明日とは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 体言 > 名詞 > 名詞(事柄) > 明日の意味・解説 

あす【明日】

今日次の日。あした。みょうにち副詞的にも用いる。「明日お宅伺います」

近い将来未来。「明日の世界希望をかける」「明日を担(にな)う若人

→あした[用法]


あした【明日】

《「あした(朝)2」から転じた語》今日次の日。あす。みょうにち

[用法] あした・あす——「あした」は「あした天気になあれ」「あしたはあしたの風が吹く」のように、最も日常的用いられる。◇「あす」は由来の古い語であるが、「あすは北寄りの風、晴れでしょう」などと用いるほか、「あすは我が身」「あすの世界を担うのは君たちだ」のように、近い将来の意でも用いる。◇類似の語に「明日(みょうにち)」があるが、「明日、御報告うかがいます」「明日の御予定いかがでしょうか」など改まった場合、あるいは文章の中で用いる。


みょう‐にち〔ミヤウ‐〕【明日】

今日次の日。あす。あした。「明日また参ります


あす【明日】

〔名〕

① 現在を基点として、次の日。現在では、「あした」よりもやや改まった言い方副詞的にも用いられる。

古事記(712)下・歌謡「置目もや 淡海(あふみ)の置目 阿須(アス)よりは み山隠(がく)りて 見えずかもあらむ」

*竹取(9C末‐10C初)「翁〈略〉けふともあすともしらず」

近い将来。「あすの時代背負人物」「あすはわが身

[語誌]→「あした(朝)」の語誌


みょう‐にち ミャウ‥ 【明日】

〔名〕 その人が現在身を置いている次の日。あす。あくるひみょうじつ。めいじつ

万葉(8C後)九・一七五一・題詞難波経宿明日還来之時歌一首

高野平家13C前)四「明日(ミャウニチ)御幸次に鳥羽殿へまゐて」〔論語‐微子〕


めい‐じつ【明日】

〔名〕 あくる日みょうにち

和英語林集成初版)(1867)「Meijitsz メイジツ 明日」


あくる【明】 日(ひ)

次の日。明日。翌日

宇津保(970‐999頃)蔵開中「あくる日までさぶらひて、みだり心ちのいとあしく侍りしかば」


あした【朝・明日】

〔名〕

夜が明けて明るくなった頃。あさ。古くは、夜の終わった時をいう意識が強い。⇔ゆうべ。

万葉(8C後)一九・四二〇九「鳴く声を 聞かまくほりと 安志多(アシタ)には 門(かど)に出で立ち 夕(ゆふへ)には 谷を見渡し 恋ふれども」

源氏100114頃)初音「あしたの程は、人々参りこみて、ものさわがしかりけるを」

② (多く前日、または、前夜何か事のあったその次の朝をさしていう) あくる朝翌朝明朝

書紀720天智三年一二月(北野本訓)「一宿(ひとよ)の間に、稲生ひて穂(ほ)いでたり。其の旦(アシタ)に垂穎(かぶ)して熟(あららか)なり」

③ (転じて) 次の日翌日。明日。あす。

書紀720白雉四年五月北野本訓)「若し法師今日亡(し)なば、朕(われ)従ひて明日(アシタ)亡(し)なむ」

④ 朝の食事朝食

歌舞伎勧善懲悪覗機関村井長庵)(1862)序幕「もう日が暮れてしまった。あしたの仕掛もしておいたれば、今日お勤(つとめ)も済(す)んだといふもの」

(5) 植物あしたば明日葉)」の異名。〔大和本草(1709)〕

[語誌](1)古くアシタアサとは、同じ「朝」の時間帯指したが、アサが「朝日朝霧朝夕」など複合語前項として多く用いられ、平安時代以前には単独語の用例がまれだったのに対し、アシタ単独としての使用が普通で、複合語としては「朝所」くらいであるという違いがあった。
(2)アサには「明る時間帯始まり」の意識が強い(「朝まだき」「朝け」)のに対し、アシタには「暗い時間帯終わり」に重点があった。そのため、前夜出来事を受けて、その「翌朝」の意味で用いられることが多く、やがて、ある日から見た翌日」、後には今日から見た「明日」の意に固定されていく。この意味変化呼応しつつ、アサ専ら「朝」を指す単独語となり、ユフベが「昨夜」を示すようになった


あき‐び【空日・明日】

〔名〕 手、体のあいている日。特に、遊女の、客がつかなくてひまな日。

浮世草子好色一代男(1682)六「此利発感じ、あき日をあらそひ此人しのぶ事」


明日

読み方:ミョウニチ(myounichi)

今日次の日


あす(明日)

分野
時間経過などを表す用語
意味:
天気予報では「明日の0時から24時まで」。

明日

作者魯迅

収載図書魯迅文集 1
出版社筑摩書房
刊行年月1991.3
シリーズ名ちくま文庫

収載図書阿Q正伝狂人日記十二改版
出版社岩波書店
刊行年月2003.4
シリーズ名岩波文庫

収載図書阿Q正伝
出版社フロンティアニセン
刊行年月2005.4
シリーズ名第2刷 (フロンティア文庫)

収載図書諸国物語stories from the world
出版社ポプラ社
刊行年月2008.2


明日

作者島崎藤村

収載図書島崎藤村短編集 第5巻 嵐・涙・分配
出版社郷土出版社
刊行年月2003.4


明日


明日(あした)―1945年8月8日・長崎

作者井上光晴

収載図書昭和文学全集 22
出版社小学館
刊行年月1988.7


明日

読み方:アスasu

作者 正宗白鳥

初出 明治41年

ジャンル 小説


明日

読み方:ミョウニチ(myounichi)

作者 竹内勝太郎

初出 昭和6年

ジャンル 詩集


明日

読み方
明日あけひ
明日あけび
明日あした
明日ぬくい

明日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/09 06:15 UTC 版)

明日(あす、あした、みょうにち、: tomorrow)とは、今日の次のである。翌日とも言う。[1][2]


  1. ^ 広辞苑 第六版』 岩波書店 2008年
  2. ^ 大辞泉 増補・新装版』 小学館 1998年


「明日」の続きの解説一覧

明日

出典:『Wiktionary』 (2020/05/03 14:16 UTC 版)

名詞

みょうにち常用漢字付表:あす、常用外:あした

  1. みょうにちあすあした今日次の日であり、明後日の前の日。
  2. あすあした) (比喩的に)未来将来

発音

あした
ア↗タ↘ (副詞的には「ア↗タ」)
IPA: /asi̥tá/ [aɕi̥tá]
X-SAMPA:/asi_0ta_H/
あす
ア↗ス↘ (副詞的には「ア↗ス」)
IPA: /asɯ́/ [aɕɯ́]
X-SAMPA:/asM_H/
みょうにち (現代仮名遣)
みやうにち (字音仮名遣)
ミョ↘ーニチ
IPA: /mjóːnitˢi/ [óːitɕ͡i]
X-SAMPA:/mjo_H:nitsi/

語源

翻訳

関連語

人名

 ぬくい

  1. 日本語名字)の一つ

  (あけひ)

  1. 日本語名字)の一つ

  (ぬくひ)

  1. 日本語名字)の一つ

 あけび

  1. 日本語名字)の一つ

 みょうが

  1. 日本語名字)の一つ



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「明日」に関係したコラム

  • FX業者の開催するセミナーの一覧

    FX業者では、FXに関するさまざまなセミナーを開催しています。セミナーの内容は、FXをこれから始める人を対象にした入門セミナーや、チャートの見方、取引方法など、主に初心者向けのセミナーが多いようです。

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「明日」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||


7
94% |||||


9
78% |||||

10
76% |||||

明日のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



明日のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
気象庁気象庁
©2021 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの明日 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの明日 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS