偽計業務妨害罪とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 偽計業務妨害罪の意味・解説 

偽計業務妨害罪

読み方:ぎけいぎょうむぼうがいざい

業務妨害罪一種である「信用毀損及び業務妨害」の通称虚偽風説の流布もしくは偽計などによって、業務妨害を行う罪。

偽計業務妨害は、刑法233条において規定されている同じく業務妨害罪としては、威力を用いた業務妨害を指す「威力業務妨害罪」がある。偽計業務妨害罪と威力業務妨害罪により、「信用および業務に対する罪」(刑法35章)が構成されている

偽計業務妨害罪を犯した者は、刑法定めにより3年以下の懲役、または、50万円以下の罰金刑に処される。

関連サイト
刑法 - e-Gov

偽計業務妨害罪

読み方:ぎけいぎょうむぼうがいざい

刑法犯一種で、偽計用いて業務妨害を行う罪。偽計とは計略により人を騙し陥れること。偽計業務妨害の罪。

ぎけいぎょうむぼうがい‐ざい〔ギケイゲフムバウガイ‐〕【偽計業務妨害罪】

風説の流布偽計により、他人業務妨害する罪。刑法233条が禁じ、3年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられる。→威力業務妨害罪

[補説] この場合業務とは、営業生産など職業として行う経済活動だけでなく、広く、人の反復的な社会活動一般をさす。


信用毀損罪・業務妨害罪

(偽計業務妨害罪 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/09 00:05 UTC 版)

信用毀損罪・業務妨害罪(しんようきそんざい・ぎょうむぼうがいざい)は、刑法第二編第三十五章「信用及び業務に対する罪」(第233条 - 第234条 - 第234条の2)に規定される犯罪のことである。


  1. ^ 「君が代不起立呼びかけ『罰金』のナゼ 妨害の印象ない」 東京新聞、2006年6月1日。
  2. ^ a b c d e f ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 (2014年). “電子計算機損壊等業務妨害罪(読み)でんしけいさんきそんかいとうぎょうむぼうがい罪”. コトバンク. 2019年9月26日閲覧。


「信用毀損罪・業務妨害罪」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「偽計業務妨害罪」の関連用語

偽計業務妨害罪のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



偽計業務妨害罪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの信用毀損罪・業務妨害罪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS