監禁とは? わかりやすく解説

かん‐きん【監禁】

読み方:かんきん

[名](スル)人を一定の所に閉じ込めて行動の自由を奪うこと。「隠れ家に―する」


監禁

作者パトリック・マグラー

収載図書ニュー・ゴシック―ポーの末裔たち
出版社新潮社
刊行年月1992.9


監禁

作者山城達雄

収載図書監禁
出版社日本民主主義文学会
刊行年月2006.7
シリーズ名民主文学


監禁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/28 03:16 UTC 版)

監禁(かんきん、confinement)とは、人を一定の区画などに閉じ込め、そこから出る自由を奪うこと[1]


  1. ^ 広辞苑第六版「監禁」
  2. ^ a b c 「監禁」と「軟禁」の違い毎日新聞、2014年8月5日
  3. ^ 2007年4月18日のFNNに記載


「監禁」の続きの解説一覧

監禁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/28 22:58 UTC 版)

フローレス島事件」の記事における「監禁」の解説

選ばれた20人の女性たちは、5人ずつホテル部屋監禁された1人あたり50ギルダー手渡され受け取り拒否すると、殴る蹴るの暴行受けた女性たちは、スマラン倶楽部性的サービス強要されたともいわれている。怒った女性たち家族友人ホテル取り囲んで抗議した

※この「監禁」の解説は、「フローレス島事件」の解説の一部です。
「監禁」を含む「フローレス島事件」の記事については、「フローレス島事件」の概要を参照ください。


監禁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 06:57 UTC 版)

金嬉老事件」の記事における「監禁」の解説

逃亡中翌日には、同県榛原郡本川根町現・川根本町寸又峡温泉の「ふじみや旅館」で経営者宿泊客ら@media screen{.mw-parser-output .fix-domain{border-bottom:dashed 1px}}13人[要出典]を銃で脅し人質にとって籠城した。 金は、M1カービン用の30弾倉取り付けた豊和工業製の猟銃M300」とダイナマイト武装していた。籠城すると、自ら警察居場所通報し警察民族差別について謝罪することを人質解放条件とした。88時間わたった籠城結果2月24日に金は報道関係者変装した静岡県警察捜査員記者らによって[要出典]取り押さえられ逮捕された。

※この「監禁」の解説は、「金嬉老事件」の解説の一部です。
「監禁」を含む「金嬉老事件」の記事については、「金嬉老事件」の概要を参照ください。


監禁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 07:48 UTC 版)

ゲイリー・ハイドニック」の記事における「監禁」の解説

1986年11月26日フィラデルフィアスラム街客引きをしていた26歳売春婦Aが、新車キャデラック乗ったハイドニックに声をかけられた。そして、ノース・マーシャル・ストリート3520番地にあるハイドニックの自宅ベッドセックスした後、首を絞められて地下室放り込まれる。そこで彼女は小さな穴を見て自分の墓穴だと思い込み泣き叫んだ。ハイドニックはAをなだめると、自分の計画語った。「ここに何人も女たち閉じ込めて私の子供産ませるんだ。大家族作るんだよ」。 11月29日になると25歳のBがAの仲間として連れてこられた彼女は以前、ハイドニックの子妊娠し出産費用として1000ドル渡したにもかかわらず産みくなかっ彼女は中絶しそのことでハイドニックの恨み買っていた。 12月22日には19歳のC、年が明けて1987年1月1日には23歳のD、さらに1月18日には18歳のEがハイドニックの「大家族計画貢献するべく地下室囚人になった彼女たちを鎖に繋いだハイドニックは、連日自分とセックスだけでなく、レズ行為などを強要した他、殴ったり食事与えなかったりして虐待していた。このころになると模範的振る舞ってきたAはハイドニックの信頼勝ち得て特別待遇になっていた。地下室から出てキッチンでハイドニックと食事を共にし、また同伴ではあったが外出許された。

※この「監禁」の解説は、「ゲイリー・ハイドニック」の解説の一部です。
「監禁」を含む「ゲイリー・ハイドニック」の記事については、「ゲイリー・ハイドニック」の概要を参照ください。


監禁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/28 00:48 UTC 版)

フリッツル事件」の記事における「監禁」の解説

1984年8月29日エリーザベトの父はドアを運ぶ助け必要なふりをして彼女を自宅地下室誘い出した。このドア地下室密閉するための最後の部品であったヨーゼフ長さ測っている間、エリーザベトドア支えていた。ドアがはまると、ヨーゼフは彼女の顔めがけてエーテル染み込ませタオル投げエリーザベト意識を失うまで顔に押しつけた彼はその後、彼女を地下室投げ入れドアに鍵を閉めたエリーザベトいなくなると、母は失踪届を書いた。約1か月後、父はエリーザベト地下室無理矢理書かせ初めての手紙警察届けたこの手紙にはブラウナウ・アム・イン消印押されており、彼女は家族飽き飽きして友達一緒にいること、両親自分探すようなことがあれば出国することが書かれていた。ヨーゼフ警察官に対し彼女は狂信的なカルト宗教入った可能性が高い述べたエリーザベトは、最初の数日は壁に体当たりし天井引っ掻き痛み呻き助け求めて苦悶していたことを明らかにしている。彼女の爪は剥がれ、腕に血が垂れるまで指の皮膚引っ掻き続けた数日経つと、彼女は休日ハイキングいっていると思い込もうとした。かつて見たことのある遠くの山を選んで心の中でそこに辿り着くまでの計画立て出発した彼女は地下室階段段数知っていたために電気消し2時間経つと夜明け雰囲気を出すために電気点けた眠りにつく時にはオーストリアの古い賛美歌"Still, Still, Still."を口ずさんだ24年の間、フリッツルは平均して3日1度は彼女を訪れ食糧日用品与えた逮捕後、彼は娘の意志に反して繰り返し近親相姦していたことを認めている。 エリーザベト監禁されている間に7人の子供産んだ1人生後すぐに死にリザモニカアレクサンダー3人幼児の頃に取り上げられ、ヨーゼフとその妻と暮らした夫妻地元社会福祉事務所許可を得て3人養子として育てた当局は、ヨーゼフ3人が家のドア前に置かれていた状況を「非常にもっともらしく説明した述べている。家族の元に何度もソーシャルワーカー訪れたが、不満も聞かず、おかしいと感じることもなかった。 1994年4人目の子供が産まれた後、ヨーゼフエリーザベト子供達のために、地下室それまでの35m2から55m2に拡張した。またテレビラジオビデオ等も与えられた食糧冷蔵庫保存でき、ホットプレート調理することもできた。エリーザベト子供達読み書き教えた。彼らを罰す時にはヨーゼフ数日間地下室電気を消すか、食糧供給止めた.。 ヨーゼフは、エリーザベト3人の子供が脱出企てた時にはガスで殺すつもりだったと供述したが、地下室にはガス管がなかったため、捜査官はこれは単なる脅しであると結論付けたヨーゼフ逮捕後に、もしドア近づく電気ショック死亡する脅しておくだけで十分だった述べた彼の義妹クリスティンによると、ヨーゼフ毎朝9時に、表向きには彼が農家売っていた機械の図面を描くために地下室行っていた。彼はしばしば夜までそこに留まったが、妻はコーヒーを持って行くこと許されていなかった。また、家の1階部分12年間借りていた店子は、地下から声を聞いたが、ヨーゼフガス暖房の音だと答えた述べた

※この「監禁」の解説は、「フリッツル事件」の解説の一部です。
「監禁」を含む「フリッツル事件」の記事については、「フリッツル事件」の概要を参照ください。


監禁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 03:32 UTC 版)

逮捕・監禁罪」の記事における「監禁」の解説

監禁とは、人を一定の限られた場所から脱出することを不可能に或いは著しく困難にすることによって、場所的移動の自由制限することを言う。部屋閉じ込めるなどがその例であり、その中で限られた移動の自由存在しても、そこから外に移動できない場合には、なお監禁罪成立肯定することができる。移動の自由を奪う手段には、逮捕の場と同様法文制限はない(暴行脅迫偽計など様々な手段が有り得る。)。 ここで、監禁は、閉所拘束せずとも、移動脱出不可能又は著しく困難にすれば、例えば(関係を持とうという意図のもと)女性バイク後ろに乗せて走るだけでも成立し、更にここで女性飛び降りるなどして怪我負え監禁致傷罪成立するまた、たとえ被害者自らが監禁されているとの認識を持たなかった場合でも、偽計により生じた錯誤により限られた場所から移動脱出する事を困難にせしめているのであれば、監禁として成立する

※この「監禁」の解説は、「逮捕・監禁罪」の解説の一部です。
「監禁」を含む「逮捕・監禁罪」の記事については、「逮捕・監禁罪」の概要を参照ください。


監禁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/07 23:16 UTC 版)

白い愛の戦士」の記事における「監禁」の解説

塗装職の男性は第5.6,8.10サティアン天井や壁の塗装をし、教団求めに応じて出家したが、11月給料日一ヶ月分として3000渡され日当16000円のはずが一日100円計算されたことで、詐欺とわかり脱走しようとしたが、早川幹部らから「救済のためには手段を選ばない」と告げられ監禁された地下鉄サリン事件以後強制捜査後、脱出成功した。 また男性は、「労働者仲間のうち4人が逃げたが、途中で見つかり、四ヶ月間監禁されスタンガン当てられたり、殴る蹴るの暴行受けた」と証言している。

※この「監禁」の解説は、「白い愛の戦士」の解説の一部です。
「監禁」を含む「白い愛の戦士」の記事については、「白い愛の戦士」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「監禁」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

監禁

出典:『Wiktionary』 (2021/10/12 15:20 UTC 版)

名詞

かんきん

  1. 自由奪ったうえ、一定場所閉じ込めること。

動詞

活用

サ行変格活用
監禁-する

関連語


「監禁」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「監禁」の関連用語

監禁のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



監禁のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの監禁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフローレス島事件 (改訂履歴)、金嬉老事件 (改訂履歴)、ゲイリー・ハイドニック (改訂履歴)、フリッツル事件 (改訂履歴)、逮捕・監禁罪 (改訂履歴)、白い愛の戦士 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの監禁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS