取引コストとは?

とり ひきコスト [5] 【取引コスト】

取引そのもの成立するために必要となる費用情報収集費や危険負担費など。

取引コスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/17 06:35 UTC 版)

経済学とその関連した学問分野において、取引コスト(とりひきこすと、: transaction cost)とは経済取引を行うときに発生するコストである。例えば、株の売買をする時に大抵の人はブローカーに仲介手数料を払わなければならない。この仲介手数料が株取引の取引コストである。


  1. ^ a b c Cordella, A. & Simon, K.A. (1997), 'The Impact of Information Technology on Transaction and Coordination Cost', Conference on Information Systems Research in Scandinavia (IRIS 20), Oslo, Norway, August 9-12
  2. ^ a b Cordella, Antonio (2006). Transaction costs and information systems: does IT add up?, Journal of Information Technology, 21, 195–202[1]
  3. ^ a b Cordella, A. (2001), 'Does Information Technology Always Lead to Lower Transaction Costs?', The 9th European Conference on Information Systems, Bled, Slovenia, June 27-29
  4. ^ Malone, T. W., J. Yates and R. I. Benjamin (1987), "Electronic Markets and Electronic Hierarchies," Communications of the ACM, 30, 484-497.


「取引コスト」の続きの解説一覧



取引コストと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「取引コスト」の関連用語

取引コストのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



取引コストのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの取引コスト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS