偽作とは?

ぎ‐さく【偽作】

[名](スル)

本物似せ作ること。特に、書画などを本来の作者作品見せかけ作ること。また、その作品贋作(がんさく)。

著作権者無断著作物複製発行などをすること。


贋作

(偽作 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/27 21:11 UTC 版)

贋作(がんさく)とは、オリジナルとは別の作者によって模写・模作され、作者の名を騙って流通する絵画彫刻などの芸術品や工芸[1]。またはその作成行為のこと。偽作(ぎさく)とも言う。これに対して本物の作品のことを「真作」(しんさく)と称する。


  1. ^ 贋作 - artscape,大日本印刷、2018年6月26日閲覧。
  2. ^ a b 田畑 1989, pp. 430–431.
  3. ^ 大村 1936.
  4. ^ a b c 田畑 1989, pp. 362–369.
  5. ^ AKI (2017年9月13日). “まるで野菜を斬っている感覚!!切れ味バツグンな包丁を探ってきました!”. 桑名市商店連合会青年部. 2018年9月23日閲覧。
  6. ^ 『にせもの美術史』トマス・ホーヴィング著、雨沢泰訳(ISBN 4-02-257361-9


「贋作」の続きの解説一覧




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「偽作」の関連用語

偽作のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



偽作のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの贋作 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS