明日とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 体言 > 名詞 > 名詞(事柄) > 明日の意味・解説 

あした【明日】

読み方:あした

《「あした(朝)2」から転じた語》今日の次の日。あす。みょうにち

[用法] あした・あす——「あした」は「あした天気になあれ」「あしたはあしたの風が吹く」のように、最も日常的に用いられる。◇「あす」は由来の古い語であるが、「あすは北寄りの風、晴れでしょう」などと用いるほか、「あすは我が身」「あすの世界を担うのは君たちだ」のように、近い将来の意でも用いる。◇類似の語に「明日(みょうにち)」があるが、「明日、御報告うかがいます」「明日の御予定はいかがでしょうか」など改まった場合、あるいは文章の中で用いる。


あす【明日】

読み方:あす

今日の次の日。あした。みょうにち副詞的に用いる。「—お宅伺います

近い将来未来。「—の世界希望をかける」「—を担(にな)う若人

→あした[用法]


みょう‐にち〔ミヤウ‐〕【明日】

読み方:みょうにち

今日の次の日。あす。あした。「—また参ります


明日

読み方:ミョウニチ(myounichi)

今日の次の日


あす(明日)

分野
時間経過などを表す用語
意味:
天気予報では「明日の0時から24時まで」。

明日

作者魯迅

収載図書魯迅文集 1
出版社筑摩書房
刊行年月1991.3
シリーズ名ちくま文庫

収載図書阿Q正伝狂人日記十二改版
出版社岩波書店
刊行年月2003.4
シリーズ名岩波文庫

収載図書阿Q正伝
出版社フロンティアニセン
刊行年月2005.4
シリーズ名第2刷 (フロンティア文庫)

収載図書諸国物語stories from the world
出版社ポプラ社
刊行年月2008.2


明日

作者島崎藤村

収載図書島崎藤村短編集 第5巻 嵐・涙・分配
出版社郷土出版社
刊行年月2003.4


明日


明日(あした)―1945年8月8日・長崎

作者井上光晴

収載図書昭和文学全集 22
出版社小学館
刊行年月1988.7


明日

読み方:アスasu

作者 正宗白鳥

初出 明治41年

ジャンル 小説


明日

読み方:ミョウニチ(myounichi)

作者 竹内勝太郎

初出 昭和6年

ジャンル 詩集


明日

読み方
明日あけひ
明日あけび
明日あした
明日ぬくい

明日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/06 07:39 UTC 版)

明日(あす、あした、みょうにち、: tomorrow)とは、今日の次のである。翌日とも言う。[1][2]


  1. ^ 広辞苑 第六版』 岩波書店 2008年
  2. ^ 大辞泉 増補・新装版』 小学館 1998年


「明日」の続きの解説一覧

明日

出典:『Wiktionary』 (2021/08/07 08:02 UTC 版)

この単語漢字
みょう
第二学年
にち
第一学年
音読み 音読み
この単語漢字
あす
第二学年 第一学年
熟字訓
この単語漢字
あした
第二学年 第一学年
熟字訓

名詞

みょうにち常用漢字付表:あす、常用外:あした

  1. みょうにちあすあした今日次の日であり、明後日前の日
  2. あすあした) (比喩的に未来将来

発音(?)

あした
ア↗タ↘ (副詞的には「ア↗タ」)
IPA: /asi̥tá/, [aɕi̥tá]
X-SAMPA/asi_0ta_H/
あす
ア↗ス↘ (副詞的には「ア↗ス」)
IPA: /asɯ́/, [aɕɯ́]
X-SAMPA/asM_H/
みょうにち (現代仮名遣)
みやうにち (字音仮名遣)
ミョ↘ーニチ
IPA: /mjóːnitˢi/, [óːitɕ͡i]
X-SAMPA/mjo_H:nitsi/

翻訳

関連語

人名

 ぬくい

  1. 日本語名字)の一つ

  (あけひ)

  1. 日本語名字)の一つ

  (ぬくひ)

  1. 日本語名字)の一つ

 あけび

  1. 日本語名字)の一つ

 みょうが

  1. 日本語名字)の一つ

「明日」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「明日」に関係したコラム

  • FX業者の開催するセミナーの一覧

    FX業者では、FXに関するさまざまなセミナーを開催しています。セミナーの内容は、FXをこれから始める人を対象にした入門セミナーや、チャートの見方、取引方法など、主に初心者向けのセミナーが多いようです。

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

明日のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



明日のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
気象庁気象庁
©2022 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの明日 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの明日 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS