ストックホルム症候群とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 病気・健康 > 病気・けが > 病気 > 症候群 > ストックホルム症候群の意味・解説 

ストックホルム‐しょうこうぐん〔‐シヤウコウグン〕【ストックホルム症候群】


ストックホルム症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/26 09:27 UTC 版)

ストックホルム症候群(ストックホルムしょうこうぐん、英語: Stockholm syndrome)は、誘拐事件や監禁事件などの犯罪被害者についての臨床において、被害者が生存戦略として犯人との間に心理的なつながりを築くことをいう[1]。ただし臨床心理学における心理障害精神障害)ではなく、心的外傷後ストレス障害として扱われる。スウェーデン国外のメディアが事件発生都市名、ストックホルムに基づいて報道した経緯がある。




  1. ^ Jameson, Celia (2010). “The Short Step From Love to Hypnosis: A Reconsideration of the Stockholm Syndrome”. Journal for Cultural Research (Elsevior) 14.4: 337–355. 
  2. ^ Sundaram, Chandar S. (2013). “Stockholm Syndrome”. Salem Press Encyclopedia. 
  3. ^ a b Fuselier, G. Dwayne (July 1999). “Placing the Stockholm Syndrome in Perspective”. FBI Law Enforcement Bulletin 68: 22. http://www.au.af.mil/au/awc/awcgate/fbi/stockholm_syndrome.pdf. 
  4. ^ Adorjan, Michael; Christensen, Tony; Kelly, Benjamin; Pawluch, Dorothy (2012). “Stockholm Syndrome As Vernacular Resource”. The Sociological Quarterly 53 (3): 454–74. 
  5. ^ “The six day war in Stockholm”. New Scientist 61 (886): 486–487. (1974). http://www.nilsbejerot.se/sexdagar_eng.htm. 
  6. ^ a b Kathryn Westcott (2013年8月22日). “What is Stockholm syndrome?”. BBC News Magazine. 2016年6月23日閲覧。
  7. ^ 日野原重明『人生、これからが本番:私の履歴書』日本経済新聞、2006年。
  8. ^ Kato N; Kawata; M, Pitman RK (2006). PTSD: Brain Mechanisms and Clinical Implications. Springer Science & Business Media. ISBN 978-4-431-29566-2. https://books.google.com/books?id=FUOHCwnHFKUC&pg=PA149&dq=%22Lima+Syndrome%22 
  9. ^ Åse, Cecilia (2015-05-22). “Crisis Narratives and Masculinist Protection” (英語). International Feminist Journal of Politics 17 (4): 595–610. doi:10.1080/14616742.2015.1042296. 
  10. ^ アメリカ精神医学会『DSM-5 精神疾患の分類と診断の手引』医学書院、2014年。
  11. ^ “'Stockholm syndrome': psychiatric diagnosis or urban myth?”. Acta Psychiatrica Scandinavica 117 (1): 4–11. (January 2008). doi:10.1111/j.1600-0447.2007.01112.x. PMID 18028254. 
  12. ^ Young, Elizabeth Aileen (2012-12-31). “The use of the »Brainwashing« Theory by the Anti-cult Movement in the United States of America, pre-1996” (英語). Zeitschrift für junge Religionswissenschaft (7). doi:10.4000/zjr.387. http://journals.openedition.org/zjr/387. 
  13. ^ しげる (2018年4月10日). “「ベルリン・シンドローム」自分探しの一人旅からの拉致監禁、監禁被害者の心理の迫真”. エキレビ!. https://www.excite.co.jp/news/article/E1523289037649/?p=3 2018年11月11日閲覧。 


「ストックホルム症候群」の続きの解説一覧



ストックホルム症候群と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ストックホルム症候群」の関連用語

ストックホルム症候群のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ストックホルム症候群のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのストックホルム症候群 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS