会計学とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 専攻 > 学問 > 会計学の意味・解説 

かいけい‐がく〔クワイケイ‐〕【会計学】

読み方:かいけいがく

財産および損益に関する計算研究の対象とする学問


会計学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 04:27 UTC 版)

会計学(かいけいがく、: accounting)は、社会科学の1つ。企業官庁、学校、家計(基本的には企業を対象としている)など一定の経済主体が行う会計行為、すなわち、富の存在とその変動に伴う損益とに関する計数的情報の認識・測定と伝達の行為を対象とし、法則性格構造などを、首尾一貫した理論的体系をもって解明しようとする学問のことである。なお、企業会計の他にも社会会計、非営利組織会計、環境会計、マテリアルフローコスト会計、公会計等、様々な会計領域・分類がある。大正時代には「accounting」の訳語として「会計学」か「計理学」どちらにするかの論争があった。「会計学」を主張した学派の代表は神戸高等商業学校(現神戸大学)教授東奭五郎であり、「計理学」を主張した学派の代表は東京高等商業学校(現一橋大学)教授鹿野清次郎であった[1]


注釈

  1. ^ 両者の違いは、実験のセッティング、参加者間の相互作用の有無、依拠する理論的基盤の相違、パフォーマンスに応じた謝金の支払の有無等(上枝 [2007]、192頁)。

出典

  1. ^ 専修大学の歴史編集委員会編[2009]『専修大学の歴史』平凡社、138頁
  2. ^ 薄井彰 [2015]『会計制度の経済分析』中央経済社、27頁
  3. ^ 伊藤邦雄 [2016]『新・現代会計入門 第2版』日本経済新聞出版社、55頁
  4. ^ 薄井彰 [2015]『会計制度の経済分析』中央経済社、28頁
  5. ^ a b 薄井彰 [2015]『会計制度の経済分析』中央経済社、29頁
  6. ^ Smith著、平松監訳 [2015]、180頁。
  7. ^ a b Smith著、平松監訳 [2015]、67頁。
  8. ^ Smith著、平松監訳 [2015]、144頁。
  9. ^ 設立趣意書の中において、“国際会計研究学会の設立は、日本会計研究学会を母体とする会計研究の分化的な進展にとって重要な貢献を果たしうると思われること”と記している。p113『日本会計研究学会50年史』昭和62年5月25日発行 日本会計研究学会
  10. ^ “会計学会の分化の流れに乗って簿記学会を作ろうではないかという……昭和59年5月24日、中央大学で開かれた日本会計研究学会第43回大会の晩餐の席であった。”p117『日本会計研究学会50年史』昭和62年5月25日発行 日本会計研究学会



会計学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/01/01 13:11 UTC 版)

山東財経大学」の記事における「会計学」の解説

山東財政学院会計学院は1988年設立され学校中で最も早く設立した二つ分野一つであり、中国会計学会と中国会計教授理事学院となっている、会計学、財務管理二つ専攻があり、院生学部生1,200人、教師41人、教授13人在籍。 会計学専攻国家管理専攻山東省重点学科でもある近年多数国家、省クラス研究課題完成し中でも管理会計CAI研究成果国内CAIソフト開発に先立ち省内初めてのものである。 会計学専攻目的社会発展需要に対応でき、政府機関会計士事務所金融保険業財務会社会計アドバイザー資産審査事務所などの任に堪えうる応用型と複合型専門的人材を育成することである。 会計学院と台湾淡江大学会計学院は緊密な交流合作関係を持ち2002年には“第6回海峡両岸会計管理学術研討会”が開催された。

※この「会計学」の解説は、「山東財経大学」の解説の一部です。
「会計学」を含む「山東財経大学」の記事については、「山東財経大学」の概要を参照ください。


会計学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 04:56 UTC 版)

租税法」の記事における「会計学」の解説

会計学のうち企業財政状態利益測定する計算原理計算制度研究するもののうち、企業利益となる課税所得算定に関する部分租税会計論という。

※この「会計学」の解説は、「租税法」の解説の一部です。
「会計学」を含む「租税法」の記事については、「租税法」の概要を参照ください。


会計学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/18 01:01 UTC 版)

ミクロ・マクロ・ループ」の記事における「会計学」の解説

会計は、企業行動少数情報集約して関係者(投資家経営者)に報告説明するものであるR.サイモンは、自律的組織においてはダブル・ループ学習重要である指摘している。cは、これを受けて管理会計が担うべき役割として、ミクロ・マクロ・ループ構築挙げている。 この系列属す議論としては、以下がある。 廣本敏郎ミクロ・マクロ・ループとしての管理会計」『一橋論叢132(5): 583-606, 2004. 廣本敏郎編著自律的組織経営システム森山書店、2009.7.特に第1、2、6、9、14章大西淳也管理会計行政への活用に当って考察」『信州大学経済学論集』(69): 1-23, 2009.

※この「会計学」の解説は、「ミクロ・マクロ・ループ」の解説の一部です。
「会計学」を含む「ミクロ・マクロ・ループ」の記事については、「ミクロ・マクロ・ループ」の概要を参照ください。


会計学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 17:01 UTC 版)

ゲーム理論」の記事における「会計学」の解説

会計学の分野では1980年代から既にシャープレー値や仁といった協力ゲーム解概念費用分担問題など積極的に応用されていた。近年では会計制度性質位置付け大きく変容していることから事実解明的な方法用いて新たな会計制度設計する必要性が高まっており、非協力ゲーム理論の手法を用いて情報開示制度内部統制監査制度会計専門職教育制度などの会計制度分析する研究現れているゲーム理論実験経済学の手法を応用した先駆的な研究により『実験制度会計論』は2015年日経・経済図書文化賞受賞している。

※この「会計学」の解説は、「ゲーム理論」の解説の一部です。
「会計学」を含む「ゲーム理論」の記事については、「ゲーム理論」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「会計学」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

会計学

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 03:35 UTC 版)

名詞

   (かいけいがく)

  1. 企業などの会計について研究する学問アカウンティング

翻訳


「会計学」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



会計学と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「会計学」の関連用語

会計学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



会計学のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの会計学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの山東財経大学 (改訂履歴)、租税法 (改訂履歴)、ミクロ・マクロ・ループ (改訂履歴)、ゲーム理論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの会計学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS