独占とは? わかりやすく解説

どく‐せん【独占】

読み方:どくせん

[名](スル)

自分ひとりだけのものにすること。ひとりじめ。「人気を―する」

特定の資本他の競争者排除し生産市場支配している状態。


独占

市場での競争状態のひとつで、理論的には、1企業が1産業全体あるいは1市場全体占めていること。現実にそのような純粋完全独占はまれであり、一般的には売り手価格操作市場での取引条件操作をもって釣る寡占の状態や、不完全独占の状態まで含めて考えることが多い。また、マルクス経済学では独占を大きなテーマとして扱っており、「少数大企業市場に対して影響与えている状態」としている。企業他の企業事業活動排除支配できる状況である。

独占

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/03 12:22 UTC 版)

独占(どくせん、: monopoly)・壟断(ろうだん)とは、特定の企業が、他の競争者を排除して販売市場や原料資源地などを支配し、利益を貪る経済構造である[1]。規制対象としての独占は語義として複占寡占もふくむ。日米など限られた国では市場の失敗の原因として各国の独占禁止法等により規制するが、自然独占およびその他さまざまな例外的あつかいもなされている。


  1. ^ 『広辞苑』
  2. ^ Stephen Birmingham, Our Crowd, Harper & Row, 1967.
  3. ^ 志村嘉一 『銀行集中と産業支配』 東洋経済新報社 1970年
  4. ^ ヴァイマル共和政下の1922年、フリードリヒ・ヴィルヘルム会社(Friedrich Wilhelm, Preussische Lebens- und Garantie-Versicherungs-Actien-Gesellschaft)がゲーリング生命保険会社(Gerling)に吸収され、保険トラストを形成した。
  5. ^ 英語ではコングロマリット。日本では財閥が相当するが、同族経営は独占の目安でこそあれ要素とはならない。
  6. ^ スイス再保険編 越知隆訳 『世界の保険市場』 保険研究所出版部 1966年
  7. ^ 完全競争下では、競争相手がより低い価格をつけて商品シェアを奪うかも知れないのに対し、独占市場ではその心配がないからである。
  8. ^ 商品を完全競争下なみに多く売るには、より多くの消費者に商品を買ってもらう為、完全競争下なみに価格を引き下げねばならなくなってしまうからである。


「独占」の続きの解説一覧

独占

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 15:40 UTC 版)

AT&Tコーポレーション」の記事における「独占」の解説

20世紀のほとんどの期間、AT&Tベルシステム呼ばれる会社ネットワークを通じてアメリカとカナダ電話サービス独占していた。この頃同社Ma Bell("mother Bell"の略)という愛称呼ばれていた。 1907年4月30日セオドア・ニュートン・ベイルAT&T社長に就任したベイル全米1つ電話システム統一されているのが良い考えAT&Tは"One Policy, One System, Universal Service"というスローガンを掲げた。これがその後70年間の同社理念となったベイルの下で、AT&Tウエスタンユニオン電信会社など多くの小さな電話会社買収し始めたこれにより反トラスト規制当局から目をつけられることになった政府からの反トラスト訴訟避けたいAT&Tは、連邦政府とキングスベリー契約英語版)として知られる合意結んだ。この契約により、政府は、定期的に規制当局監視を受けるという条件で、AT&T独占事業継続することを認めたこの状態は、1984年会社が解体されるまで続いた

※この「独占」の解説は、「AT&Tコーポレーション」の解説の一部です。
「独占」を含む「AT&Tコーポレーション」の記事については、「AT&Tコーポレーション」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「独占」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

独占

出典:『Wiktionary』 (2021/08/07 05:32 UTC 版)

名詞・サ変動詞

どくせん・する)

  1. 独りだけで占有すること。
  2. 生産市場支配して利益独りだけで占有すること。
  3. 経済売り手又は買い手主体一人であり、価格形成一方によりなされる経済状態一般に売り手独占の場合を言う。

活用

サ行変格活用
独占-する

類義語

関連語

翻訳


「独占」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「独占」の関連用語

独占のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



独占のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2023by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの独占 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのAT&Tコーポレーション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの独占 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS