホルモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/07/02 15:50 UTC 版)

ホルモンドイツ語: Hormon英語: hormone)は、狭義には生体の外部や内部に起こった情報に対応し、体内において特定の器官合成分泌され、血液など体液を通して体内を循環し、別の決まった細胞でその効果を発揮する生理活性物質を指す[1]。ホルモンが伝える情報は生体中の機能を発現させ、恒常性を維持するなど、生物の正常な状態を支え、都合よい状態にする[2]重要な役割を果たす[1]。ただし、ホルモンの作用については未だわかっていない事が多い[1][2]




「ホルモン」の続きの解説一覧

ホルモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/17 14:49 UTC 版)

間脳」の記事における「ホルモン」の解説

間脳視床下部によって脳下垂体支配して食欲性欲睡眠欲等を制御している。また、免疫等も制御する間脳体温調節機能働きかけ熱発させるサイトカインIL-1TNFがある。これらは炎症時に直接間脳働きかけることにより生体の体温上昇させ、感染から身を守る

※この「ホルモン」の解説は、「間脳」の解説の一部です。
「ホルモン」を含む「間脳」の記事については、「間脳」の概要を参照ください。


ホルモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 05:40 UTC 版)

攻撃行動」の記事における「ホルモン」の解説

様々な神経伝達物質とホルモンが攻撃行動相関することが示されている。もっともよく言及されるのがテストステロンである。ある研究テストステロン濃度攻撃的な反応明確に関連していると指摘した成人期には個人レベルでの攻撃性測定テストステロン用いることができないのは明らかである。しかしいくつかの研究では暴力犯罪前科がある再犯男性前科がない男性犯人非暴力犯罪犯した男性比較して血中テストステロン濃度高かった事を示した。しかしテストステロン濃度攻撃性相関関係は、テストステロン攻撃性原因であることを意味しない男性スポーツ選手調査では、試合前に急速にテストステロン濃度上昇しその後低下する試合結果でも変動することが分かった勝者テストステロン濃度敗者よりも高い。女性の場合も、暴力犯罪前科のある女性はそうで無い女性よりテストステロン濃度が高い。しかし女性スポーツ選手研究では男性のような顕著な反応見られなかった。 アロマターゼ攻撃行動調整関連する部位顕著に分泌されるアロマターゼ酵素分泌遺伝的にノックアウトされマウスでは攻撃性顕著に減少した。しかし異なる種ではアロマターゼ活性攻撃性は逆のパターンを示す。他のマウスではエストラジオールは環境依存的作用する16時間の日照のもとではエストラジオールは攻撃性減少させる。8時間日照の元ではエストラジオールは急速に攻撃性増加させる

※この「ホルモン」の解説は、「攻撃行動」の解説の一部です。
「ホルモン」を含む「攻撃行動」の記事については、「攻撃行動」の概要を参照ください。


ホルモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/02 14:41 UTC 版)

ビューティフル塊魂」の記事における「ホルモン」の解説

のようなメイツ

※この「ホルモン」の解説は、「ビューティフル塊魂」の解説の一部です。
「ホルモン」を含む「ビューティフル塊魂」の記事については、「ビューティフル塊魂」の概要を参照ください。


ホルモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 01:56 UTC 版)

聖☆おにいさん」の記事における「ホルモン」の解説

アーラーマ弟子で、ブッダ弟子仲間一人。「ホルモン」はあだ名修行僧時代ハゲタカ身体をつつかれ、内臓出てしまったことからこう呼ばれる。まだ輪廻終わっておらず、カンガルー転生後、モモイロペリカン転生したが、その後多摩動物公園カンガルーに再び転生していたところをブッダ発見されている。

※この「ホルモン」の解説は、「聖☆おにいさん」の解説の一部です。
「ホルモン」を含む「聖☆おにいさん」の記事については、「聖☆おにいさん」の概要を参照ください。


ホルモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/11 14:46 UTC 版)

性差の神経科学」の記事における「ホルモン」の解説

性腺ホルモン(性ホルモン)には、主に精巣卵巣合成されるステロイドホルモンであるアンドロゲンテストステロンなど)とエストロゲン(エストラジオールなど)がある。性ホルモン産生性腺刺激ホルモンである黄体形成ホルモンLH)と卵胞刺激ホルモンFSH)によって制御されており、視床下部からのゴナドトロピン放出ホルモンGnRH)によって刺激され下垂体前部から放出されるステロイドホルモンは、成人期通じて脳の発達恒常性の維持いくつかの影響与える。例えば、エストロゲン受容体視床下部脳下垂体海馬前頭前野存在し、脳の発達エストロゲン関与していることがわかっている。また、性腺ホルモン受容体前脳基底核発見されている。

※この「ホルモン」の解説は、「性差の神経科学」の解説の一部です。
「ホルモン」を含む「性差の神経科学」の記事については、「性差の神経科学」の概要を参照ください。


ホルモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/20 10:05 UTC 版)

LGBTに関連した医療テーマ」の記事における「ホルモン」の解説

トランスジェンダー個人は高い頻度[要出典]で女性化または男性化のためにホルモンを使用している。血栓高血圧低血圧血糖値の上昇、水分保持脱水症状電解質平衡異常、肝臓障害心発作脳梗塞リスク増加影響指摘されている。

※この「ホルモン」の解説は、「LGBTに関連した医療テーマ」の解説の一部です。
「ホルモン」を含む「LGBTに関連した医療テーマ」の記事については、「LGBTに関連した医療テーマ」の概要を参照ください。


ホルモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 15:01 UTC 版)

ロボッ太くん」の記事における「ホルモン」の解説

ロボッ太と同じクラス恰幅良い少年。後にKP団の団員となる。あだ名由来不明本名は太(ふとし)。惚れっぽい性格終盤新子(しんこ)という彼女ができた。

※この「ホルモン」の解説は、「ロボッ太くん」の解説の一部です。
「ホルモン」を含む「ロボッ太くん」の記事については、「ロボッ太くん」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ホルモン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ホルモン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ホルモンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ホルモン」の関連用語

ホルモンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ホルモンのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2024 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
花王ロリエ花王ロリエ
Copyright © 1994-2024 KAO CORPORATION. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2024 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
QUPiOQUPiO
Copyright © 2024 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのホルモン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの間脳 (改訂履歴)、攻撃行動 (改訂履歴)、ビューティフル塊魂 (改訂履歴)、聖☆おにいさん (改訂履歴)、性差の神経科学 (改訂履歴)、LGBTに関連した医療テーマ (改訂履歴)、ロボッ太くん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS