機会費用とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 経営 > 費用 > 機会費用の意味・解説 

き かいひよう -くわい- [4] 【機会費用】

財をある目的に用いたために放棄された他の利用方法から得られるであろう利得のうち最大のもの。

機会コスト

読み方:きかいコスト
別名:機会費用

1つのことを選択実行した場合の、別の選択肢実行していた場合に得られていたであろう利益のこと。会計学上の利益ではなく経済学上で利益を指す。

機会コストは、例えば「アルバイトへ行かなかった」ことに対する「アルバイトへ行った時のアルバイト料」である。また、アルバイト料を自宅保管していた」ことに対する「アルバイト料を銀行預金して得られる金利」でもある。

機会費用

 労働等の生産要素特定の用途利用することについて、(その特定分野以外の)他の分野投入したならば得られたであろう最大貨幣額のこと。例えば、大学進学する機会費用とは、大学進学せずに働いた場合給料などが当てはまる。

機会費用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/03 02:00 UTC 版)

機会費用(きかいひよう、: opportunity cost)とは、時間の使用・消費の有益性・効率性にまつわる経済学上の概念であり、複数ある選択肢の内、同一期間中に最大利益を生む選択肢とそれ以外の選択肢との利益の差のこと。最大利益を生む選択肢以外を選択する場合、その本来あり得た利益差の分を取り損ねていることになるので、その潜在的な損失分を他の選択肢を選ぶ上での費用(cost)と表現している。




  1. ^ ロバート・H・フランク 『日常の疑問を経済学で考える』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2013年、113頁。
  2. ^ ロバート・H・フランク 『日常の疑問を経済学で考える』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2013年、137頁。
  3. ^ ロバート・H・フランク 『日常の疑問を経済学で考える』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2013年、318頁。
  4. ^ 日本経済新聞社編 『世界を変えた経済学の名著』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2013年、120頁。


「機会費用」の続きの解説一覧



機会費用と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「機会費用」の関連用語

機会費用のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



機会費用のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
農林水産省農林水産省
Copyright:2019 The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの機会費用 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS