フランチャイズとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 経営 > フランチャイズ > フランチャイズの意味・解説 

フランチャイズ

別名:フランチャイズチェーンフランチャイズ方式FC方式

本部」が「加盟店に対して自社商品販売権営業手法ブランド使用権などを認め統一ブランドのもとに営業を展開、そのようにして加盟店得た利益一部本部対価として受け取る、といったビジネスモデルコンビニエンスストアをはじめレストランなどの飲食店小売店サービス業でも多く導入されている。

フランチャイズ方式において事業提供する本部」はフランチャイザーfranchisor)とも呼ばれる。その提供を受ける加盟店フランチャイジーfranchisee)と呼ばれる。気歩的に本部直接に出店経営を行う「直営店方式対比される

フランチャイズ方式においては開店運営に必要となる資金土地人員などを加盟店フランチャイジー)が自らの出資によって用意しノウハウを本部から得て利益を得るすでにある程度確立されたノウハウブランド力得られるため、安定した事業運営見込める本部にとっても開店に伴う各種出資削減しつつ事業規模拡大できるというメリットがある

関連サイト:
フランチャイズ、フランチャイズチェーン、フランチャイズビジネスとは? - 一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会

フランチャイズ【franchise】


フランチャイズ(ふらんちゃいず)


フランチャイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/09 16:08 UTC 版)

流通におけるフランチャイズ:franchise、franchising)とは、事業形態(ビジネスモデル)のひとつ。


  1. ^ フランチャイズWEBリポート『フランチャイザー』とは?”. Dai. 2018年5月25日閲覧。
  2. ^ フランチャイズWEBリポート『フランチャイジー』とは?”. Dai. 2018年5月25日閲覧。
  3. ^ 財賀礪至「フランチャイズ・システムに関する研究」『日本経営診断学会年報』第20巻、日本経営診断学会、1998年、 129-137頁、 doi:10.11287/jmda1969.20.129
  4. ^ 犬飼知徳「日本のフランチャイズ組織の特徴」『香川大学経済論叢』第82巻第1号、香川大学経済研究所、2009年9月、 145-159頁、 ISSN 0389-3030
  5. ^ 小本恵照「フランチャイズ契約が加盟店の廃業に与える影響」『流通研究』第8巻第3号、日本商業学会、2006年、 1-15頁、 doi:10.5844/jsmd.8.3_1ISSN 1345-9015
  6. ^ システムのご紹介 センチュリー21ジャパン、2015年8月11日閲覧。
  7. ^ ENEOSフロンティアりゅうせきなど。
  8. ^ フランチャイズ事業 壱番屋、2015年2月22日閲覧。
  9. ^ モスバーガー、なぜ好調?マックとの明暗を分けた、商品力とFC店舗力の秘密(2ページ目) Business Journal、2014年2月16日(2015年2月22日閲覧)。
  10. ^ a b 小本恵照「創業期におけるフランチャイズの機能」『国民経済雑誌』第193巻第6号、神戸大学経済経営学会、2006年6月、 1-16頁、 doi:10.24546/00056075
  11. ^ 3.フランチャイズ・システムの特徴(メリット・デメリット) | JFAフランチャイズガイド”. fc-g.jfa-fc.or.jp. 2020年5月9日閲覧。
  12. ^ 過労死 ファミマが認め和解 月200時間超残業 毎日新聞 2016年12月30日
  13. ^ セブン、時短店の契約解除 物言うオーナー排除か” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2020年5月9日閲覧。
  14. ^ セブン、東大阪の時短店主と契約解除へ 「接客に苦情」” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年5月9日閲覧。



フランチャイズ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 09:13 UTC 版)

語源

名詞

  1. 特権
  2. 一手販売

「フランチャイズ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



フランチャイズと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

フランチャイズのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フランチャイズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2022 時事用語のABC All Rights Reserved.
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフランチャイズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのフランチャイズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS