作成とは? わかりやすく解説

さく‐せい【作成】

読み方:さくせい

[名](スル)

計画書類、また文章などを作ること。「予算案の—」「報告書を—する」

保険業界で》社員顧客名を借りて契約を結び、保険料自分負担すること。


作成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/14 22:24 UTC 版)

EDINET」の記事における「作成」の解説

実際文書作成に関しては、HTML形式場合には、実際には細かいファイル仕様存在するために専門業者に作成を依頼することになる。日本ではプロネクサス(【旧】亜細亜証券印刷)と宝印刷シェア二分している。数%の会社自社作成するそれ以外事業者発注している。 自社で細かい仕様守ったままで当該文書作成するのはかなりの労力が必要となるので、外注するのが一般的である。

※この「作成」の解説は、「EDINET」の解説の一部です。
「作成」を含む「EDINET」の記事については、「EDINET」の概要を参照ください。


作成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/09 05:08 UTC 版)

飾り毛布」の記事における「作成」の解説

飾り毛布1枚毛布を折ることで作られる基本的な折り方扇型花型重ね型・巻き型・山型角型6つ毛布入れられている模様ラインロゴマークなどを活用しながら、手先だけでなくひじなど腕全体使って折り上げる。完成した飾り毛布は、ベッド中央配置したベッド窓際立てかけたりして飾られ就寝前に解体される飾り毛布を折るのは船室係や司厨部員客室サービス一環として乗客のいない間に短時間折り上げるものであり、熟達したの手かかれば1、2分で1つ飾り毛布完成させることができたという。折る者の工夫により同じモチーフでも様々なバリエーション生まれ1人数十種類作品レパートリーを持つ船員もいた。

※この「作成」の解説は、「飾り毛布」の解説の一部です。
「作成」を含む「飾り毛布」の記事については、「飾り毛布」の概要を参照ください。


作成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/07 04:49 UTC 版)

滝グラフ」の記事における「作成」の解説

Microsoft Excelなどのソフトウェアにて描画できる。以下の画像例において、A-B列が一般的なグラフの項目や値を示している。 上記画像例において、滝グラフ作成の際にはD-G列のように加工する必要があるその結果数値累積した棒グラフ描画され数値増減に伴い色分けされる。 実際の作成においてはより高度な手順を踏むため、大抵はマクロアドイン用いて作業簡略化する。サポートソフトウェアとしては、Originなどがある。

※この「作成」の解説は、「滝グラフ」の解説の一部です。
「作成」を含む「滝グラフ」の記事については、「滝グラフ」の概要を参照ください。


作成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 15:37 UTC 版)

光渦」の記事における「作成」の解説

ラゲール・ガウシアンモード作るにはらせん状位相プレートコンピュータ作るホログラムエルミートガウシアンモード変換空間変調機を用いる。 静的ならせん状位相プレート(SPPs)はらせん型の結晶プラスチック断片であり、特別に加工して必要なトポロジカルチャージや、入射光波長合わせる。便利であり安価である。調節可能なSPPsプラスチック割れた断片両側の間のくさびを動かすことで作ることが出来る。 コンピューター作るホログラム(CGHs)は計算され干渉縞で、平面波ラゲール・ガウシアンビーム干渉縞であり、フィルム上に転写されるCHGロンチ線形回折格子似ていて、"フォーク状"転移持っている入射レーザー光回折パターン作り渦を持ちそのトポロジカルチャージ回折次数とともに増える次数0はガウシアンで、この回折されないビーム両側で渦が反対旋回持っているCHGフォークとがった部分の数は一次回折の渦のトポロジカルチャージ直接結びついているCHG一次強度をさらに上げるためにブレーズすることが出来る。ブリーチング強度格子から位相格子変換し効率上げることが出来る。 モード変換にはエルミート・ガウシアン(HG)モードが必要であり、レーザーキャビティ中で簡単に作ることが出来る。また、やや正確な方法でないが外部的に作ることが出来る。対の非点収差レンズグーイ位相偏移起きて出来LGビーム方位角半径方向指数持ち、それは入力HG依存している。 空間光変調器コンピュータ調整される電子装置動的な渦や、並んだ渦や他の種類ビーム作ることが出来る。

※この「作成」の解説は、「光渦」の解説の一部です。
「作成」を含む「光渦」の記事については、「光渦」の概要を参照ください。


作成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/19 22:52 UTC 版)

ル・グラの窓からの眺め」の記事における「作成」の解説

ニエプスカメラ・オブスクラ用い自然に発生するアスファルトである「ユダヤビチューメン」(Bitumen of Judea)で薄くコーティングした16.2×20.2 センチメートル (6.4 in × 8.0 in) のピュータープレートに焦点合わせ風景捉えたビチューメンは非常に明るい場所では硬化するが、ほのかに明るい場所では可溶性のままであり(フォトレジスト)、ラベンダー油とwhite petroleum石油由来揮発油一種)の混合物洗い流すことができた。撮影には、カメラに非常に長く露光する必要があった。画像では、日光建物反対側に当たり、約8時間露光されたことを示唆している。これは従来推定値になっていた。しかし、ニエプス記録研究し、その過程再現した研究者はこの露光数日続いた違いないことを発見した

※この「作成」の解説は、「ル・グラの窓からの眺め」の解説の一部です。
「作成」を含む「ル・グラの窓からの眺め」の記事については、「ル・グラの窓からの眺め」の概要を参照ください。


作成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/20 08:17 UTC 版)

カルトグラム」の記事における「作成」の解説

1960年台にカリフォルニア大学サンタバーバラ校Waldo Toblerがコンピュータ用いて出力するまでは、手作業制作されていた。現在では地理情報システムアドオンとして多くアルゴリズムによる描画が可能であり、具体例としてはScapeToadやCartArcGISCartogram Processing Toolがある。

※この「作成」の解説は、「カルトグラム」の解説の一部です。
「作成」を含む「カルトグラム」の記事については、「カルトグラム」の概要を参照ください。


作成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 01:27 UTC 版)

オルソ補正」の記事における「作成」の解説

空中三角測量により、外部標定要素与えられ空中写真画像をデジタルステレオ図化機などで作成され数値地形モデル用いて正射変換され写真単位での正射投影画像作成される作成され正射投影画像写真幾何的歪み少な写真中央部のみを使用して、図郭、作業域を満たすように集成されモザイク画像作成するモザイク画像格納単位分割されオルソ画像データファイルとして整理される。デジタルセンサ、及びGNSS/IMUを用いてオルソ画像作成する場合撮影前標定点対空標識設置作業工程空中写真数値化作業不要であり、作業工程短縮できる

※この「作成」の解説は、「オルソ補正」の解説の一部です。
「作成」を含む「オルソ補正」の記事については、「オルソ補正」の概要を参照ください。


作成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/02 10:01 UTC 版)

トルコ人 (人形)」の記事における「作成」の解説

ケンペレンは、シェーンブルン宮殿マリア・テレジア謁見した際、フランソワ・ペルティエが手品披露しているのを見てトルコ人制作着想得たパフォーマンスの後のやり取りで、ケンペレン世界最高の手品の装置持って宮殿戻ってくると約束した。 その挑戦結果オートマタチェス選手であり、今日ではトルコ人として知られている機械である。この機械は、黒いあごひげ灰色の目を持ち東洋奇術師典型的なコスチュームであるトルコ風ローブターバン身に付け等身大人間の頭と胴体モデル構成されていた。左手には長いトルコ風パイプ持ち右端はおよそ縦110cm、横60cm、高さ75cmの大きなキャビネットの上かかっている。キャビネットの上には8インチ四方チェス盤がある。キャビネット前面には3つのドアがあり、赤と白の象牙チェスセットがしまわれていた。 機械内部はとても複雑で、内部観察する人に錯覚起こさせるように作られていた。左を開けると時計ギア歯車のようなものがたくさん詰まっているが、もう片方内部には機械部品入っておらず、その代わりに赤いクッション等がしまわれていた。これらの場所は、後ろ側が見通せるようになっていた。 機械詰まった左側引き出しチェスセット等がしまわれた右側の他に、客から見えないように人が隠れられるスライドシートが取り付けられていた。 キャビネットの上チェスボードは、下から磁石操作できるほど薄くチェスの駒には小さくて強い磁石仕込まれていて、盤の下にある糸が取り付けられ磁石とくっつく。これによって、機械の中の操作者は、チェスの駒が盤のどこにあるかを知ることができる。チェス盤の下には1から64番号記されていた。内部磁石は、駒の外の磁界影響受けないように設置されケンペレンはしばしば盤のそばに大きな磁石を置き、この機械磁石よるしかけではないことをデモ示した

※この「作成」の解説は、「トルコ人 (人形)」の解説の一部です。
「作成」を含む「トルコ人 (人形)」の記事については、「トルコ人 (人形)」の概要を参照ください。


作成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/08 17:45 UTC 版)

カエル電池」の記事における「作成」の解説

カエルの腿は電池材料としてよく用いられた。1840年代にマテウッチが公刊した作成法によると、まず何本かの後肢の皮を剥き膝関節から下を切り落として捨てる。ここで筋肉を傷つけると性能落ちてしまう。大腿部筋肉を横に二つに切り、円錐形をした下半分の肉片だけを残す。絶縁性基板としてニス塗った木のトレイ用意しその上に肉片並べそれぞれの円錐先端を隣の切断面の穴に差し込む筋肉外側表面内側表面触れ合わせた肉片の列ができたら、トレイ設けた凹みに列の両端入れ凹み入れて電極とする。 筋肉内側表面外側表面接すると電池になる事実から、筋肉内部には定常的に内から外の向き電流流れているという誤った説が生まれた現在の理解では、この電位差細胞膜が傷つくと発生する負の電位損傷電位、demarcation potential, injury potential)によるものである。 別の構造も可能である。たとえば、後肢全体残しておいて坐骨神経露出させ、一本の肢の神経次の肢の足先接続するようにする。カエルの体全体を使うこともできる。しかし腿の肉を処理して用いる方が手間はかかるもの性能よいため、ほとんどの実験者はそちらの方法選んでいた。

※この「作成」の解説は、「カエル電池」の解説の一部です。
「作成」を含む「カエル電池」の記事については、「カエル電池」の概要を参照ください。


作成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 09:13 UTC 版)

タグクラウド」の記事における「作成」の解説

原則としてタグクラウド内のタグフォントサイズは、その発生率によって決まる。ウェブログなどのカテゴリ単語場合頻度は、たとえば、カテゴリ割り当てられているウェブログエントリの数に対応。 周波数小さ場合は、1から最大フォントサイズまで、フォントサイズ直接指定できる。 値が大き場合は、スケーリングを行う必要があります線形正規化では、重み t i {\displaystyle t_{i}} 記述子のFを介して1のサイズスケールにマッピングされ t min {\displaystyle t_{\min }} そして t max {\displaystyle t_{\max }} まで利用可能重み範囲指定していく。 s i = ⌈ f max ⋅ ( t i − t min ) t max − t min ⌉ {\displaystyle s_{i}=\left\lceil {\frac {f_{\max }\cdot (t_{i}-t_{\min })}{t_{\max }-t_{\min }}}\right\rceil } ために t i > t min {\displaystyle t_{i}>t_{\min }} ;他に s i = 1 {\displaystyle s_{i}=1} s i {\displaystyle s_{i}} :フォントサイズ表示 f max {\displaystyle f_{\max }} :最大フォントサイズ t i {\displaystyle t_{i}} : カウント t min {\displaystyle t_{\min }} :分カウント t max {\displaystyle t_{\max }} :最大カウント 記述子ごとのインデックス付きアイテムの数は通常べき法に従って分布しているため、値の範囲が広い場合対数表現は意味があるタグクラウド実装には、一般的な単語数字句読点などの役に立たないタグテキスト解析フィルタリング含まれる一部のオンラインプレゼンテーションプログラムを使用してユーザー入力タグクラウド生成可能。 広告ユーモラスな結果のために、人為的またはランダムに重み付けされたタグクラウド作成するWebサイトもある。

※この「作成」の解説は、「タグクラウド」の解説の一部です。
「作成」を含む「タグクラウド」の記事については、「タグクラウド」の概要を参照ください。


作成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/05 14:13 UTC 版)

Cards (iOS)」の記事における「作成」の解説

カードの作成と活版印刷可能にする。アプリケーションには「ありがとう」クリスマス」「ベビー」「誕生日」「ラブ」「旅行」のカテゴリ6種類分けられている21種類のテンプレートデザインがあり、ユーザーカード写真文章カスタマイズできる。またCardsロケーション統合使用しており、ユーザー旅行デザイン選んだ時にカード中に現在地の名前を表示することができる上、写真にあるGPSデータ読み込むことで撮影場所表示させるともできるユーザー過去作成したカード記憶しており、また一枚カード複数ユーザー送信するともできる

※この「作成」の解説は、「Cards (iOS)」の解説の一部です。
「作成」を含む「Cards (iOS)」の記事については、「Cards (iOS)」の概要を参照ください。


作成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/02 07:18 UTC 版)

サモンナイト クラフトソード物語2」の記事における「作成」の解説

所持している「マテル」と材料アイテムそれぞれ1つずつ選択して武器作成する特殊な組み合わせ場合作成した時点必殺技特殊効果付与されている物もある。

※この「作成」の解説は、「サモンナイト クラフトソード物語2」の解説の一部です。
「作成」を含む「サモンナイト クラフトソード物語2」の記事については、「サモンナイト クラフトソード物語2」の概要を参照ください。


作成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/13 06:05 UTC 版)

ルーンファクトリー4」の記事における「作成」の解説

作成を行うにはまずオーダーで各作成にまつわる問題答えライセンスを得なければ作業台入手できなくなったまた、作業台入手には木材ゴールドが必要。

※この「作成」の解説は、「ルーンファクトリー4」の解説の一部です。
「作成」を含む「ルーンファクトリー4」の記事については、「ルーンファクトリー4」の概要を参照ください。


作成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/23 12:59 UTC 版)

文書管理システム」の記事における「作成」の解説

文書作成方法複数人間共同作業を行う場合、特に重要である。このためバージョン管理システムなどが生まれた

※この「作成」の解説は、「文書管理システム」の解説の一部です。
「作成」を含む「文書管理システム」の記事については、「文書管理システム」の概要を参照ください。


作成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/11 06:03 UTC 版)

JUST PDF」の記事における「作成」の解説

PDFファイルの作成機能のみ。

※この「作成」の解説は、「JUST PDF」の解説の一部です。
「作成」を含む「JUST PDF」の記事については、「JUST PDF」の概要を参照ください。


作成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/13 14:51 UTC 版)

ココナッツミルク」の記事における「作成」の解説

すりおろしたココナッツ固形胚乳またはココナッツジュース一緒に弱火煮込んでから裏漉しし、目の粗いガーゼなどの布で絞って作るココナッツ種子中央に溜まる液状胚乳ココナッツジュース)とは全く別ののであるが、生物学の研究植物の組織培養培地にこの液状胚乳用いるとき、「ココナッツミルク」の名称を用いるため注意されたい

※この「作成」の解説は、「ココナッツミルク」の解説の一部です。
「作成」を含む「ココナッツミルク」の記事については、「ココナッツミルク」の概要を参照ください。


作成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/04 06:28 UTC 版)

レンチキュラー」の記事における「作成」の解説

画像複数必要)からレンチキュラー作成するサービス各社から提供されているほか、レンチキュラー作成するキット発売されているので、パソコン用いて自分作成するともできる

※この「作成」の解説は、「レンチキュラー」の解説の一部です。
「作成」を含む「レンチキュラー」の記事については、「レンチキュラー」の概要を参照ください。


作成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/05 06:35 UTC 版)

薬剤携行証明書」の記事における「作成」の解説

法律決められたものではないため公式に規定され形式はないが、処方もしくは調剤し保険薬局薬剤師に作成を依頼する。作成を代行する業者存在する言語原則として英語。作成され書類には処方医のサイン場合によっては処方医と調剤し薬剤師サイン書き込む薬剤名日本での製品名と海外では異な場合が多いので、必ず一般名付記し患者氏名疾患病名処方薬医師名・病院名および住所電話番号薬局調剤され場合薬局所在地電話番号等も記載する場合がある。

※この「作成」の解説は、「薬剤携行証明書」の解説の一部です。
「作成」を含む「薬剤携行証明書」の記事については、「薬剤携行証明書」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「作成」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

作成

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 23:46 UTC 版)

名詞

 さくせい

  1. 文章などを作ること。
  2. (保険業界用語)社員契約し、保険料自分負担すること。

関連語

動詞

活用


「作成」の例文・使い方・用例・文例




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「作成」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「作成」の関連用語

1
58% |||||

作成のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



作成のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのEDINET (改訂履歴)、飾り毛布 (改訂履歴)、滝グラフ (改訂履歴)、光渦 (改訂履歴)、ル・グラの窓からの眺め (改訂履歴)、カルトグラム (改訂履歴)、オルソ補正 (改訂履歴)、トルコ人 (人形) (改訂履歴)、カエル電池 (改訂履歴)、タグクラウド (改訂履歴)、Cards (iOS) (改訂履歴)、サモンナイト クラフトソード物語2 (改訂履歴)、ルーンファクトリー4 (改訂履歴)、文書管理システム (改訂履歴)、JUST PDF (改訂履歴)、ココナッツミルク (改訂履歴)、レンチキュラー (改訂履歴)、薬剤携行証明書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの作成 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS