カルテルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 経営 > カルテル > カルテルの意味・解説 

カルテル(かるてる)

寡占市場において発生する不当な取り引き制限のこと

少数大企業によって支配されている寡占市場では、販売価格設定する協定を結ぶことによって、人為的な市場コントロール可能となる同一産業の企業間で、自由競争制限し販売価格一定の水準維持したり、引き上げたりすることをカルテル(企業連合)と呼んでいる。

カルテルには、協定価格設定する <価格カルテル> のほかにも、生産量販売数量などを定めて事業活動拘束するものがあるこれらの行為は、市場へ新規参入排除し特定の産業分野における競争をなくすことにつながる。

カルテルは、モノサービス価格不当につり上げ企業にとって利益確保する狙いがある。反面消費者利益損なわれるだけでなく、競争原理中から生まれ技術革新が遅れ、経済全体停滞させるなどの弊害を招く。そこで、独占禁止法はカルテルを禁止している。

以前は不況カルテル合理化カルテル例外的に認められていたが、1999年法改正により、現在では、これらも禁止されている。

(2001.06.05更新


カルテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/31 07:04 UTC 版)

カルテル: Kartell, : cartel)または企業連合きぎょうれんごうとは、企業事業者独占目的で行う価格生産計画・販売地域等の協定である。また、公共事業などにおける競争入札の際、複数の入札参加者が入札価格や落札者などを事前協定しておく談合と呼ばれる商慣習もカルテルないし「不当な取引制限」であり、独占禁止法に抵触するだけでなく、刑法談合罪(刑法96条の6第2項)で処罰される。公共事業などでは競争入札が義務づけられているにもかかわらず発注者が受注者を指名するなど、発注者側(行政などの「官」)がカルテルを主導する汚職官製談合という[1]


注釈

  1. ^ 事前に有力者同士で話し合いを行ない、候補者を調整して選挙戦にならないようにしている地域がある。日本の選挙制度では候補者が一人の場合の信任投票は行われないので無投票にする。但しこういった調整は全国各地の村社会の強いところで行われており、必ずしも山梨県に限られたことではない。
  2. ^ 参加者のアナコンダ鉱山会社リオ・ティントはともにロスチャイルド系。
  3. ^ 1951年旧保険業法改正により保険カルテルが独占禁止法の適用除外対象となっていた。
  4. ^ : International Association for Testing and Materials
  5. ^ 1980年代から1990年代の日本経済が隆盛を誇ったバブル時代に、アメリカを中心とした英語圏ではローマ字で「DANGO」という言葉がそのまま日本の非関税障壁・不公正商習慣を示す英単語として通用したことがあったが、その後はそれほど用いられなくなった。これは「KEIRETSU」、「GYOSEI-SHIDO」等も同様)またスラングとして「ドラフト会議」の語が用いられることがある。
  6. ^ ちなみに、台湾では、日本統治下にあった時代に「談合」が訛って伝えられたため、「団子(をこねる)」という言葉が用いられることもある。
  7. ^ 逮捕時点では、木村以外は知事を辞職し、木村も逮捕後に辞職している。

出典

  1. ^ 『現代用語の基礎知識2019』自由国民社、134頁
  2. ^ fr:Émile Mayrisch#La construction d'une Europe de l'acier も参照
  3. ^ Wendell Berge Cartels: Challenge to a Free World, Public Affairs Press, 1946, p.208.
  4. ^ 平林英勝 日本的独占禁止法の形成と丸山泰男 あるリベラリスト学者官僚の軌跡 2009年
  5. ^ 欧州委員会 Competition: Commission fines members of gas insulated switchgear cartel over 750 million euros Brussels, 24th January 2007
  6. ^ 競争制限という社会的コストが合理化で望める成果に見合うこと(5条2項)、価格協定に基づく共同販売・購入であること(5条3項)
  7. ^ “課徴金制度”. 公正取引委員会 (公正取引委員会). https://www.jftc.go.jp/dk/seido/katyokin.html 2014年5月7日閲覧。 
  8. ^ “「平成最大の公共事業」光ファイバー網を食い物に…“3強連合”主導で600億円を山分け”. 産経新聞. (2010年6月5日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110121/crm11012112590206-n1.htm 2014年5月7日閲覧。 
  9. ^ “中国が農産物価格操作取り締まる方針、反トラスト法違反の調査拡大へ”. ロイター (ロイター通信社). (2013年12月16日). http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTYE9BF04E20131216 2014年5月7日閲覧。 
  10. ^ “矢崎総業に罰金360億円 米でカルテル、幹部禁錮刑”. 日本経済新聞社. (2012年1月31日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM31019_R30C12A1MM0000/ 2014年5月7日閲覧。 
  11. ^ 第2 独占禁止法の適用に関する基本的な考え方 公正取引委員会 「知的財産の利用に関する独占禁止法上の指針」
  12. ^ 浜田純一「再販制度」『知恵蔵2007』朝日新聞社、2007年。2015年11月1日閲覧。
  13. ^ 公正取引委員会『平成26年度年次報告』。2015年11月1日閲覧。
  14. ^ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190621-00010000-kyt-l26


「カルテル」の続きの解説一覧

カルテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/11 07:23 UTC 版)

EDEN 〜It's an Endless World!〜」の記事における「カルテル」の解説

本来の意味は、カルテルを参照エンノイア・バラード組織した国際麻薬組織通称米領バージン諸島脱出したエンノイアとハナコロンビアにて難民として受け入れられた後、トニー・アイモアと共にわずか20年足らず急成長し、世界市場40%をカバーするまでに至った原父連邦が主に扱っているのがヘロインであるのに対し、カルテルでは主にコカイン扱っている本編12年前、カルテルは原父連邦協力して原父内のプロジェクト・プレーローマに協力し、カルテルからはニッコーオブライエン原父側に派遣されていたが、ある事件を境に両者決裂原父はエンノイアの妻子であるハナマナ誘拐し一人逃げ延びエリヤコロンビア脱出した後にペルー行われるはずだった人質取引頓挫してしまった。以後、カルテルはノマド協力し原父連邦との対決色を濃くしていくトニー・アイモア エンノイアの右腕アフリカマリ共和国出身黒人男性で、カルテルの重鎮である。エンノイアの留守中リマ市における組織麻薬市場一切を任されている。エリヤアンデス越えてペルー逃げ込んだ際、カーン大佐らとも関わりを持つうになるエリヤ衣食住教育環境提供していたが、後に彼自身希望を受けてマフィア英才教育を施す。 チャド・ウルスア カルテルの幹部インディオ男性。主に諜報活動担当しているようであるエリヤ何かと世話を焼く過去に起こったある事件きっかけとして、マネーロンダラーの仲介でカルテルに引き合わされた。

※この「カルテル」の解説は、「EDEN 〜It's an Endless World!〜」の解説の一部です。
「カルテル」を含む「EDEN 〜It's an Endless World!〜」の記事については、「EDEN 〜It's an Endless World!〜」の概要を参照ください。


カルテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/03 12:22 UTC 版)

独占」の記事における「カルテル」の解説

市場複数ある同業会社同士供給量などで協定を結び、価格維持したりする形態資本関係ではないので、政治背景によりしばしば国境を越えるポイボス・カルテルなどの例がある。日本では戦前電力連盟オイルショック時代不況カルテル多数。緩いカルテルは抜け駆けによってシェア拡大を図る好機となる(チリ硝石カルテルなど)。抜け駆け閨閥およびその他人的関係を構築して防ぐ。

※この「カルテル」の解説は、「独占」の解説の一部です。
「カルテル」を含む「独占」の記事については、「独占」の概要を参照ください。


カルテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 00:24 UTC 版)

パワーレンジャー・RPM」の記事における「カルテル」の解説

コリンス暗黒街牛耳っている複数マフィア組織で、ボスはフレズノ・ボブ。ある出来事きっかけで、ジギー追っている。

※この「カルテル」の解説は、「パワーレンジャー・RPM」の解説の一部です。
「カルテル」を含む「パワーレンジャー・RPM」の記事については、「パワーレンジャー・RPM」の概要を参照ください。


カルテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/07 01:57 UTC 版)

セメダイン」の記事における「カルテル」の解説

1987年にシリコーンシーリング材メーカー11社が独占禁止法違反価格協定したとして、1988年公正取引委員会から勧告審決受けた

※この「カルテル」の解説は、「セメダイン」の解説の一部です。
「カルテル」を含む「セメダイン」の記事については、「セメダイン」の概要を参照ください。


カルテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 09:24 UTC 版)

ワイヤーハーネス」の記事における「カルテル」の解説

メーカー車種ごとに専門性高くなる傾向があり、過去に特定の事業者による大規模なカルテルが結ばれたケースもあった。アメリカ合衆国におけるカルテル(反トラスト法違反)の罰金額の最高事例は、自動車用ワイヤーハーネスをめぐるカルテルであり、2011年日本の矢崎総業デンソーに対して計5億4800ドル支払い命じられものである

※この「カルテル」の解説は、「ワイヤーハーネス」の解説の一部です。
「カルテル」を含む「ワイヤーハーネス」の記事については、「ワイヤーハーネス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「カルテル」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

カルテル

出典:『Wiktionary』 (2021/07/14 12:16 UTC 版)

語源

名詞

カルテル

  1. (経済, 法律) 企業連合 : 独占形態のひとつで、企業協定により、市場に対する価格供給量供給市場等を、当該企業間調整すること。大概の国においては独占禁止法またはそれに順ずる法律で「不当取引制限」と呼ばれ原則として禁止されている

発音(?)

か↘るてる

派生語

類義語

翻訳


「カルテル」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



カルテルと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カルテル」の関連用語

カルテルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カルテルのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2023 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカルテル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのEDEN 〜It&#39;s an Endless World!〜 (改訂履歴)、独占 (改訂履歴)、パワーレンジャー・RPM (改訂履歴)、セメダイン (改訂履歴)、ワイヤーハーネス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのカルテル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS