粗利益とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 会計 > 利益 > 粗利益の意味・解説 

粗利

読み方:あらり
別表記:粗利益

粗利とは

粗利とは、粗利益のことで、売上高から売上原価差し引いた金額のことである。簡単にいえば、モノサービスを売った時の稼ぎである。売上総利益ともいう。

粗利は、売上原価抑えることで増やすことができる。粗利が売上高に対してどの程度占めているのかを知る指標粗利率という。粗利率計算式は次の通りである。

粗利率(%)=粗利÷売上高×100

例えば、売上高50万円、粗利が20万円場合粗利率40%となる。

ちなみに損益計算書P/L)では、利益は5つに分類される。粗利(売上総利益)から販管費差しいたもの営業利益である。そして、営業利益から営業外費用営業外収益差しいたもの経常利益である。さらに、経常利益から特別損失特別利益差しいたもの税引前当期利益で、税引前当期純利益から法人税などを差しいたもの当期純利益である。

あら‐りえき【粗利益/荒利益】

売上高から売上原価差し引いた額。大まかに示される利益売上総利益粗利


粗利益

荒利益とも書き商品販売価格から仕入原価差し引いた金額をいう。たとえば500円仕入れ商品1000円販売すると粗利益は500円となる。この粗利益の販売価格対す比率粗利益率という。粗利益率が低い商品大量販売をしなければ商売ならないが、粗利益率の高い商品少量販売でも採算がとれることになり、粗利益率販売方法大きな影響与える。これまでは、売上高重視経営主流占めていたが、最近では利益重視経営比重移りつつあり、この粗利益の確保大きなポイントとなってきている。一般的に専門店粗利益率が高く、スーパー・マーケットやディスカウンターの粗利益率小さい。

粗利益

読み方あらりえき

ある会計期間において、売上から売上原価差し引いた利益のことです。売上総利益ともいいます。


売上総利益

(粗利益 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/23 23:46 UTC 版)

売上総利益(うりあげそうりえき、: gross margin)とは、売上高から売上原価を差し引いたもの。粗利益(あらりえき)、荒利益ともいう。




「売上総利益」の続きの解説一覧



粗利益と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「粗利益」の関連用語

粗利益のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



粗利益のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2020by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
株式会社シクミカ株式会社シクミカ
Copyright (C) 2020 株式会社シクミカ. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの売上総利益 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS