タコ部屋労働とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 就労 > 労働 > タコ部屋労働の意味・解説 

タコ部屋労働

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/24 09:27 UTC 版)

タコ部屋労働(タコべやろうどう)とは、主に戦前北海道で、労働者をかなりの期間身体的に拘束して行われた非人間的環境下における過酷な肉体労働である。タコ労働ともよばれる。


  1. ^ a b c d e f g h i j 田端、桑原、船津、関口 2000, p. 232.
  2. ^ 休泊所. 博物館網走監獄公式サイト.
  3. ^ 田端、桑原、船津、関口 2000, pp. 198–202.
  4. ^ 沢和哉『日本の鉄道 こぼれ話』築地書館、1998年、33頁
  5. ^ a b c 田端、桑原、船津、関口 2000, p. 233.
  6. ^ a b 田端、桑原、船津、関口 2000, pp. 233–234.
  7. ^ a b 田端、桑原、船津、関口 2000, p. 234.
  8. ^ 山田昭次・古庄正・樋口雄一『朝鮮人戦時労働動員』岩波書店、2005年
  9. ^ a b c 田端、桑原、船津、関口 2000, p. 235.
  10. ^ 倉田稔蟹工船および漁夫雑夫虐待事件」、『商學討究』第53巻第1号、小樽商科大学2002年7月25日、 1-31頁、 NAID 110000232030
  11. ^ 臥牛山. 函館新聞電子版 (2008年6月).





タコ部屋労働と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「タコ部屋労働」の関連用語

タコ部屋労働のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



タコ部屋労働のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのタコ部屋労働 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS