俗説とは? わかりやすく解説

ぞく‐せつ【俗説】

読み方:ぞくせつ

確かな根拠もなく、世間言い伝えられている話。


(俗説 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 04:57 UTC 版)

(うわさ)は、その内容が事実であるかどうかを問わず、世間で言い交わされている話のこと。類義語として流言飛語(蜚語)、風説デマゴシップなどがある。語源は「浮沙汰(うわさた)」である[1]。デマの流布行為は名誉毀損・信用毀損罪偽計業務妨害罪に問われる[2]


  1. ^ 川上善郎『うわさが走る』p.1
  2. ^ 不妊、実験用ネズミ全滅、遺伝子組み換え等の“偽情報”出回る… ワクチンで横行するデマ 投稿した人が問われ得る罪(関西テレビ)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月11日閲覧。
  3. ^ 落書とは” (日本語). コトバンク. 2021年11月1日閲覧。
  4. ^ 噂の拡がり方” (日本語). 株式会社 化学同人 (2007年7月1日). 2021年11月1日閲覧。
  5. ^ 白川『字通』の「流言」の項目参照。周の武王が死亡した後、後継者の成王を補佐していた大臣の周公旦に対して、謀反を起こした管叔らが「周公旦が王位を奪おうとしている」という流言を行ったというもの。
  6. ^ a b c 木下富雄 日本心理学会(編)「うわさのコントロールは可能か」『心理学ワールド:50号刊行記念出版』 日本心理学会 2011 pp.221-226.
  7. ^ 加藤直樹『九月、東京の路上で―1923年関東大震災ジェノサイドの残響』
  8. ^ 山岸秀『関東大震災と朝鮮人虐殺―80年後の徹底検証』早稲田出版、2002年
  9. ^ 広井脩『流言とデマの社会学』文春新書、2001年
  10. ^ 桑原真瑞『吁人間』霊肉統一団、1924年
  11. ^ 『鮮人襲来流言の真相』帝都復興協会、1923年
  12. ^ a b “佐賀新聞創刊125周年タイムトリップ1973(昭和48)年”. 佐賀新聞. http://www1.saga-s.co.jp/koremade/timetrip/47/01.html 2018年6月18日閲覧。 
  13. ^ 震災後のデマ80件を分類整理して見えてきたパニック時の社会心理 絵文録ことのは2011年4月10日
  14. ^ アーカイブされたコピー”. 2011年5月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年5月6日閲覧。
  15. ^ “<外国人犯罪デマ>被災地半数聞き86%信じる”. 河北新報. (2017年1月16日). オリジナルの2018年1月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180113125837/http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201701/20170116_13008.html 2017年1月16日閲覧。 
  16. ^ デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から” (日本語). 毎日新聞. 2020年2月2日閲覧。
  17. ^ 「関空入国の肺炎患者逃走」 SNSでデマ拡散:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2020年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月2日閲覧。
  18. ^ AERAdot.トイレットペーパーも消えた 安倍首相が「冷静な購買」呼びかけもうデマが止まらない 2020年2月29日20:34更新 同日閲覧。
  19. ^ 「5Gでコロナ拡大」流布 英政府、因果関係否定”. 産経新聞 (2020年4月5日). 2020年4月5日閲覧。
  20. ^ “「通天閣」のニセ画像SNSで拡散 運営会社「緑信号のライトアップを成し遂げたところ、やめて欲しい」”. (2021年11月5日). オリジナルの2021年10月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211108033039/https://www.fnn.jp/articles/-/265595 
  21. ^ 通天閣の悪質デマ画像広がり、苦情など相次ぐ ワクチン巡り 毎日新聞 2021年11月5日
  22. ^ 通天閣に「射っちゃダメ」 デマ画像拡散に怒り 産経新聞 2021年211月5日
  23. ^ 村上義人「手拭いの旗暁の風に翻る」より、当時の社会状況描写
  24. ^ 汐文社版はだしのゲン1巻より
  25. ^ 茨城新聞 昭和37年4月1日号掲載
  26. ^ 廣井 脩 『うわさと誤報の社会心理』日本放送出版協会〈NHKブックス 562〉、1988年11月20日、2頁。ISBN 4-14-001562-4 
  27. ^ “「創価学会の会員ではありません」愛川欽也がサイトで「宣言」”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2009年3月2日). https://www.j-cast.com/2009/03/02036905.html 2009年3月2日閲覧。 
  28. ^ 「新興宗教『有名人信者113人』禁断リスト」(「フラッシュ」07年6月26日号)
  29. ^ 「創価学会『ニッポン洗脳』の不気味 学会系芸能人最新版39人リスト」(「週刊文春」05年3月17日号)他2誌
  30. ^ INC, SANKEI DIGITAL. “【大津中2自殺】いじめ関係者と記載したブログ開設者を提訴へ 間違われた男性が大津地裁に” (日本語). 産経WEST. 2020年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月20日閲覧。
  31. ^ INC, SANKEI DIGITAL. “【衝撃事件の核心】裁判所に「非常に軽率」と指摘されたデヴィ夫人…ブログで「大津いじめ自殺」にモノ申し、アクセス急増も掲載写真は無関係な女性” (日本語). 産経WEST. 2020年2月20日閲覧。
  32. ^ 加害生徒親族と思い込んで抗議、中傷 いじめ事件で事実無根デマが飛びかう”. J-CASTニュース (2012年7月12日). 2020年2月20日閲覧。
  33. ^ 広島被災地 悪質デマに要注意 R25 2014年8月25日
  34. ^ “熊本地震のデマ、ネットで出回る 安易な拡散には注意を”. 朝日新聞. (2016年4月15日). オリジナルの2016年4月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160415095017/http://www.asahi.com/articles/ASJ4H5F1VJ4HUTIL03S.html 
  35. ^ “地震直後「ライオン逃げた」=ネット投稿の男逮捕-熊本県警”. 時事通信. (2016年7月20日). オリジナルの2016年8月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160817085933/http://www.jiji.com/jc/article?k=2016072000888&g=soc 
  36. ^ “フジテレビが「デマ写真」に釣られる 東武東上線事故に「インドネシアの映像」を使ってしまう”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2016年5月20日). https://www.j-cast.com/2016/05/20267388.html?p=all 2017年8月30日閲覧。 
  37. ^ “「紀伊民報 福島山火事で「放射性物質飛散」 コラムで陳謝」”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2017年5月9日). https://mainichi.jp/articles/20170509/k00/00m/040/055000c 2017年5月9日閲覧。 
  38. ^ “SNSに“ミサイル画像”投稿”. 首都圏 NEWS WEB (日本放送協会). (2017年8月29日). オリジナルの2017年8月30日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20170830002441/http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20170829/3438361.html 2017年8月30日閲覧。 
  39. ^ “嘘だった「AED使った男性をセクハラで...」 投稿主「問題提起のつもりだった」”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2017年12月22日). https://www.j-cast.com/2017/12/22317403.html?p=all 2018年2月16日閲覧。 
  40. ^ “広がった「AEDセクハラデマ」と、その裏で築かれる偏見”. 琉球新報Style (琉球新報社). (2017年12月31日). https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-639820.html 2018年2月16日閲覧。 
  41. ^ Fukuzaki, Osamu (2019年3月17日). “NZ銃乱射事件 容疑者 法廷で白人至上主義のジェスチャー” (日本語). mashup NY. 2019年4月10日閲覧。
  42. ^ 訴追された男 裁判所に出廷 NZ乱射テロ” (日本語). FNN.jpプライムオンライン. 2019年4月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月10日閲覧。
  43. ^ Blizzard reportedly tells OWL fans to not use OK gesture due to "association as a white power symbol"” (英語). Dot Esports (2019年4月5日). 2019年4月11日閲覧。
  44. ^ 「あおり運転車同乗の女」とウソ情報拡散 愛知 豊田の市議辞職[リンク切れ] NHKニュース 2019年11月2日
  45. ^ 「実習生に暴行」デマ情報がSNSで拡散、無関係の会社に中傷や批判メール殺到…告訴も検討 読売新聞 2022年1月20日
  46. ^ 『週刊誌の読み方』株式会社話の特集、1985年、pp.257-259
  47. ^ 沢木耕太郎『馬車は走る』
  48. ^ 木村拓哉「マスク2000枚」否定だけじゃない!不仲や娘の病気「3つのデマ」 Wezzy 2020.04.09 07:00(2020年5月22日閲覧)
  49. ^ a b 木島康雄『図解で早わかり 最新 刑法のしくみ』2017年11月、pp.138-141
  50. ^ 「ライオン逃げた」熊本地震のデマ情報を拡散した疑い 20歳男を逮捕 - huffingtonpost 2016年7月21日
  51. ^ “東名あおり事故でデマ=名誉毀損容疑で11人送検-福岡県警”. 時事ドットコム. (2018年6月19日). オリジナルの2018年6月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180620203738/https://www.jiji.com/jc/article?k=2018061900856&g=soc 
  52. ^ 四川大地震、関連デマのネット書き込みで17人処分 - AFP BB NEWS 2008年5月16日
  53. ^ 守随憲治監修『故事ことわざ辞典』新文学書房
  54. ^ Jean-Noël Kapferer。HEC経営大学院教授。ブランドマーケティングの研究者。
  55. ^ 山本弘のSF秘密基地BLOG2010年11月13日付記事”. 2012年10月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年12月16日閲覧。



俗説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/09 09:31 UTC 版)

ミカエル」の記事における「俗説」の解説

ミカエル菓子職人守護聖人とされるフランスでは彼の名をとった「サン・ミシェル」と呼ばれるケーキ生まれているほか、ミカエル祝日である9月29日は「洋菓子の日」である。

※この「俗説」の解説は、「ミカエル」の解説の一部です。
「俗説」を含む「ミカエル」の記事については、「ミカエル」の概要を参照ください。


俗説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/09 00:44 UTC 版)

オサレ」の記事における「俗説」の解説

漫画家久保帯人の描く漫画キャラクターファッションセンスや、その漫画の中で使用される詩的表現台詞、ネーミングセンス、キャラクター立ち回りなどにおいて、読者作者美的センス大きな差があり、その温度差を皮肉を込めてオサレだ」などと表現したことから広まったという説があるが、実際にはそれ以前年代からインターネット掲示板使用例があり[信頼性検証]作品ファンによる俗説の域を出ない

※この「俗説」の解説は、「オサレ」の解説の一部です。
「俗説」を含む「オサレ」の記事については、「オサレ」の概要を参照ください。


俗説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 03:30 UTC 版)

藤原京」の記事における「俗説」の解説

大宰府は、藤原京先立って日本列島最初に条坊制をしいた都城であり、日本古代史以外の世界史」に倣えば、都城出現以って国家確立したとみなすため、九州王朝倭国)を日本最初の王朝とする主張なされた九州王朝説参照)。第一期大宰府政庁条坊築造時期については、7世紀末との説が発表されたが、さらに観世音寺よりも条坊先行する可能性示されている。観世音寺創建7世紀後半とされることを考え合わせると、大宰府条坊築造時期それ以前ということになり、藤原京同時期あるいはさらに古くなる可能性出てくる。

※この「俗説」の解説は、「藤原京」の解説の一部です。
「俗説」を含む「藤原京」の記事については、「藤原京」の概要を参照ください。


俗説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 14:30 UTC 版)

ポーター (ビール)」の記事における「俗説」の解説

ダブリンのバート・シンノット(彼の父親ロンドン3つのパブを持っていた)は、とあるロンドンビール醸造所麦芽誤って焦がし、それを使って醸造した製品黒かったことからポーターという名前が付いた常々言っていた。その醸造所はこの誤りから出来た製品売り物にならない考えたので、パブビール配達している荷運び人にこの黒いビール与えたのだと言う後は史実の通り……良い話だが、しかしこれは事実ではない。他のいくつかのタイプビール例えばドルトムンダー・エクスポート)も似たような「事故」物語でその起源説明している

※この「俗説」の解説は、「ポーター (ビール)」の解説の一部です。
「俗説」を含む「ポーター (ビール)」の記事については、「ポーター (ビール)」の概要を参照ください。


俗説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 06:07 UTC 版)

北川殿」の記事における「俗説」の解説

兄弟である伊勢宗瑞こと北条早雲が、長寿伊勢素浪人からの下克上端緒大器晩成型戦国大名見られていた時代には、北川殿は、宗瑞の妹であり今川義忠側室伝えられていたが、近年研究により出自室町幕府申次衆奉公衆をつとめる伊勢氏であって今川氏婚姻する家格としては釣り合い取れていることと、義忠他に正室にあたる女性記録がないことから正室であり、宗瑞の生年永享4年1432年)よりも康正2年1456年)が有力になってきたことから姉と見なされるようになった

※この「俗説」の解説は、「北川殿」の解説の一部です。
「俗説」を含む「北川殿」の記事については、「北川殿」の概要を参照ください。


俗説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/15 20:30 UTC 版)

南部重信」の記事における「俗説」の解説

地元では「徳川5代将軍花輪殿様発言決まった」というエピソード残されている。 延宝8年1680年)、徳川幕府5代将軍決めるため、江戸城大広間には諸大名集まった亡くなった第4代将軍・家綱には子供がおらず、家綱の甥の甲府藩主・綱豊(のちの第6代将軍・家宣)と弟の前橋藩主・綱吉2人候補であった。うかつに発言する後に将軍睨まれかねないため、大名らはだんまり決め込んだそんな中重苦しい空気を切り裂いて口火を切り、綱吉推したのが花輪殿様こと南部重信であった。これに同調する声が多数占め新し将軍決まった従四位という御三家並み厚遇この時論功行賞ともされる実際は綱吉将軍家継承決定したのは幕閣であり、将軍家継承問題に際し一介の外様大名である南部家は全く口を挟める立場ではない。先代よりも上位への官位の上に関して、「従四位10万前後国主格の外様大名としてはごく普通の官位である」という史実がある(「御三家並み」ならば従三位以上)。つまりこれは、10万石から(八戸藩2万石立藩により)8万石へと転落した南部藩の“10万石”格への執着(のちに南部藩無理矢理表高10万石(実高8万石以下)」を名乗り家格維持費用苦労することになる)のためである

※この「俗説」の解説は、「南部重信」の解説の一部です。
「俗説」を含む「南部重信」の記事については、「南部重信」の概要を参照ください。


俗説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/17 20:03 UTC 版)

カニビル」の記事における「俗説」の解説

甲羅の卵の付着数が多いと、カニ脱皮から時間が経っている可能性が高いため、ズワイガニ身入りの目安とすることもある。しかし、ズワイガニ脱皮時期ズワイガニ漁業解禁間にか月の期間が開くこともありその間ライフサイクルの短いカニビルはすぐ産卵してしまうこともある。 カニビルに関してはあまり研究進んでおらず、説を裏付けるための生態は分かっていない

※この「俗説」の解説は、「カニビル」の解説の一部です。
「俗説」を含む「カニビル」の記事については、「カニビル」の概要を参照ください。


俗説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/20 03:41 UTC 版)

伸長位」の記事における「俗説」の解説

科学的根拠乏し主張ながら、男女産み分け女の子が欲しい場合は浅い挿入良い信じられることからこの体位紹介されることがある。[要出典]

※この「俗説」の解説は、「伸長位」の解説の一部です。
「俗説」を含む「伸長位」の記事については、「伸長位」の概要を参照ください。


俗説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/04 15:59 UTC 版)

フィート」の記事における「俗説」の解説

フィート長さは、ヘンリー1世足の長さであるという俗説がある。ヘンリー1世足の長さ12インチであったという。ヘンリー1世は、この長さをもってイングランドにおける長さの基準とした。 しかし、現代ヨーロッパ人男性足の長さ平均は約9.4インチ (24 cm) であり、イギリス人男性1,000人のうち996人は足の長さ12インチ未満である。一般的な男性足の長さよりも1フィート長くなっている理由として最も有力なものは、元となったヘンリー1世足の長さ裸足測られたのではなく、靴か何かをはいた状態で測ったものである、というものである足の長さ使って敷地長さなどを測ることを考えると、裸足で歩測することは考えにくく、靴を履いて行うものと考えられるからである

※この「俗説」の解説は、「フィート」の解説の一部です。
「俗説」を含む「フィート」の記事については、「フィート」の概要を参照ください。


俗説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 03:55 UTC 版)

六根清浄」の記事における「俗説」の解説

登山際に用いられ結果音便化しどっこいしょになったという説がある。

※この「俗説」の解説は、「六根清浄」の解説の一部です。
「俗説」を含む「六根清浄」の記事については、「六根清浄」の概要を参照ください。


俗説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 23:40 UTC 版)

ビビディ・バビディ・ブー」の記事における「俗説」の解説

Bibbidi-bobbidi-booロシア小説家イワン・ツルゲーネフ作品由来するという説は、事実ではない。1975年翻訳したマービン・ケイが登場人物の「悪魔の孫娘」を「Bibbidibobbidibu」としたが、原作では「Babebibobu」(キリル文字:Бабебибобу)である。

※この「俗説」の解説は、「ビビディ・バビディ・ブー」の解説の一部です。
「俗説」を含む「ビビディ・バビディ・ブー」の記事については、「ビビディ・バビディ・ブー」の概要を参照ください。


俗説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/07 05:22 UTC 版)

正家」の記事における「俗説」の解説

新選組初代局長芹沢鴨愛刀が「備後三原守家正家」などという所不明の情報があるが、そのような銘の刀は『日本刀銘鑑』に記載存在しない三原正家だとしても、皇室将軍大名佩刀である正家を、芹沢が所持できるほどの大金を持っていたかは不明である柳生宗矩愛刀大天狗正家なる刀だったという説もあり、三原正家公式サイト2016年記事でも紹介されているが、21世紀以前文献に辿れない。

※この「俗説」の解説は、「正家」の解説の一部です。
「俗説」を含む「正家」の記事については、「正家」の概要を参照ください。


俗説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 00:07 UTC 版)

風が吹けば桶屋が儲かる」の記事における「俗説」の解説

一部の俗説では、「」は「棺桶の意味で、何らかの理由で死者増え棺桶需要増えるとも言われるが、これは間違いである。江戸時代の日本成立した落語で、屋(こしや)を早桶屋別称していることなどから、近代になって曖昧になったのではないかとされる[要出典]。しかし、先述したとおり、「」より「箱」が古い形である。 ほかにもいくつか俗説がある。また、冗談大喜利として新説考え出されることもある。 これらの背景にはオリジナルの因果関係突拍子もないこと自体のほか、当時盲人音曲生業としていたこと、三味線皮が使われることなど、当時文化に関する知識必要とされることがある近年では北海道オホーツク海沿岸でこれに類する話が派生している。 北風により流氷接岸する。 特に夜間には急激に気温下がり、室内でも氷点下気温となる。 漬物風呂桶漁具凍結し破壊される需要増え桶屋儲かる。 歴史上の様々な疫病示唆される。その所以空気中細菌ウイルスが風で伝播して人々伝染り(エアロゾル感染結果的に多くの遺体棺桶(ひつぎ)へ入れことからともされている。

※この「俗説」の解説は、「風が吹けば桶屋が儲かる」の解説の一部です。
「俗説」を含む「風が吹けば桶屋が儲かる」の記事については、「風が吹けば桶屋が儲かる」の概要を参照ください。


俗説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 04:40 UTC 版)

フーゼル油」の記事における「俗説」の解説

酒に含まれているフーゼル油成分二日酔い原因となるという説が、過去においては常識されていたものの、後に否定された。二日酔い原因となる物質エタノール代謝によって生成するアセトアルデヒドであるので直二日酔いに関係はない。理化学研究所設立者鈴木梅太郎ですら、この説を支持していたことが伺える第三宿酔せざる事酒の害といへば誰もアルコール』の害といふ。然し純粋の『エチールアルコール』は害が少く清酒中に極少量に含まれる『フューゼル油』が有害な作用をするのでそれが宿酔原因となる。 —大阪醸造学会釀造雜誌第5巻5号理研に就て』鈴木梅太郎加藤正二 共著 p.33 動物実験において、二日酔い症状に対するフーゼル油影響エタノール越えるものではないという報告がある。それでもなおドイツ語において Fusel(フーゼル)という名称は、品質が悪い安酒意味している

※この「俗説」の解説は、「フーゼル油」の解説の一部です。
「俗説」を含む「フーゼル油」の記事については、「フーゼル油」の概要を参照ください。


俗説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 22:59 UTC 版)

ゲッカビジン」の記事における「俗説」の解説

月下美人にはその美しさのためや珍奇植物として好奇の目さらされていた時代長かったせいか、いろいろな言い伝えや俗説が流布しているが意外に間違いが多い。 ×同一株から分かれたため同じ日に咲く 同じクローンであってもタケ類に見られるような体内時計による長期同調性はなく、あくまでもその株の置かれた環境由来する生理状態の履歴依存してつぼみ形成開花を行う。さらに言うならば、既にこの20年ほどは日本国内複数遺伝的に異なクローン流通しているので、もう日本国内月下美人全てが同じ由来ではない。無数のクローン生息する原産地では言うまでもない×1年に1度しか咲かない 手入れきちんとする年間2回以上咲く。花を咲かせるだけの栄養素蓄積体力回復のゆとりが、成長期に十分あるかどうか問題である。 ×満月の夜にしか咲かない 野生態で受粉を行うコウモリは、月齢に合わせたサイクル花粉や蜜を食べに来るのではない。そもそもゲッカビジン受粉関わるような小型のコウモリは、毎日食事しなければ餓死してしまう。従って、月齢に合わせた開花サイクル進化させる必要はなかった。

※この「俗説」の解説は、「ゲッカビジン」の解説の一部です。
「俗説」を含む「ゲッカビジン」の記事については、「ゲッカビジン」の概要を参照ください。


俗説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/03 20:49 UTC 版)

フェルッチオ・ランボルギーニ」の記事における「俗説」の解説

フェルッチオ自動車製造進出するきっかけになった事件として、以下のような俗説が伝わっている。 エアコントラクター当てたフェルッチオは、憧れフェラーリ購入一度御大エンツォ会って話をしたいと思い訪れたが、エンツォフェルッチオ門前払いプライド傷つけられたフェルッチオは「フェラーリ以上の車を作って見返してやる」と心に誓ったトラクター製造販売で財を成したフェルッチオは、当時イタリア成金例に漏れずフェラーリ購入。そのフェラーリ故障した際に送られてきたパーツがランボルギーニ・トラットーリ社で使っていた部品ボーグベッツィクラッチと言われる)と同じ上10倍の値段付いていたことに激怒フェラーリ乗り込み苦情言ったが、成金たわ言と鼻であしらわれ自身自動車の製造販売乗り出すことを決意したのだ(実際は「同じ部品10倍で売れ自動車ビジネスになる」と、自動車製造乗り出す)。 良く知られている彼のモットー; 「(前略)…私は多くのグラン・トゥリズモの中にいくつかの欠点見いだした。暑すぎたり乗り心地悪かったり、十分に速くなかったり、仕上げ完全でなかったりするのだ。今や私は欠点のないグラン・トゥリズモを造りたい。技術的な化け物ではなく正常で、非常に常識的で、しかも完璧なクルマを。」 (他には、この部品をこの値段で買う顧客がいるならいい商売になる、と思いカービジネスを思い立ったという現実的な説もある) フェラーリを買う顧客ターゲットにアウトモービリ・ランボルギーニS.p.A.を設立した。 この俗説の真偽のほど定かではないが、彼が若い頃から熱心なカーマニアで、一時はチューニングカーガレージの経営までしていた点や、当時のフェラーリ・ストラダーレの品質決し高くなかった点、にもかかわらずフェラーリ販売台数が年5000台近い規模膨らんでいた点などを考えれば、全くの的外れとも言えず、事実下地多少ドラマチック仕立てた伝説的俗説と言えるだろう(また、名門フェラーリ高慢さアフターサービスのいい加減さに対する反感ミラノ人とピエモンテ人伝統的な反目、そして洋の東西問わぬ高慢な名門楯突く貧し熱血漢」への共感も、この伝説が信じられる下地となった)。「レースには出ないと言う社是も、自身レース大けがをした事や、当時レース興味を持っていた息子刺激したくなかっという事もあるが、目指していたものフェラーリのようなレーシングスポーツカーではなく快適で高品質高性能GT(グラン・トゥリズモ)だったからからである。エアコンメーカーでもあったので「いくら性能良くても、暑さで隣のご婦人マスカラ取れてしまうような車はダメだ」と、全車エアコン用意した2003年頃日本の自動車雑誌GENROQ」(三栄書房)の企画[要文特定詳細情報]で、漫画家池沢さとしランボルギーニ夫人の元へ取材赴いた際には、フェルッチオエンツォあしらわれたという俗説は、事実とは異なると夫人否定している(実際エンツォフェルッチオは4回会談している)。彼女によると、フェルッチオフェラーリオーナーとなり、実際に使用した結果、その品質疑問持った点までは事実だが、工業機械メーカーオーナーらしく、彼の考えた改善案書簡としてエンツォ・フェラーリ送ったが、丁重な断りの返事届いたそのため、高級GT利益率意外と高いこともあわせて、それならせっかくなので自分で商売してやってみようと、一発奮起してチャレンジした、というのが真相そうであるまた、フェルッチオは、俗説から非常に短気というイメージが強いが、夫人によると、短気であるもの独善的排他的な性質は全くなく、単にチャレンジ精神旺盛決断力富んでいた。事実部下からの提案やみくもに突っぱねるではなく当時のチーフエンジニア・ジャンパオロ・ダラーラからミッドシップ2座スポーツカーミウラ開発進言された時も、一旦は話を聞き腕を組んで考え自分の理想論とは違っていても「まあいい。どうせそんな車、売れないんだから」と容認する器の大きさがあった。 2019年フェルッチオ・ランボルギーニ生涯描いた映画LamborghiniThe Legend」が公開予定主演アントニオ・バンデラス

※この「俗説」の解説は、「フェルッチオ・ランボルギーニ」の解説の一部です。
「俗説」を含む「フェルッチオ・ランボルギーニ」の記事については、「フェルッチオ・ランボルギーニ」の概要を参照ください。


俗説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 15:05 UTC 版)

興良親王」の記事における「俗説」の解説

桜雲記』『信濃宮伝を始めとする近世俗書では、興良親王宗良親王王子(母は狩野長の女・京極局)とされ、護良親王王子陸良親王とは別人扱われている。それらの記すところによれば、興良は駿河狩野長の家に生まれ常陸太守任じられた。正平7年/観応3年1352年)閏2月笛吹峠合戦敗れた後は遠江秋葉城天野景顕を頼って遠江宮とも号した。ところが、正平14年/延文4年1359年4月今川範国攻撃され秋葉城陥落したため、興良は景顕に奉じられて入京し、大叔父二条為定の許に預けられた。やがて武家方囚われて捕虜となり、天授3年/永和3年9月10日1377年10月12日)病のため37歳薨去したという。この説を補強する資料として「天野文書に、正平8年5月上総親王宮が今川範国の手捕らえられた」という記事があると田中義成の『南北朝時代史』第64章に出ています。上総親王宮と常陸太守は同じ意義です。

※この「俗説」の解説は、「興良親王」の解説の一部です。
「俗説」を含む「興良親王」の記事については、「興良親王」の概要を参照ください。


俗説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 14:53 UTC 版)

輸入車」の記事における「俗説」の解説

輸入車全般への俗説(または迷信)もある。 「日本車より輸入車の方故障が多い」または「日本車より輸入車の方安全性が高い(特に安全性前面出して宣伝されているドイツ車スウェーデン車)」などと、ひとまとめ議論しようとする見方があるが、日本車輸入車の間で故障率安全性が異なという事実はない。故障率安全性メーカー設計思想生産国車種年式グレード搭載オプションなどによって差異認められる。 「輸入車多気大排気量車ばかりで燃費も悪い」という意見があるが、近年輸入車は、燃費パワー両立考慮し排気量今までより縮小したガソリンエンジンターボ組み合わせた車種主流である(ダウンサイジングコンセプト)。また、一部高性能車除きエンジン気筒数も抑制されており、例え2016年夏にはDセグメント車種3気筒エンジン車が登場している(BMW 318i)。これらにより、多気大排気量エンジンを持つ車種はむしろ日本車多く残るという逆転現象発生している。

※この「俗説」の解説は、「輸入車」の解説の一部です。
「俗説」を含む「輸入車」の記事については、「輸入車」の概要を参照ください。


俗説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 09:57 UTC 版)

賀茂別雷命」の記事における「俗説」の解説

なお、賀茂別雷命出生についての話と同様の話が『古事記』大物主神比売多多良伊須気余理比売)や『秦氏本系帳』(阿礼乎止女と大山咋神)にもあり、特に後者の話と混同されて、「賀茂別雷命の父は松尾大社大山咋神である」とする話も流布している。

※この「俗説」の解説は、「賀茂別雷命」の解説の一部です。
「俗説」を含む「賀茂別雷命」の記事については、「賀茂別雷命」の概要を参照ください。


俗説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 09:15 UTC 版)

AKB48のコンセプト」の記事における「俗説」の解説

AKB48のコンセプトは「会い行けるアイドル」であるが、AKB48のオーディションで「クラス1番ではない子を集めた」とする俗説があり、これをAKB48のコンセプトであると捉える者がいる。 「AKB48#活動方針・目標・ルールを参照

※この「俗説」の解説は、「AKB48のコンセプト」の解説の一部です。
「俗説」を含む「AKB48のコンセプト」の記事については、「AKB48のコンセプト」の概要を参照ください。


俗説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/23 20:04 UTC 版)

肝吸虫」の記事における「俗説」の解説

芸術家にして美食家北大路魯山人死因として広く知られている説として、「生煮えタニシ好んで食べたため、肝吸虫の重い感染を受けて肝硬変起こして死んだ」とするものがある。しかし肝吸虫中間宿主となるマメタニシ食用となる真のタニシ類とは類縁遠く、また小さくて食用にされることもない当然のことながらマルタニシオオタニシのような一般に食用とされるタニシ肝吸虫寄生していることもない。さらに、マメタニシ第一中間宿主あるため別にこれをヒト生で食べたところで終宿主への感染能力を持つメタセルカリア有しないので、感染源とはならないしたがって、魯山人感染源は、コイフナなどの淡水魚刺身以外に考えにくいとはいうものの淡水産水産物表面には肝蛭のような他の寄生虫の感染態の幼生付着している危険性はあるので、タニシ食べるときは十分火を通して食べるべきではある

※この「俗説」の解説は、「肝吸虫」の解説の一部です。
「俗説」を含む「肝吸虫」の記事については、「肝吸虫」の概要を参照ください。


俗説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/19 22:40 UTC 版)

眼窩上隆起」の記事における「俗説」の解説

眼窩上隆起現生人類では消失している事について、通俗的な説として、現生人類ではそれ以前人類類人猿より大脳の、特に前頭葉発達してその結果として額が前方膨隆し、眼窩上隆起覆い尽くしてしまったとするものがある。しかし、上記のように進化とともに眼窩上隆起内側と外側分割され外側部が先に消失し内側部も続いて縮小したという事実からは、このような説は受け入れられない。つまり、眼窩上隆起は額に飲み込まれたのではなく隆起自体退化し消失したと考えられる右上の絵を見ると、眼窩上隆起は額から独立して大きく突出しており、その消失と額の膨隆無関係であるように見える。ただし実際には、右の写真見ればわかるように、極端に突出しているわけではない。つまり、絵からの推論は必ずしも成立しない

※この「俗説」の解説は、「眼窩上隆起」の解説の一部です。
「俗説」を含む「眼窩上隆起」の記事については、「眼窩上隆起」の概要を参照ください。


俗説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/26 06:58 UTC 版)

飯岡灯台」の記事における「俗説」の解説

カップルで夜景を見に行きそのとき明かりが「LOVE」の字見えれば、そのカップルうまくいく、との言い伝えがある。

※この「俗説」の解説は、「飯岡灯台」の解説の一部です。
「俗説」を含む「飯岡灯台」の記事については、「飯岡灯台」の概要を参照ください。


俗説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/01 18:48 UTC 版)

飯塚染子」の記事における「俗説」の解説

染子は、近衛基熙の娘・熙子が京から入輿の際、侍女であった染子を柳沢吉保秘密裏に仕留めその後柳沢邸を訪れた5代将軍徳川綱吉目に留まり愛妾になったという説や、吉保と間に生まれた吉里綱吉隠し子である等、諸説ある。 しかし、実際には染子は柳沢家家臣の娘に過ぎず大奥上がったという記録もなく、信憑性のないものとされることが多い。こうした説話は主に『護国女太平記』が流布訛伝されたものと考えられている。

※この「俗説」の解説は、「飯塚染子」の解説の一部です。
「俗説」を含む「飯塚染子」の記事については、「飯塚染子」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「俗説」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「俗説」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

俗説のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



俗説のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの噂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのミカエル (改訂履歴)、オサレ (改訂履歴)、藤原京 (改訂履歴)、ポーター (ビール) (改訂履歴)、北川殿 (改訂履歴)、南部重信 (改訂履歴)、カニビル (改訂履歴)、伸長位 (改訂履歴)、フィート (改訂履歴)、六根清浄 (改訂履歴)、ビビディ・バビディ・ブー (改訂履歴)、正家 (改訂履歴)、風が吹けば桶屋が儲かる (改訂履歴)、フーゼル油 (改訂履歴)、ゲッカビジン (改訂履歴)、フェルッチオ・ランボルギーニ (改訂履歴)、興良親王 (改訂履歴)、輸入車 (改訂履歴)、賀茂別雷命 (改訂履歴)、AKB48のコンセプト (改訂履歴)、肝吸虫 (改訂履歴)、眼窩上隆起 (改訂履歴)、飯岡灯台 (改訂履歴)、飯塚染子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS