レプリカとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > レプリカの意味・解説 

レプリカ【replica】

読み方:れぷりか

美術品などの模写複製。「名画の―」

スポーツ競技などで、優勝杯返還したあと、優勝記念として与えられる複製の杯。


レーサーレプリカ

【別称】レプリカ
ロードスポーツバイクの1ジャンル。バイクメーカーが擁するレースチーム(ワークスチーム)では、完全新設計のマシン製作する場合もある。そのマシン作りでつちかわれた性能技術スタイリング市販モデルフィードバックして作られた高性能バイクがレーサーレプリカと呼ばれるモデルだ。 カラーリングおいてもチームイメージカラー使われることが多く見た目雰囲気からしてレーシーなのが特徴。当然、レースマシンの遺伝子色濃く受け継いでいるので、パワー操作性ともに突出した性能を持つ、ハイレベルなオートバイである。 乗りこなすにはそれ相応技術経験必要でビギナー見た目だけでこのバイク手を出すと、苦労するかもしれない
レーサーレプリカ


関連用語ワークス

レプリカ


レプリカ

読み】:レプリカ
【英】:REPLICA

原作品の写し作品のこと。広い意味ではコピー複製同義用いられる場合もあるが、基本的に原作者あるいは少なくとも同一の工房の手によって制作された、原作品(オリジナル)の写しのことをいう。コピー模写模刻模造)の一種原作品と写しとの関係は、ここでは模写の場合のように厳密ではなく、作家自身の手控えみなした方がよい場合もある。また、博物館等原作品の展示保存上の理由等から困難な場合に、厳密で忠実な模造品製作して展示を行うことがあるが、それらの作品もレプリカと称されている。

レプリカ

作者伴田良輔

収載図書彼女のいた町
出版社広済堂出版
刊行年月2001.6


レプリカ

作者日高

収載図書賽は投げられた
出版社ブイツーソリューション
刊行年月2004.5
シリーズ名V2新書


レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/11 04:03 UTC 版)

レプリカとは複製品のこと。 本来は「オリジナルの製作者自身によって作られたコピー複製品)」を指していたが、現在では製作者かどうかは問わないことが多い。オリジナルの製作者が公式に安価に大量生産した物はレプリカではなく「マルティプル」(マルチプル ,multiples)とさらに区別する場合がある[1]


  1. ^ 現代美術用語辞典1.0
  2. ^ 複製 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 コトバンク
  3. ^ 複製 日本大百科全書 コトバンク
  4. ^ GM魚器販売のお知らせ
  5. ^ 春川正明 (2009年3月1日). “JAPAN”. 読売テレビ解説委員室. 讀賣テレビ放送. 2015年5月20日閲覧。
  6. ^ ビバ (2012年4月6日). “祝!プロ野球開幕。阪神タイガースグッズを探しに野球用品売り場に潜入”. ミズノ発見隊. ミズノ. 2015年5月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年5月20日閲覧。


「レプリカ」の続きの解説一覧

レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/18 10:21 UTC 版)

九七式艦上攻撃機」の記事における「レプリカ」の解説

『トラ・トラ・トラ!』 撮影にはT-6 テキサンBT-13 ヴァリアントつなぎ合わせ製作され改造機使われた。 『パールハーバー』 撮影には映画『トラ・トラ・トラ!』使用され改造機が再び使われた。

※この「レプリカ」の解説は、「九七式艦上攻撃機」の解説の一部です。
「レプリカ」を含む「九七式艦上攻撃機」の記事については、「九七式艦上攻撃機」の概要を参照ください。


レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/01 08:40 UTC 版)

ワンダー・ホイール」の記事における「レプリカ」の解説

ミッキーのファンウィール(旧・Sun Wheel) - ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーにある高さ48.8メートル (160 ft)の偏心観覧車である。 ワンダーホイール - 横浜ドリームランド2002年閉園にあったもの。

※この「レプリカ」の解説は、「ワンダー・ホイール」の解説の一部です。
「レプリカ」を含む「ワンダー・ホイール」の記事については、「ワンダー・ホイール」の概要を参照ください。


レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/11 07:28 UTC 版)

バンドゥルマ (貨客船)」の記事における「レプリカ」の解説

1999年サムスンにおいてレプリカを建造するプロジェクト開始された。2001年完成したバンドゥルマのレプリカは2003年5月18日博物館として開業したウィキメディア・コモンズには、バンドゥルマ (貨客船)関連するカテゴリあります

※この「レプリカ」の解説は、「バンドゥルマ (貨客船)」の解説の一部です。
「レプリカ」を含む「バンドゥルマ (貨客船)」の記事については、「バンドゥルマ (貨客船)」の概要を参照ください。


レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/03 05:58 UTC 版)

伊豫鉄道甲1形蒸気機関車」の記事における「レプリカ」の解説

夏目漱石の「坊つちやん」に登場する列車坊っちゃん列車)のモデルとなった車両であったため、本形式知名度人気共に高い。 そのため、伊予鉄道本社前と愛媛県総合科学博物館実物大のレプリカが展示され、更に1977年には松山市機械メーカー米山工業の手により走行可能なほぼ完全なレプリカが、そして2001年10月にはディーゼル動力ながら伊予鉄道松山市内線営業運転を行うことを目的としたレプリカ(D1形)が製造されている。なお伊予鉄道本社前に置かれていたレプリカは、2016年12月本社ビル内に開設され坊っちゃん列車ミュージアム移動している。

※この「レプリカ」の解説は、「伊豫鉄道甲1形蒸気機関車」の解説の一部です。
「レプリカ」を含む「伊豫鉄道甲1形蒸気機関車」の記事については、「伊豫鉄道甲1形蒸気機関車」の概要を参照ください。


レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/03 14:00 UTC 版)

アトランティック (機関車)」の記事における「レプリカ」の解説

1892年グラスホッパー類似の機関車である1836年Ross WinansGeorge Gillinghamによって製造され7号機の「アンドリュー・ジャクソン(Andrew Jackson)」が、記念物として展示するために1832年製造の「アトランティック」として再組立された。以前の「アンドリュー・ジャクソン」は1893年シカゴ開催され万国博覧会展示され1939年開催されニューヨーク万国博覧会最後に1948年 - 1949年シカゴ鉄道博覧会英語版の一環として "Wheels A-Rolling" ページェント展示された。その後は、現在までボルチモア・アンド・オハイオ鉄道博物館展示されている。

※この「レプリカ」の解説は、「アトランティック (機関車)」の解説の一部です。
「レプリカ」を含む「アトランティック (機関車)」の記事については、「アトランティック (機関車)」の概要を参照ください。


レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/04 04:59 UTC 版)

ショヒド・ミナール」の記事における「レプリカ」の解説

ショヒド・ミナールバングラデシュシンボル的な記念碑であり、バングラデシュ国外おいても大規模なバングラデシュコミュニティー存在するいくつかの都市では、レプリカが建設されている。日本では池袋西口公園バングラデシュ政府から寄贈されたレプリカがある。

※この「レプリカ」の解説は、「ショヒド・ミナール」の解説の一部です。
「レプリカ」を含む「ショヒド・ミナール」の記事については、「ショヒド・ミナール」の概要を参照ください。


レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 08:41 UTC 版)

エッフェル塔のレプリカと派生作品」の記事における「レプリカ」の解説

エッフェル塔は、イングランドブラックプールにあるブラックプールタワーモデルとなった市長であったジョン・ビッカースタッフは、1889年万国博覧会開催されていたパリ訪れタワーの建設委任したデザインはとても似ており、1894年完成した主な違いは、ブラックプールタワーエッフェル塔のおよそ半分の高さであり、補助なしで建っていることである。基礎部分は、タワー・サーカスのある建物含まれている。 他のエッフェル塔のレプリカを、規模と高さの順に、表にリストアップしている。レプリカそのものだけでなく、デザイン真似たもの、ただ似ているだけのものも含む。 名称位置高さ規模座標備考画像龍塔 中華人民共和国黒竜江省ハルビン 336 m (1,102 ft) 実物大 北緯45度44分45.55秒 東経1264028秒 / 北緯45.7459861度 東経126.67444度 / 45.7459861; 126.67444 (Long Ta) 電波塔 東京タワー 日本東京港区 332.5 m (1,091 ft) 実物大 北緯353931東経1394444秒 / 北緯35.65861度 東経139.74556度 / 35.65861; 139.74556 (Tokyo Tower) 電波塔 名古屋テレビ塔 日本名古屋180 m (591 ft) 1:2規模 北緯3510分20.42秒 東経13654分30.02秒 / 北緯35.1723389度 東経136.9083389度 / 35.1723389; 136.9083389 (Nagoya TV Tower) 電波塔 ラスベガス・エッフェル塔 ラスベガス・ストリップパリス・ラスベガス・ホテル/カジノ 165 m (541 ft) 1:2規模 北緯366分45西経11510分20秒 / 北緯36.11250度 西経115.17222度 / 36.11250; -115.17222 (Paris Las Vegas Eiffel Tower) - イスマニング・ラジオ塔(英語版) ドイツバイエルン州イスマニング(英語版163 m (535 ft) 1:2規模 北緯4815分1秒 東経11度45分0秒 / 北緯48.25028度 東経11.75000度 / 48.25028; 11.75000 (Ismaning Radio Tower ( demolished)) 1983年廃止され中波放送使用され木製ラジオ塔 エッフェル塔 コタイ地区マカオ 160 m (525 ft) 1:2規模 北緯220837東経1133346秒 / 北緯22.14364度 東経113.56283度 / 22.14364; 113.56283 (Tower at The Parisian, Cotai Strip, Macau) 「パリジャン・マカオ」ホテル英語版)の敷地内にある。 フンクトゥルム・ベルリン(英語版) ドイツベルリン 150 m (492 ft) 1:2規模 北緯5230分18.2秒 東経13度16分41.45秒 / 北緯52.505056度 東経13.2781806度 / 52.505056; 13.2781806 (Funkturm Berlin) - 世界の窓のエッフェル塔 中華人民共和国深圳市 108 m (354 ft) 1:3規模 北緯2232分13.33秒 東経11358分9.51秒 / 北緯22.5370361度 東経113.9693083度 / 22.5370361; 113.9693083 (Window of the Worlds Eiffel Tower) - image 天都城エッフェル塔 中華人民共和国杭州市 108 m (354 ft) 1:3規模 北緯3023分6.72秒 東経12014分36.60秒 / 北緯30.3852000度 東経120.2435000度 / 30.3852000; 120.2435000 (Tianducheng Eiffel Tower) - エッフェル塔 オハイオ州メイソンキングス・アイランド遊園地 ~101 m (~332 ft) 1:3規模 北緯3920分36西経8416分1秒 / 北緯39.34333度 西経84.26694度 / 39.34333; -84.26694 (Kings Island Eiffel Tower) - エッフェル塔 バージニア州ドスウェルキングス・ドミニオン遊園地 ~101 m (332 ft 1:3規模 北緯375023西経772643秒 / 北緯37.83972度 西経77.44528度 / 37.83972; -77.44528 (Kings Dominion Eiffel Tower) - メタリック・タワー・オブ・フルヴィエール フランスリヨン 85.9 m (282 ft) 1:4規模 北緯45度45分49.57秒 東経4度49分20.16秒 / 北緯45.7637694度 東経4.8222667度 / 45.7637694; 4.8222667 (Metallic tower of Fourvière) 無線送信機建設教会記念碑として1892年始められた。 初代通天閣 日本大阪市浪速区 75 m 1:5規模 北緯3439分09.00秒 東経135度30分23.00秒 / 北緯34.6525000度 東経135.5063889度 / 34.6525000; 135.5063889 (通天閣) 土台部分モデルエトワール凱旋門1943年解体トレ・デル・レフォルマドール グアテマラグアテマラシティ 75 m (246 ft) 1:5規模 coord 1935年建設 ペトシーン展望タワー英語版) チェコプラハ 63.5 m (208 ft) 1:6規模 北緯5005分0.76秒 東経14度23分42.18秒 / 北緯50.0835444度 東経14.3950500度 / 50.0835444; 14.3950500 (Petřínská rozhledna) - エッフェル塔 メキシコドゥランゴ州ゴメスパラシオ58 m (190 ft) 1:6規模 不明 - エッフェル塔 ルーマニアスロボジア 54 m (177 ft) 1:6規模 北緯443327東経271959秒 / 北緯44.55750度 東経27.33306度 / 44.55750; 27.33306 (Slobozia Eiffel Tower) - エッフェル塔 ロシアチェリャビンスク州パリ 50 m (164 ft) 1:6規模 北緯5317分51.02秒 東経605分59.46秒 / 北緯53.2975056度 東経60.0998500度 / 53.2975056; 60.0998500 (Parizh Eiffel Tower) 携帯電話塔として南ウラル携帯電話会社によって建設された。 ワトキンス・タワー イギリスイングランドロンドン 47 m (154 ft) 1:6規模 北緯513320西経0度1646秒 / 北緯51.55556度 西経0.27944度 / 51.55556; -0.27944 (Watkins Tower ( demolished)) もともと、高さ358 m (1,175 ft)として計画された建設1891年始まった1907年中断された。 ボルドー・タワー ノースカロライナ州ファイエットビル45 m (148 ft) 1:6規模 北緯351分48西経785550秒 / 北緯35.03000度 西経78.93056度 / 35.03000; -78.93056 (Fayetville Eiffel Tower) - image コペンハーゲン動物園タワー デンマークコペンハーゲン 43.5 m (143 ft) 1:6規模 北緯5540分19.16秒 東経12度31分24.70秒 / 北緯55.6719889度 東経12.5235278度 / 55.6719889; 12.5235278 (Copenhagen Zoo Tower) 木製 ゴールデン・サンズエッフェル塔 ブルガリアヴァルナ 32.4 m (106 ft)) およそ1:10規模 北緯4317分3.91秒 東経28度2分39.08秒 / 北緯43.2844194度 東経28.0441889度 / 43.2844194; 28.0441889 (Golden Sands Eiffel Tower) 観光名所としてリゾート地建設された。 エッフェル塔 スペイントレホンヨーロッパ公園 30.4 m (100 ft)) およそ1:10規模 - 2010年完成1800ドルのレプリカ・テーマパークの一部エッフェル塔 フロリダ州レイク・ブエナ・ビスタ英語版エプコット 23 m (76 ft) 1:14規模1:10) 北緯2822分6.86秒 西経8133分11.89秒 / 北緯28.3685722度 西経81.5533028度 / 28.3685722; -81.5533028 (EPCOT Eiffel Tower) - テキサス州パリ・エッフェル塔 テキサス州パリス 65フィート (20 m) 1:16規模 北緯3338分23.52秒 西経9531分25.92秒 / 北緯33.6398667度 西経95.5238667度 / 33.6398667; -95.5238667 (Paris ( Texas) Eiffel Tower) 頂部には「テキサスらしく」、大きな赤いカウボーイハットかぶせられている。 エッフェル塔 テネシー州パリス60フィート (18 m) 1:20規模 北緯3617分12.94秒 西経8818分5.41秒 / 北緯36.2869278度 西経88.3015028度 / 36.2869278; -88.3015028 (Paris, Tennessee Eiffel Tower) - フィリアトラ・エッフェル塔 ギリシャメッシニア県フィリアトラ 18 m 規模 北緯370944東経213459秒 / 北緯37.1621591度 東経21.5829313度 / 37.1621591; 21.5829313 (Filiatra Eiffel Tower) 入口にある。 メカノ・モデル ジョージア州アトランタスキトレック科学博物館 11 m (36 ft) - loc - image ヨーロッパ・エッフェル塔 ブリュッセルミニ=ヨーロッパ 12.96 m 1:25規模 北緯5053分39.44秒 東経4度20分21.16秒 / 北緯50.8942889度 東経4.3392111度 / 50.8942889; 4.3392111 (Mini Europe Eiffel Tower) - エッフェル塔 栃木県日光市 1:25規模 北緯364824東経1394244秒 / 北緯36.806632度 東経139.712203度 / 36.806632; 139.712203 (Tobu World Square Eiffel Tower) 東武ワールドスクウェア内の「ヨーロッパゾーン」に存在 ブリスベン・エッフェル塔 オーストラリアブリスベン およそ12 m (39 ft) 1:25規模 南緯272814東経1530017秒 / 南緯27.4706856度 東経153.0046901度 / -27.4706856; 153.0046901 (Brisbane Eiffel Tower) ルエ・ド・パリス・カフェの屋上モデルimage モンマルトル・エッフェル塔 サスカチュワン州モンマルトル 8.5m 1:40規模 北緯501316西経1032655秒 / 北緯50.2211472度 西経103.4487033度 / 50.2211472; -103.4487033 (Montmatre Eiffel Tower) - image ドレイファス・エッフェル塔 テキサス州オースティン 7.5 m (25 ft) 1:45規模 北緯301702西経9745分06秒 / 北緯30.2838976度 西経97.7517731度 / 30.2838976; -97.7517731 (Dreyfus Eiffel Tower) ドレイファス・アンティーク・ショップにある。 image ミシガン州パリ・エッフェル塔 ミシガン州パリス およそ3 m (10 ft) 1:110規模 北緯434718西経8530分02秒 / 北緯43.7882867度 西経85.5005139度 / 43.7882867; -85.5005139 (Paris, Michigan Eiffel Tower) 公園内にある。 image エッフェル塔 アゼルバイジャンバクー およそ3 m (10 ft) 1:110規模 北緯402219東経495040秒 / 北緯40.371932度 東経49.844419度 / 40.371932; 49.844419 (Baku, Sahil Shopping Center) サヒル・ショッピング・センター「パルファム・デ・フランス」にある。 image

※この「レプリカ」の解説は、「エッフェル塔のレプリカと派生作品」の解説の一部です。
「レプリカ」を含む「エッフェル塔のレプリカと派生作品」の記事については、「エッフェル塔のレプリカと派生作品」の概要を参照ください。


レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/10 16:45 UTC 版)

ナチスの黄金列車」の記事における「レプリカ」の解説

2016年愛好家団体コペルリヒター掘削作業現場からおよそ15km位置する古い製紙工場前にて、ナチス・ドイツ時代装甲列車のフルサイズレプリカの制作開始した。これは観光資源として利用することを目的としていた.。

※この「レプリカ」の解説は、「ナチスの黄金列車」の解説の一部です。
「レプリカ」を含む「ナチスの黄金列車」の記事については、「ナチスの黄金列車」の概要を参照ください。


レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/29 23:15 UTC 版)

宇和島鉄道1号形蒸気機関車」の記事における「レプリカ」の解説

JR四国宇和島駅前に宇和島鉄道1号機関車のレプリカが展示されている。

※この「レプリカ」の解説は、「宇和島鉄道1号形蒸気機関車」の解説の一部です。
「レプリカ」を含む「宇和島鉄道1号形蒸気機関車」の記事については、「宇和島鉄道1号形蒸気機関車」の概要を参照ください。


レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/08 23:33 UTC 版)

ゴールデン・ハインド」の記事における「レプリカ」の解説

現在、イギリスに2隻のレプリカが存在している。

※この「レプリカ」の解説は、「ゴールデン・ハインド」の解説の一部です。
「レプリカ」を含む「ゴールデン・ハインド」の記事については、「ゴールデン・ハインド」の概要を参照ください。


レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/30 19:41 UTC 版)

黒色オベリスク」の記事における「レプリカ」の解説

黒色オベリスクのレプリカがシカゴ大学東洋研究所英語版)、ケンブリッジにあるハーバード大学セム博物館ワシントン・D・Cにあるアメリカ・カトリック大学英語版セム学科Semitic Department)のICORライブラリオレゴン州セーラムにあるコーバン大学のプレウィット=アレン考古学博物館英語版)、ミシガン州ベリアン・スプリングス(英語版)にあるアンドリュース大学英語版)のジークフリード・H・ホーン博物館英語版)、ペンシルベニア州ピッツバーグにあるケルソー中東考古学博物館Kelso Museum of Near Eastern Archaeology)、ニュージーランドクライストチャーチにあるカンタベリー博物館英語版)、デンマークにあるオーフス大学古代美術博物館英語版)、オランダオーファーアイセル州カンペンにあるTheological University of the Reformed Churches、東京聖書考古学資料館にある。

※この「レプリカ」の解説は、「黒色オベリスク」の解説の一部です。
「レプリカ」を含む「黒色オベリスク」の記事については、「黒色オベリスク」の概要を参照ください。


レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 08:05 UTC 版)

日本橋 (東京都中央区の橋)」の記事における「レプリカ」の解説

江戸時代の日本各所でレプリカが存在する北側部分原寸復元したものが東京都江戸東京博物館常設展示室存在し6階入口入ってすぐの場所にある。東京国際空港羽田空港第3ターミナル内には「はねだ日本橋」という幅・長さとも半分サイズがある。東映太秦映画村日光江戸村にも小型の日本橋がある。

※この「レプリカ」の解説は、「日本橋 (東京都中央区の橋)」の解説の一部です。
「レプリカ」を含む「日本橋 (東京都中央区の橋)」の記事については、「日本橋 (東京都中央区の橋)」の概要を参照ください。


レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/02 09:59 UTC 版)

ロケット号」の記事における「レプリカ」の解説

後になって複数のレプリカが製造されており、現存しているものは動態保存されている。このレプリカは車両限界規定によって煙突の高さがオリジナルの物よりも低く作られた1983年には3月19日から6月5日まで大阪エキスポランドで『偉大なる鉄道博覧会』でレプリカが展示運行され1998年には 『日英修好通商条約締結140周年にちなみ英国98記念行事の一環として大英科学博物館展が神戸市立博物館3月21日-5月17日)、北九州市西日本総合展示場新館5月31日-7月12日)、東京国際フォーラム7月22日-8月30日)の各会場開催されサイエンス・ミュージアム保存されているオリジナル展示された。このレプリカはヨークにある鉄道博物館にて保存展示されており、レプリカには本機当時使用されていたとされる客車がある。この客車静態保存で、ロケット号の方は運転の際に別の青い無蓋車客車として使用しているまた、オリジナルのロケット号運転室設備火室部分中心に現代蒸気機関車と比べて非常に操縦しらいものであったこのためレプリカには製造時から該当箇所形状変更するなど、運転展示目的数ヶ所にわたって現代蒸気機関車準ずる改良施されている。

※この「レプリカ」の解説は、「ロケット号」の解説の一部です。
「レプリカ」を含む「ロケット号」の記事については、「ロケット号」の概要を参照ください。


レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 03:36 UTC 版)

ランチア・ストラトス」の記事における「レプリカ」の解説

日本において1970年代のスーパーカーブーム真っ只中発売され車であったが、1980年から1990年代になると並行輸入オリジナルの現存車両少なくなり、ストラダーレ仕様でさえ希少となっていた。これらの要因から、ランチアとは無関係のレプリカのキットカー多数存在するが、コスト生産性バランスから、オリジナルのようにスチール製モノコック構造キャビンの物は無く英国等で公認車検取っている車両存在するHandmade Cars1986年Stuart GrossハートフォードシャーのBusheyで会社を設立車名アローラAllora)。ランチア・モンテカルロがベースだがモノコックサスペンション大幅に変更されアルファロメオフェラーリランチアローバールノーボクスホール等のエンジン用意された1986年のエッセンモーターショーで発表されドイツのMotorsport-Center Mohrでは、キット完成車両方販売した合計13台が製造され1989年生産終了下記Litton Cars1989年から生産引き継いだ。 リットンカーズ(Litton Cars)製 イギリス製1989年、スティーブ・グリーンウッドがノース・ヨークシャー州スキップトンで会社を設立した車名はコルセ(Corse)。上記Handmade Carsプロジェクト引き継ぎ完成車キットの製作を開始セミモノコック+パイプフレームベースと、Handmade Carsアローラ後継車がある。多くの部品ランチア・ベータから流用され、エンジン選択肢アローラ同様。合計45台が生産され1991年生産終了した引き継いだ下記カーソンオートモーティブエンジニアリングは同じ場所で生産続けた。 C.A.E.(Carlson Automotive Engineering )(カーソン オートモーティブ エンジニアリング)製 イギリス製車名はコルセ(Corse)。鉄製ステンレス製丸型パイプフレーム+鋼板フロア多くのストラトスレプリカと同様に、キャビンおよびドアFRP製となる。フロントリアカウルFRP製だがグループ4仕様カウル準拠して作製されており、その為リアカウルルーバー下の雨除けカバー部分省略されている。仕様としてはリアサスペンションダブルウィッシュボーン式マクファーソンストラット式のものがある。(ダブルウィッシュボーン仕様何故か前後ともスタビライザー付いていない。(ストラット仕様不明))アルファロメオ・752500 V6ランチア・デルタ直4エンジンを積む車両が日本に点在するオリジナル同様にディーノV6ユニット搭載可能。1990年代後半までに日本入ってきたものはC.A.E.製が多い。1999年生産終了Hennessey Racing経て下記ネーピアスポーツ(スーパーストラトス)に引き継がれた。 ネーピアスポーツ(Napiersport Ltd.)製 別名SuperStratos ライオネル・グーチの指揮の下でイングランド南部プール生産された。上記コルセ(Corse)の車名引き継ぎI、S、GTOGTE(Gr.5仕様)等の各グレードがあった。ランチアV4、ランチアフラット4、ランチアV6アルファロメオまたはホンダV6またはV8フェラーリV8エンジン選択できた。2021年現在生産されていない模様。 ホークカーズ(別名:ホークリッジ、旧名:Transformer Cars)製 イギリスバックヤードビルダー、ジェリー・ホークリッジ率いメーカーで、下記アタカエンジニアリングと親交があった。Stradale仕様Gr.4仕様が選択できるフレームワーク一見オリジナルに似た断面のリアフレームになっているが、実際はキャビンパイプラダーフレームで、オリジナル違ってセミモノコックになっていない。搭載エンジン排気量によりモデルネームが替わり、HF2000 2L Lancia Beta/Thema/Deltaエンジン、8v/16v/Turbo/Volumex。HF2400 2.4L フェラーリディーノV6。HF2500 2.5L アルファロメオ155 V6(GTV6または75/Milanoではない)。HF3000 12vまたは24vの3.0L アルファロメオ164 V6 (75/Milano以外)。HF3000QV 3.0L フェラーリ308クアトロヴァルボーレ。ローバー製、ホンダD16A1も設定があった。多くの部品ランチア・ベータから流用されているカンパニョーロコフィン棺桶)スポークアルミホイール(COMPOMOTIVE製)はStradale仕様Gr.4仕様共に15インチ。 アタカ・エンジニアリング(AER)製 安宅進一率い石川県津幡町同社工場生産していたアタカ製は上記ホークカーズ製を母体とする。オリジナル違ってセミモノコックになっていないが、独自に変更している点も多くボディデザイン多少異なっている。2000年登場のHFR2000はエンジンが日産の直列4気筒SR20等日本車中古品リビルドしたものから選べ後に改良加えたHFR2000-Type2にまで発展した。このエンジンチョイスはオリジナルより系列メーカー沿ったパワフルなエンジンとするか、始動メンテナンスなど実用性信頼性重視したエンジンにするか、といった選択肢があった。左右ハンドル設定有りアタカ社名AER変更し2012年時点ではHFR2500-Type3をラインナップしている。 LB Specialist Cars社(Lister Bell Automotive社が社名変更)製 イギリス製。the STR車名でStradale仕様Gr.4仕様(リアフェンダーがラウンドアーチかスクエアアーチ)が選択できるオリジナル違いキャビンロールケージ状の鋼管スペースフレームのシャシーベースオリジナルのシャーシ全体CAD再設計され、より剛性高くなり、Aピラーパイプは、フロアーまで届く。ショックアブソーバーナイトロン車高調アルファロメオ・166等の2.53.03.2リッターブッソV6トヨタ製の2GR-FE V6フェラーリV6またはV8エンジン選択でき、フェラーリ・モンディアルの3.0Lまたは 3.2L V8エンジンの場合、車名STR-Mになる。カンパニョーロコフィン棺桶)スポークホイール(coffin spoke wheels)は1516インチGr.4リア17インチ)が選択でき、オリジナルに似たコンパクトなバケットシート細部再現度も高い。左右ハンドル設定有り

※この「レプリカ」の解説は、「ランチア・ストラトス」の解説の一部です。
「レプリカ」を含む「ランチア・ストラトス」の記事については、「ランチア・ストラトス」の概要を参照ください。


レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/03 05:47 UTC 版)

デッカードブラスター」の記事における「レプリカ」の解説

本銃は人気が高い為、様々な個人モデラー、およびモデルメーカーによってレプリカが製作されているが、その実態が非常に不明確なステージガンである事は、特撮映画詳しモデラーマニア映画関係者などの間では映画公開後から非常に有名なであった『ブレードランナー』という作品自体映画構成している個々諸々の要素について「どこからどこまで誰の担当であり、どこからどこまで誰のどのような権利下にあるのか」を配給会社制作会社自身明確に把握していなかったため、この銃に関して正確にその実態を把握していない(従っ版権侵害主張難しい)状態であったため、2017年公開続編である『ブレードランナー 2049』において同様の存在劇中に登場する(前述「#『ブレードランナー 2049』におけるブラスターの節参照)までは、事実上の版権フリーに等しい著作権グレーゾーン状態にあった『ブレードランナー』に関する商品商品化権管理するマーチャンダイジング)ための版権管理会社版権申請窓口会社)も設立されたが、正式許諾商品としては作中登場するスピナー”のミニカー発売され程度に留まり、当該会社映画公開数年後清算されている。 従って「1982年公開映画である『ブレードランナー』登場する銃」という点に触れない限りにおいては、「ブレードランナー」や「リック・デッカード」等の作品固有の権利名称を冠して販売しないであれば版権許諾申請の必要はなかった。このため日本国内外共に「デッカードブラスター(Deckard Blaster)」、あるいは「ブレードランナーブラスター(Blade Runner Blaster)」といった商品名発売されているものは少ないが、正式に許諾されて版権取得している商品存在している。 なお、“映画『ブレードランナー』登場した銃のレプリカモデル”には、それ自体著作権発生しており、奇妙な版権状態にある存在であったこれらのレプリカは、製品としては ビデオソフトスチル写真、および映画関連書籍といった媒体から、不明確ながら極力情報解析して劇中に登場したもの再現したもの 実際に撮影使用されプロップ製作した際に用いられた型より製造された、もしくはプロップより直接形取複製された、と謳われているもの 1992年発見された“スタントプロップ”および2006年展示された“ヒーロープロップ”の現物から実際に使用されプロップ情報解析して再現したもの 「映画『ブレードランナー』登場した銃」というコンセプトで、オリジナルに則りつつも独自の設定アレンジ加えた二次創作モデル大別できる。 1990年代から2000年代初頭にかけて実物プロップ発見公開されるまでは、公式の詳細な情報存在しなかったこともあり実物プロップ比較すると、全体フォルムから細部ディテールに至るまで不正確なものが大半であった実物より複製された、とされているものは、実際にプロップモデルから複製されたのかという点について真偽不明のものが多くまた、細部ディテール潰れているものが多い。レプリカモデルスタントプロップコピーではなく個人もしくはショップメイドのガレージキットとして製作・販売されたもの)を形取複製してコピーした海賊版多数製造されており、実物情報不確かなことを悪用し実際に使用されプロップ複製品」として販売されたものが、海外および日本国内多数流通していた。 1997年アメリカプロップメイカーであるリチャード・コイル(Richard Coyle)が製作したものは「Richard Coyle Model」と通称されており、これはプロップガン作成するにあたり使用されとされる実銃型取り複製して実際のプロップ同じ組み合わせて製作したもので、劇中デッカードブラスター最も近い物であるとされていたが、作りはかなり大雑把で目の肥えたプロップマニアには不評だった。コイルその後SFプロップ研究家のフィル・ステインシュナイダー(Phil Steinschneider)と共同でオリジナルプロップの解析プロップガン再現に取組み2011年にはほぼオリジナルプロップと遜色のないレプリカを完成させている。 リチャード・コイル並びデッカードブラスターのレプリカ製作者として著名なリック・ロス(Rick Ross)の運営するアメリカのプロップレプリカメーカー、ドッペルゲンガー・プロダクション(DOPPELGÄNGER PRODUCTIONS)からは、アレンジ加えたオリジナルモデル発売されており、実際には存在しない劇中には登場せず公式の設定画等もない)バリエーションモデル発売されていた。 プロップに関する詳細な情報判明した後には、プロップの製作に使われたものと同じ実銃を、プロップと同様の手順で改造してレプリカを製作した者も存在するディスカバリー・チャンネル人気テレビ番組怪しい伝説』の司会者一人として知られプロップ/モデルメーカーとしても著名なアダム・サヴェッジ製作したものが有名であるまた、プロップガン同様、ホルスター多くのレプリカモデルや、原型MODEL 1001改造した個人製作のレプリカが作られている。実際に劇中使用された“デッカードブラスター”だけではなく、シド・ミードデザインの初期案(「ブラックホールガン」「コンセプトブラスター」等の製品名つけられている)を立体化したモデル発売されている。

※この「レプリカ」の解説は、「デッカードブラスター」の解説の一部です。
「レプリカ」を含む「デッカードブラスター」の記事については、「デッカードブラスター」の概要を参照ください。


レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/10 03:15 UTC 版)

H-1 (航空機)」の記事における「レプリカ」の解説

オレゴン州、コテージグローブのジム・ライト(Jim Wright)は原寸大H-1のレプリカを作成し2002年初飛行行ったオリジナル精緻再現したこの機体に連航空局H-1同型機としての製造番号「2」を与えた。この機体製造記録は、事実上当時主だった全ての航空雑誌報じられた。2003年8月4日ウィスコンシン州オシュコシュ開催された「オシュコシュ航空ショー(EAA AirVenture Oshkosh)」でこのレプリカ機成功裏に披露された後、ライト致命的な事故起こしたオレゴンへの帰路途中でライト燃料補給のためにワイオミング州ジレット短時間立ち寄った地上にいる時にライト短い時間地元記者会い機体が「降着装置問題」を抱えていることを示したジレット出発して1時間後にライトイエローストーン国立公園オールド・フェイスフル・ガイザーのすぐ北に墜落した。本来は映画アビエイター』で使用される予定だったレプリカ機完全に破壊され操縦していたジム・ライトは死亡した公式の事故報告書では事故原因は恒速プロペラバランス取り用錘に起因する事故指摘している。2003年12月17日にコテージグローブ州立空港にはジム・ライト飛行場Jim Wright Field)という名が捧げられた。

※この「レプリカ」の解説は、「H-1 (航空機)」の解説の一部です。
「レプリカ」を含む「H-1 (航空機)」の記事については、「H-1 (航空機)」の概要を参照ください。


レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/01 00:49 UTC 版)

コピー商品」の記事における「レプリカ」の解説

詳細は「レプリカ」を参照 過去の製品を、材料のみ現代品を使って当時の物は入手不可能な為)正確に再現したレプリカというジャンル存在し、これらに関して熱烈なファン獲得するなど、有の市場発生している。 これらは基本的にオリジナルの知的財産権残存している場合でも、権利者ライセンス与えているもしくは権利者自身製造している正規商品のため、偽物とはいえない。しかし、一度市場出た正規のレプリカが、レプリカと明言されずに売られることはある。

※この「レプリカ」の解説は、「コピー商品」の解説の一部です。
「レプリカ」を含む「コピー商品」の記事については、「コピー商品」の概要を参照ください。


レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 00:01 UTC 版)

ダビデ像 (ミケランジェロ)」の記事における「レプリカ」の解説

ダビデ王による統治3000年記念してこの像の複製フィレンツェ市からエルサレム寄贈しようという話が持ち上がったことがある。しかし、この提案エルサレム内において大きな反発生むこととなった全裸の像を卑猥なものとみなす宗派が断固として拒絶すべきと主張したのである結果として衣装まとった別の像を贈呈するという妥協案採られることとなった実物大のレプリカは、ロンドンヴィクトリア&アルバート美術館にあるプラスターのものから、オーストラリアリゾート地サーファーズ・パラダイス (Surfers Paradise) にあるショッピングモール中央飾りに至るまで世界中に数多く存在するサウスダコタ州スーフォールズフィラデルフィア美術館や、日本の美ヶ原高原美術館滋賀県希望が丘文化公園青年の城にもレプリカがある。またインドプネーにあるプネー大学当局ビルにもレプリカが置かれている。これは、インド独立勝ち取ったさいのイギリス人置土産である。

※この「レプリカ」の解説は、「ダビデ像 (ミケランジェロ)」の解説の一部です。
「レプリカ」を含む「ダビデ像 (ミケランジェロ)」の記事については、「ダビデ像 (ミケランジェロ)」の概要を参照ください。


レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/19 20:17 UTC 版)

ローマとアウグストゥス神殿」の記事における「レプリカ」の解説

業績録』の碑文を含むプロナオスの等身大のレプリカがローマディオクレティアヌス浴場庭園中に建てられている。これは1911年ローマ万国博覧会における考古学展のためのものである万博後は1937年に「モストラ・アウグステア・デッラ・ロマニタ(ローマ理念アウグストゥス記念展覧会)(イタリア語版)」で展示されるまで倉庫保管されていたという。 第二次世界大戦後、現在は新しくできたローマ文明博物館の9番展示室移されてある。

※この「レプリカ」の解説は、「ローマとアウグストゥス神殿」の解説の一部です。
「レプリカ」を含む「ローマとアウグストゥス神殿」の記事については、「ローマとアウグストゥス神殿」の概要を参照ください。


レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/17 20:08 UTC 版)

嵐の予言者」の記事における「レプリカ」の解説

オリジナルの嵐の予言者」は失われてしまったが、少なくとも3台のレプリカがつくられている。1951年英国博覧会のためにつくられたレプリカは、発明から100周年迎えた年にこの装置に再びスポットライト当てることになった。このレプリカはメリーウェザー原稿複写およびオリジナル模写した銅版画をもとにつくられものである。この装置は「発見ドーム」で展示され博覧会終了後にはウィットビー哲学協会寄贈された。その後このときの図面写真をもとに実際に作動するレプリカがつくられた。1台はオークハンプトン近郊の「バロメーター・ワールド」、もう1台サンフランシスコの「グレート・ディケンズ・クリスマス・フェア」にある。

※この「レプリカ」の解説は、「嵐の予言者」の解説の一部です。
「レプリカ」を含む「嵐の予言者」の記事については、「嵐の予言者」の概要を参照ください。


レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/04 16:43 UTC 版)

バルマレイの泉」の記事における「レプリカ」の解説

2013年夏ヴォルゴグラード市内バルマレイの泉のレプリカが設置された。1つヴォルゴグラード-1駅前広場に、 もう一つ戦争廃墟化した旧製工場跡に設置された。

※この「レプリカ」の解説は、「バルマレイの泉」の解説の一部です。
「レプリカ」を含む「バルマレイの泉」の記事については、「バルマレイの泉」の概要を参照ください。


レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/12 14:04 UTC 版)

ブガッティ 100P」の記事における「レプリカ」の解説

2009年、ブガッティファンのエンジニアなどからなるチームLE RÊVE BLEU」(フランス語で「青い夢」の意)が発足し、100Pのレプリカ機の製作プロジェクト開始した。製作にはオリジナルと同様資材工程用いられているが、エンジンスズキ・GSX1300Rハヤブサのものに変更され強度不足が発見され変速機には改設計加えられている。 2011年製作段階機体公開され2014年3月にはカリフォルニア州マリン自動車博物館英語版)で未成状態の機体展示が行われた。レプリカ機初飛行2014年秋予定していたが、完成2015年にずれこみ、同年7月3日初の地上滑走試験を、8月19日初飛行行っている。しかし、飛行中に左へ急旋回した後に墜落する事故2016年8月6日発生し機体破壊されパイロット務めていた「LE RÊVE BLEU」の中心メンバー、スコッティ・ウィルソンが死亡した

※この「レプリカ」の解説は、「ブガッティ 100P」の解説の一部です。
「レプリカ」を含む「ブガッティ 100P」の記事については、「ブガッティ 100P」の概要を参照ください。


レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/21 16:13 UTC 版)

ワンケル・レックス」の記事における「レプリカ」の解説

レプリカはスコットランド博物館オーストラリア化石鉱物博物館英語版)、カリフォルニア大学古生物学博物館英語版)などに展示されている。また、ロッキー博物館外にはビッグ・マイクと呼ばれるブロンズ製の標本立っている日本では神流町恐竜センター群馬県)や豊橋市自然史博物館愛知県)でレプリカが常設展示されており、特に神流町恐竜センターのレプリカでは産状再現されている。また、2011年には福井県立恐竜博物館企画展新説 恐竜成長』でも展示された。

※この「レプリカ」の解説は、「ワンケル・レックス」の解説の一部です。
「レプリカ」を含む「ワンケル・レックス」の記事については、「ワンケル・レックス」の概要を参照ください。


レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/06 00:02 UTC 版)

シェルビー・デイトナ」の記事における「レプリカ」の解説

シェルビー・デイトナは現在も人気を持ちシェルビー・アメリカン公認のレプリカやキットカー数多く作られている。 スーパーフォーマンス(英語版)(SPF)製のレプリカのデザインにはピート・ブロックGT40のシャーシデザイナーが関わっている。このSPFクーペ通称ブロック・クーペ(英語版)と呼ばれシェルビー・アメリカン公認ライセンス契約のもと生産され、シャーシナンバーにはCSX9000番台番号与えられているオリジナルよりも広い室内空間有しインテリア現代的にアレンジされている。新設計のスペースフレーム・シャシー、サスペンションリーフ式サスペンションから独立懸架変更されるなど、全面的に改良されている。エンジンRoush パフォーマンス英語版)製が搭載されるが、顧客好みエンジン変更することも可能である。 ファクトリー・ファイブ・レーシング(英語版)はFFRの略称で知られFFR製のレプリカは65クーペという名称を持つキットカーである。ブロック・クーペ同様にオリジナルよりも広い室内空間ボディ形状変更新設計のシャーシなど、多くの変更なされている組み立てフォード・マスタングベースとするキットと、独自のシャーシ使用するものがある。 この他にもデイトナ・スポーツカー(英語版)やShell Valley Companiesなど多くのレプリカが存在する2015年には、シェルビーアメリカンよりFIA世界選手権50周年記念してオリジナルの設計図などを基にしたモデル50限定発表された安全性性能改善のための変更はあるが、リーフ式サスペンションシャーシ木製ハンドルなど、オリジナルに近い設計なされている

※この「レプリカ」の解説は、「シェルビー・デイトナ」の解説の一部です。
「レプリカ」を含む「シェルビー・デイトナ」の記事については、「シェルビー・デイトナ」の概要を参照ください。


レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 01:29 UTC 版)

StG44 (突撃銃)」の記事における「レプリカ」の解説

ドイツのSport-Systeme Dittrich社(SSD)では、MKb42(H)MP43StG44のレプリカを、それぞれBD42(H)、BD43/1、BD44の名称で販売している。また、同社2009年IWA ガンショーMP40風の折りたたみストック装備したMP44や、ピカティニー・レール装備した現代風MP44公開した2012年ドイツのジャーマン・スポーツ・ガンズ社(German Sport Guns, GSG)は、StG44のレプリカをGSG-StG44の製品名発売した。GSG-StG44は小口径.22ロングライフル弾使用する半自動小銃である。 2015年アメリカ銃器メーカーであるヒル・アンド・マック・ガンワークス社(Hill & Mac Gunworks, HMG)は、HMG Sturmgewehrの製品名StG44近代化モデル発表したHMG Sturmgewehrはセミオート射撃専用半自動小銃で、AR-15弾倉そのまま使用する5.56x45mm弾モデル標準となるが、オリジナルのStG44と同じ7.92x33mm弾のほか、その他いくつかの口径モデル設計される予定だという。

※この「レプリカ」の解説は、「StG44 (突撃銃)」の解説の一部です。
「レプリカ」を含む「StG44 (突撃銃)」の記事については、「StG44 (突撃銃)」の概要を参照ください。


レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/07 06:45 UTC 版)

休戦の客車」の記事における「レプリカ」の解説

1950年ワゴン・リ社の2439号食堂車改造して失われた2419号車のレプリカが制作された。2439号車厳密には2419号車同型ではないが、1914年サン=ドニ工場で2403号車から2424号車シリーズ続けて製造された車両であり、構造はよく似ていた。1918年の休戦協定当時の姿が再現され車両番号標も2419に付け替えられた。9月コンピエーニュの森博物館搬入され11月11日に(再)開館式が行われた。 以後、2419号車のレプリカはコンピエーニュの森博物館展示され続けている。

※この「レプリカ」の解説は、「休戦の客車」の解説の一部です。
「レプリカ」を含む「休戦の客車」の記事については、「休戦の客車」の概要を参照ください。


レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 08:31 UTC 版)

アルファロメオ・カラボ」の記事における「レプリカ」の解説

リアリティ番組オーバーホール」の自動車デザイナービルダーのチップ・フースの父サム・フースは、ベルトーネからカラボコンセプトを購入できなかった為、1975年デ・トマソ・パンテーラプラットフォーム上にカラボの濃赤色のロードスタータイプのレプリカを作成した同じくリアリティ番組の「Fast N' Loud」のリチャード・ローリングスがたまたま入手し、父を尊敬するチップ・フースから交換依頼をうけチップ・フースの手元に戻った。 又、FiberFab Aztec 7というCaraboに似たVWビートルエンジンとシャーシガルウイングドアキットカーがあった。

※この「レプリカ」の解説は、「アルファロメオ・カラボ」の解説の一部です。
「レプリカ」を含む「アルファロメオ・カラボ」の記事については、「アルファロメオ・カラボ」の概要を参照ください。


レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/07 16:05 UTC 版)

サモトラケのニケ」の記事における「レプリカ」の解説

世界中に、ほとんど無数ともいえるほどのレプリカやコピー模倣品がある。 ジモン・グリュックリッヒの『Nocturne』という絵画描かれているサモトラケのニケのレプリカ リオデジャネイロのMuseu Nacional de Belas Artesにあるレプリカ es:Museo de Reproducciones de Bilbao モンペリエ

※この「レプリカ」の解説は、「サモトラケのニケ」の解説の一部です。
「レプリカ」を含む「サモトラケのニケ」の記事については、「サモトラケのニケ」の概要を参照ください。


レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/27 02:22 UTC 版)

功臣号」の記事における「レプリカ」の解説

本物功臣号中国人民革命軍事博物館展示されているが、その他の博物館でも功臣号と同じ改造塗装施された九七式中戦車改がレプリカとして展示されている。 平津戦役紀念遼瀋戦役紀念

※この「レプリカ」の解説は、「功臣号」の解説の一部です。
「レプリカ」を含む「功臣号」の記事については、「功臣号」の概要を参照ください。


レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/27 21:53 UTC 版)

ヘンリー・ホブソン・リチャードソン」の記事における「レプリカ」の解説

現在も多くのロマネスク様式建物存在するが、リチャードソン設計としばしば間違われるほどその基本借りているものがあり、幾つか単一のリチャードソン建築具体的に模倣して建てられてきた。 ウェルズリーファームズ鉄道駅、この建物リチャードソンの死から間もなくシェプリー・ルタン・アンド・クーリッジによって建設された。この会社リチャードソンの様式で多くの駅を建設したが、リチャードソン設計したマサチューセッツ州ニュートンにあるエリオット駅に大変似ていたので明確に不利になった。エリオット駅は1950年代解体された。 ニューヨーク州オーチャードパーク(バッファロー近く)の鉄道駅は、リチャードソン設計したマサチューセッツ州オーバーンデール鉄道駅のレプリカとして1911年建設された。リチャードソンがボストン・アンド・オールバニ鉄道のために初め設計し、ヘンリー・ラッセル・ヒッチコックが「これまで建設した中でも最良のもの」と表現した当初のオーバーンデール鉄道駅は、1960年代にマサチューセッツ・ターンパイク建設間に解体された。 元ハワード記念図書館呼ばれたパトリック・F・テイラー図書館は、リチャードソンの死から間もなく建設された。ニューオーリンズ住人は、地元出身であるリチャードソン建築の例欲しがっていた。シェプリー・ルタン・アンド・クーリッジの設計事務所数年前提出され拒否されていたリチャードソンデザイン使った。このことで、特にニューオーリンズ住人の間で、この図書館当初リチャードソンデザインであるか議論になった。この図書館は現在、オグデン南部美術館一部になっているカリフォルニア州サンタアナの古いオレンジ郡庁舎1906年完工し、ハーバード大学にあるリチャードソンのセバーホールとそっくりであり、強い影響を受けた見られているロードアイランド州ニューポート灯台、キャッスルヒル・ライトはリチャードソン設計とされることが多い。リチャードソンその場所灯台スケッチ描いており、これがデザイン基本になったかも知れないが、実際の建物にはリチャードソンスケッチにある住居含んでいない。

※この「レプリカ」の解説は、「ヘンリー・ホブソン・リチャードソン」の解説の一部です。
「レプリカ」を含む「ヘンリー・ホブソン・リチャードソン」の記事については、「ヘンリー・ホブソン・リチャードソン」の概要を参照ください。


レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/18 00:23 UTC 版)

學天則」の記事における「レプリカ」の解説

1992年平成4年)に、大阪市立科学館外見模した動かない小型のレプリカを展示した

※この「レプリカ」の解説は、「學天則」の解説の一部です。
「レプリカ」を含む「學天則」の記事については、「學天則」の概要を参照ください。


レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/12 09:20 UTC 版)

アルタミラ洞窟」の記事における「レプリカ」の解説

下記の3箇所にレプリカがある。 アルタミラ博物館現地国立考古学博物館スペインマドリードハビエル城博物館三重県志摩市複合リゾート施設志摩スペイン村」のテーマパーク「パルケエスパーニャ」内)

※この「レプリカ」の解説は、「アルタミラ洞窟」の解説の一部です。
「レプリカ」を含む「アルタミラ洞窟」の記事については、「アルタミラ洞窟」の概要を参照ください。


レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 04:10 UTC 版)

ガン×ソード」の記事における「レプリカ」の解説

オリジナル機に触発され人々生み出したヨロイ総称して「レプリカ」と呼ぶ。その性能確実にオリジナルに劣るものであり、G-ER流体搭載していない為、二足歩行できない歩行での移動ローラー駆動など。ただし、エルドラVはエルドラソウルへの改良で、G-ER流体を正式搭載し二足歩行ができるようになっている〉。ただし、オリジナル機では搭乗者の体にかかるさまざまな負担は、こうしたレプリカ機にはほとんどないため、実用性汎用性オリジナルよりも高い。ただしブラウニーはその特殊な操縦システム上、搭乗者にもダメージ返ってきてしまう。 ただし、例外的にオリジナル7用ヨロイ対等以上に渡り合えるレプリカヨロイもわずかながら存在し、その代表例としてレイ・ラングレンの搭乗するヴォルケインが挙げられるその理由は、ネオ・オリジナルヨロイ追加され光学系武器は、すべてヴォルケインを基本技術しており、いわばヴォルケインは「ネオ・オリジナル追加装備プロトタイプ」とも呼べるヨロイからである他にプリシラブラウニーとエルドラソウルが挙げられるブラウニー二足歩行をしているように見えるが、実は足の先端部分小型のローラーになっており、そのローラー器用に動いているこれにより高機動と高い運動性をもっている。ただ総合的な攻撃力高くなく、多対一や重装甲の相手は向かないという欠点抱えている。 エルドラソウルは元々エルドラVを元にブッチ改造施しG-ER流体本格運用した(レプリカヨロイで初めG-ER流体使用したのはブッチのバッドローズが最初だが、本格的に運用したのはエルドラソウルが初)レプリカであり、その防御力高くパワー他のレプリカを遥かに超えパワーだけで見るならオリジナルヨロイとでも遜色がないほど。G-ER流体使用しているため、完全な二足歩行可能になり、戦闘汎用性あがっている。尤も元々燃費が悪い機体を再改造した為、エンジンフル稼働させた場合稼動時間余り長くなく、エネルギー尽きた場合電池状のエネルギータンク交換しなければならないという制約持っているちなみに数十年前は各地のレプリカの数はもっと多く存在しており、そのヨロイ使って悪事を働く凶悪な組織ネロが「ザウルス帝国」なる組織の名を発言している)も存在していた。現在それらが存在せず、レプリカの数も減っている理由は、若かりし頃のエルドラチームと彼らの乗るエルドラVによってほとんどが破壊され組織壊滅させられからである

※この「レプリカ」の解説は、「ガン×ソード」の解説の一部です。
「レプリカ」を含む「ガン×ソード」の記事については、「ガン×ソード」の概要を参照ください。


レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 06:43 UTC 版)

カービィのブロックボール」の記事における「レプリカ」の解説

画面内のボール増加

※この「レプリカ」の解説は、「カービィのブロックボール」の解説の一部です。
「レプリカ」を含む「カービィのブロックボール」の記事については、「カービィのブロックボール」の概要を参照ください。


レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/11 08:52 UTC 版)

ニュース (装甲艦)」の記事における「レプリカ」の解説

ニュース実物大のレプリカ、ニュース IIが、キンストン市内の別の場所に展示してある。内部再現してあるが、このレプリカは2002年から2009年にかけてボランティアにより作製されものである南軍の装甲艦の中で実物大のレプリカが作製されているのはニュースのみである。ニュース姉妹艦であるアルベマール3⁄8サイズ作製されている。このレプリカは全長63フィート (19 m)で2002年からノースカロライナ州プリマスPlymouth)のプリマス港湾博物館係留されており、自走可能である

※この「レプリカ」の解説は、「ニュース (装甲艦)」の解説の一部です。
「レプリカ」を含む「ニュース (装甲艦)」の記事については、「ニュース (装甲艦)」の概要を参照ください。


レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/13 14:42 UTC 版)

アルベマール (装甲艦)」の記事における「レプリカ」の解説

全長63フィート(19.2m)の、3/8サイズアルベマールのレプリカが2002年4月からプリマスプリマス博物館近くに係留されている。このレプリカは自走可能である毎年4月最後の週末Living History Weekend)には、このアルベマールのレプリカはロアノーク川を航行している 。

※この「レプリカ」の解説は、「アルベマール (装甲艦)」の解説の一部です。
「レプリカ」を含む「アルベマール (装甲艦)」の記事については、「アルベマール (装甲艦)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「レプリカ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

レプリカ

出典:『Wiktionary』 (2021/06/19 03:24 UTC 版)

語源

英語 replica < イタリア語 replica < ラテン語 replicare

発音

れ↗ぷ↘りか

名詞

レプリカ

  1. 優勝杯美術品などの複製

翻訳


「レプリカ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「レプリカ」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



レプリカのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2023 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
日本電子株式会社日本電子株式会社
Copyright(C)1996-2023 JEOL Ltd., All Rights Reserved.
徳島県立近代美術館徳島県立近代美術館
Copyright:徳島県立近代美術館.2023
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのレプリカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの九七式艦上攻撃機 (改訂履歴)、ワンダー・ホイール (改訂履歴)、バンドゥルマ (貨客船) (改訂履歴)、伊豫鉄道甲1形蒸気機関車 (改訂履歴)、アトランティック (機関車) (改訂履歴)、ショヒド・ミナール (改訂履歴)、エッフェル塔のレプリカと派生作品 (改訂履歴)、ナチスの黄金列車 (改訂履歴)、宇和島鉄道1号形蒸気機関車 (改訂履歴)、ゴールデン・ハインド (改訂履歴)、黒色オベリスク (改訂履歴)、日本橋 (東京都中央区の橋) (改訂履歴)、ロケット号 (改訂履歴)、ランチア・ストラトス (改訂履歴)、デッカードブラスター (改訂履歴)、H-1 (航空機) (改訂履歴)、コピー商品 (改訂履歴)、ダビデ像 (ミケランジェロ) (改訂履歴)、ローマとアウグストゥス神殿 (改訂履歴)、嵐の予言者 (改訂履歴)、バルマレイの泉 (改訂履歴)、ブガッティ 100P (改訂履歴)、ワンケル・レックス (改訂履歴)、シェルビー・デイトナ (改訂履歴)、StG44 (突撃銃) (改訂履歴)、休戦の客車 (改訂履歴)、アルファロメオ・カラボ (改訂履歴)、サモトラケのニケ (改訂履歴)、功臣号 (改訂履歴)、ヘンリー・ホブソン・リチャードソン (改訂履歴)、學天則 (改訂履歴)、アルタミラ洞窟 (改訂履歴)、ガン×ソード (改訂履歴)、カービィのブロックボール (改訂履歴)、ニュース (装甲艦) (改訂履歴)、アルベマール (装甲艦) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのレプリカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS