企業合同とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 企業合同の意味・解説 

き ぎょうごうどう -げふがふ- [4]企業合同

企業集中きぎようしゆうちゆう


トラスト (企業形態)

(企業合同 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/15 20:33 UTC 版)

トラスト英語: trust)とは企業合同とも訳され、同一業種の複数の企業株式の買収や持合い、受託をおこなったり、また、持ち株会社を設立し同種企業を傘下に持つなどにより事実上企業として一体化させる、企業経営の形態のひとつ。


  1. ^ 株式の保有とは、株式の取得もしくは所有をいう。
  2. ^ 会社以外の者とは、会社法などで規定される株式会社相互会社合名会社合資会社合同会社、または外国会社以外の者をいい、事業者であるか否かを問わない。具体的には、財団法人社団法人特殊法人地方公共団体金庫組合個人など株式を保有し得るすべての者が含まれる。
  3. ^ 企業結合審査に関する独占禁止法の運用指針(公正取引委員会)
  4. ^ 19世紀の米国で株式会社(コーポレーション)に課せられた規制を回避するために利用された企業形態としては、信託(ビジネス・トラスト)の他に組合(パートナーシップ)がある。


「トラスト (企業形態)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「企業合同」の関連用語

企業合同のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



企業合同のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトラスト (企業形態) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS