レプリカとは?

Weblio 辞書 > 工学 > バイク用語 > レプリカの意味・解説 

レプリカ [2] 【replica】

複製品。特に,優勝カップなどの複製品で,長く記念できるよう,優勝者贈与されるもの。

レーサーレプリカ

【別称】レプリカ
ロードスポーツバイクの1ジャンル。バイクメーカーが擁するレースチーム(ワークスチーム)では、完全新設計のマシンを製作する場合もある。そのマシン作りでつちかわれた性能技術スタイリング市販モデルフィードバックして作られた高性能バイクがレーサーレプリカと呼ばれるモデルだ。 カラーリングにおいてもチームイメージカラーが使われることが多く見た目雰囲気からしてレーシーなのが特徴。当然、レースマシンの遺伝子色濃く受け継いでいるので、パワー操作性ともに突出し性能を持つ、ハイレベルオートバイである。 乗りこなすにはそれ相応技術経験が必要で、ビギナー見た目だけでこのバイク手を出すと、苦労するかもしれない。
レーサーレプリカ


関連用語】ワークス

レプリカ

【英】:replica

物体表面に薄いプラスチックまたは無機材料被膜形成し、その後表面から取り去ることによって、表面凹凸転写複製したもの回折格子表面複製試料表面凹凸観察するために利用される。

レプリカ

読み】:レプリカ
【英】:REPLICA

原作品の写し作品のこと。広い意味ではコピー複製同義に用いられる場合もあるが、基本的に原作者あるいは少なくとも同一工房の手によって制作された、原作品(オリジナル)の写しのことをいう。コピー模写模刻模造)の一種原作品と写しとの関係は、ここでは模写場合のように厳密ではなく作家自身の手控えとみなした方がよい場合もある。また、博物館等で原作品の展示保存上の理由等から困難な場合に、厳密で忠実な模造品を製作して展示を行うことがあるが、それらの作品もレプリカと称されている。

レプリカ

作者伴田良輔

収載図書彼女のいた町
出版社広済堂出版
刊行年月2001.6


レプリカ

作者日高

収載図書賽は投げられた
出版社ブイツーソリューション
刊行年月2004.5
シリーズ名V2新書


レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/31 13:21 UTC 版)

レプリカ: replica)とは複製品のこと。 本来は「オリジナルの製作者自身によって作られたコピー複製品)」を指していたが、現在では製作者かどうかは問わないことが多い。


  1. ^ 複製 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 コトバンク
  2. ^ 複製 日本大百科全書 コトバンク
  3. ^ 春川正明 (2009年3月1日). “JAPAN”. 読売テレビ解説委員室. 讀賣テレビ放送. 2015年5月20日閲覧。
  4. ^ ビバ (2012年4月6日). “祝!プロ野球開幕。阪神タイガースグッズを探しに野球用品売り場に潜入”. ミズノ発見隊. ミズノ. 2015年5月20日閲覧。[リンク切れ]


「レプリカ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「レプリカ」の関連用語

レプリカのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



レプリカのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2019 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
日本電子株式会社日本電子株式会社
Copyright(C)1996-2019 JEOL Ltd., All Rights Reserved.
徳島県立近代美術館徳島県立近代美術館
Copyright:徳島県立近代美術館.2019
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのレプリカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS