外部性とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 外部性 > 外部性の意味・解説 

外部性

読み方:がいぶせい

名詞外部」に、接尾辞「性」がついたもの
日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

外部性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/17 13:36 UTC 版)

外部性(がいぶせい、: Externality)は、ある経済主体の意思決定(行為・経済活動)が他の経済主体の意思決定に影響を及ぼすことをいう。一般に経済学では、ある経済主体の意思決定は他の経済主体の意思決定に影響を及ぼさないと仮定するが、現実には他の経済主体の影響を無視できない場合がある。そこで、そのような場合に対処するために考案された概念が外部性である。




  1. ^ どちらの場合も、社会全体の利益(=住民の利益+企業の利益-費用負担)は同じであることに留意されたい。


「外部性」の続きの解説一覧



外部性と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「外部性」の関連用語

外部性のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



外部性のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの外部性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS