トラストとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 様子 > 形態 > トラストの意味・解説 

トラスト【(英)・(フランス)trust/(ドイツ)Trust】

読み方:とらすと

信頼すること。信用。「―ミー(=私を信じなさい)」

同一業種各企業独占的利益を得ることを目的に、資本的に結合する一形態カルテル異なり各企業独立性はほとんど失われる企業合同

ナショナルトラスト」の略。「―運動


特定非営利活動法人トラスト

行政入力情報

団体名 特定非営利活動法人トラスト
所轄 堺市
主たる事務所所在地 堺市堺区南瓦町1番19号グラン・ビルド堺東403
従たる事務所所在地
代表者氏名 北本 正明
法人設立認証年月日 2006/11/29 
定款記載され目的
この法人は、地域住民すべてに対して地域住民同士助け合い一緒に地域支えあっ障害者(児)・高齢者介護に関する事業を行うことにより、もって地域福祉推進寄与することを目的とする。 
活動分野
保健・医療福祉     社会教育     まちづくり    
観光     農山漁村中山間地域     学術・文化芸術スポーツ    
環境保全     災害救援     地域安全    
人権・平和     国際協力     男女共同参画社会    
子どもの健全育成     情報化社会     科学技術振興    
経済活動活性化     職業能力雇用機会     消費者保護    
連絡助言援助     条例指定    
認定
認定・仮認定
認定   認定   旧制度国税庁)による認定   認定更新中  
PST基準
相対値基準     絶対値基準     条例指定()    
認定開始日:       認定満了日:       認定取消日:   
認定年月日:    認定満了日:    認定取消日:   
閲覧書類
監督情報
解散情報
解散年月日  
解散理由  

トラスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 08:02 UTC 版)

トラスト(trust)は、英語で信頼信用を意味する。




「トラスト」の続きの解説一覧

トラスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/02 17:02 UTC 版)

ウィリアム・C・デュラント」の記事における「トラスト」の解説

デュラント合計25社をグループ企業とした。その内訳は自動車メーカー11照明機器メーカー2、自動車部品メーカー関連メーカー12だった。 最初の2年で、デュラント30社をGMに組み入れたそのうち自動車メーカー11社あった。デュラント最終的に13の自動車メーカー部品メーカー、アクセサリーメーカーを買収し組み入れたデュラント会社経営それぞれに任せ分権型であり、意思決定一元化ようとしたヘンリー・フォードとは対照的であった。しかし親会社GMに利益もたらしていたのはビュイック社とキャディラック社のみであり、特にビュイック社の利益他の子会社存続できていたというのが経営実態だった。 デュラント買収した会社には以下のような会社がある。1909年には、のちにACスパークプラグになりACデルコ統合されることになるチャンピオン・イグニッション・カンパニー(Champion Ignition Company)がGM傘下となる。ミシガン州ポンティアックのラピッド・モーター・ビークル・カンパニー(Rapid Motor Vehicle Company)、ミシガン州Owossoのリライアンス・モーター・トラック・カンパニー(Reliance Motor Truck Co.)。後2社は1911年GMトラックとなる。無段変速機技術であるフリクションドライブ技術保有していたバイロン・J・カーターの「カーターカー・モーターカー・カンパニー(Cartercar Motorcar Company)」も買収したキャディラックでのセルモーター開発の契機となったのはヘンリー・リーランド友人バイロン・J・カーターの死を悲しんでのことだった。 さらにトーマス・フライヤーなどで有名なERトーマス社(E. R. Thomas Motor Car Co.,)とフォード社デュラント買収対象だった。デュラントは「950ドルでならフォードを売る」としたフォード合意得てフォード社買収寸前までいったが、フォード社から提示され買収資金950ドル土壇場銀行拒否され実現しなかった。この時点でも金融界フォード社に対する(当時の)950ドルはいまだリスクとみていた。(フォードしてみれば950ドルあれば新たな会社一から作れるとの確信を持って合意だった。)

※この「トラスト」の解説は、「ウィリアム・C・デュラント」の解説の一部です。
「トラスト」を含む「ウィリアム・C・デュラント」の記事については、「ウィリアム・C・デュラント」の概要を参照ください。


トラスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/03 12:22 UTC 版)

独占」の記事における「トラスト」の解説

市場複数ある同業会社合併買収することによって市場一社支配すること。例にUSスチール日本発送電IG・ファルベンインドゥストリーなど。

※この「トラスト」の解説は、「独占」の解説の一部です。
「トラスト」を含む「独占」の記事については、「独占」の概要を参照ください。


トラスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/12 08:31 UTC 版)

陰謀の惑星 シャンカラ」の記事における「トラスト」の解説

宇宙港で働く労働者たちの集団で正式名称は「宇宙労働組合」。宇宙港所有するボルジアとは深いつながりを持つが、構成員たちはボルジア手を切りたがっており、ボルジアに対する支持度は他よりそれほど高いわけではない

※この「トラスト」の解説は、「陰謀の惑星 シャンカラ」の解説の一部です。
「トラスト」を含む「陰謀の惑星 シャンカラ」の記事については、「陰謀の惑星 シャンカラ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「トラスト」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「トラスト」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



トラストと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「トラスト」に関係したコラム

  • ETFを上場している企業の一覧

    ETFを上場するには、証券取引所の定める上場審査基準や適時開示基準、上場廃止基準といったさまざまな基準をクリアする必要があります。2012年9月現在、ETFを上場している企業は17社あります。上のグラ...

  • 株式の大型株とは

    東京証券取引所(東証)では、規模別株価指数の算出のために一部上場銘柄を大型株、中型株、小型株の3つに分類しています。その基準は、時価総額や株式の流動性などによって順位づけしたものになっています。大型株...

  • 株365の株価指数に採用されている銘柄

    株365の銘柄の価格は、株価指数に採用されている銘柄の価格をもとにして算出されます。株価指数に採用されている銘柄はその国を代表するような優良企業であることが多く、また、取引高も多く市場から注目されてい...

  • 株主優待銘柄とは

    株主優待銘柄とは、株主に対する還元策の1つとして商品券や割引券など配布している銘柄のことです。企業は、株主還元のため、また、株主の獲得のためにさまざまな株主優待を用意しています。株主優待は、1単元でも...

  • 株式の投資基準とされるPBRとは

    株式の投資基準とされるPBR(Price Book-value Ratio)とは、時価総額が株主資本の何倍かを示す指標のことで、株価純資産倍率とも呼ばれています。PBRは、次の計算式で求めることができ...

  • 株式の投資基準とされるPERとは

    株式の投資基準とされるPERとは、株価収益率のことです。PERは、次の計算式で求めることができます。PER=株価÷EPSEPSは、1株当たりの利益額のことで、「当期純利益÷発行済み株式数」で計算されま...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「トラスト」の関連用語

トラストのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



トラストのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
内閣府NPOホームページ内閣府NPOホームページ
Copyright (c)2022 the Cabinet Office All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトラスト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのウィリアム・C・デュラント (改訂履歴)、独占 (改訂履歴)、陰謀の惑星 シャンカラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS