accountingとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > accountingの意味・解説 

アカウンティング【accounting】

会計経理会計報告決算

コンピューターシステム使用料金を、運転時間利用度などに応じて算出すること。


会計

(accounting から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/10 01:14 UTC 版)

会計(かいけい、英語: Accounting, Accountancy)とは、委託・受託関係において、受託者がその委託者に、委託された活動の状況について説明ないし釈明(account for)する行為を言う。受託者は委託者に対して活動の記録と報告を行うことで、受託責任が適切に遂行されたことを証明しようとする。その重要性から世界共通のビジネススキルと言われてもいる[1]


  1. ^ ビジネスマンに簿記は不要!「会計」は歴史を学べばスラスラ分かる”. ダイヤモンド・オンライン (2019年4月4日). 2021年10月1日閲覧。


「会計」の続きの解説一覧

会計学

(accounting から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/13 17:11 UTC 版)

会計学(かいけいがく、: accounting)は、社会科学の1つ。企業官庁、学校、家計(基本的には企業を対象としている)など一定の経済主体が行う会計行為、すなわち、富の存在とその変動に伴う損益とに関する計数的情報の認識・測定と伝達の行為を対象とし、法則性格構造などを、首尾一貫した理論的体系をもって解明しようとする学問のことである。なお,企業会計の他にも社会会計,非営利組織会計,環境会計,マテリアルフローコスト会計,公会計等,様々な会計領域・分類がある。


注釈

  1. ^ 両者の違いは、実験のセッティング、参加者間の相互作用の有無、依拠する理論的基盤の相違、パフォーマンスに応じた謝金の支払の有無等(上枝 [2007]、192頁)。

出典

  1. ^ 薄井彰 [2015]『会計制度の経済分析』中央経済社、27頁
  2. ^ 伊藤邦雄 [2016]『新・現代会計入門 第2版』日本経済新聞出版社、55頁
  3. ^ 薄井彰 [2015]『会計制度の経済分析』中央経済社、28頁
  4. ^ 薄井彰 [2015]『会計制度の経済分析』中央経済社、29頁
  5. ^ 薄井彰 [2015]『会計制度の経済分析』中央経済社、29頁
  6. ^ Smith著、平松監訳 [2015]、180頁。
  7. ^ Smith著、平松監訳 [2015]、67頁。
  8. ^ Smith著、平松監訳 [2015]、144頁。
  9. ^ Smith著、平松監訳 [2015]、67頁。
  10. ^ 構成学会一覧 経営関連学会協議会 2021年10月14日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「accounting」の関連用語

accountingのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



accountingのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの会計 (改訂履歴)、会計学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS