敷地内とは? わかりやすく解説

敷地内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 01:45 UTC 版)

静岡聖光学院中学校・高等学校」の記事における「敷地内」の解説

レイモンド・マーテルフィールド(人工芝グラウンド) 聖トマス・モア オラトワール(チャペルbio lithotope(バイオリソトープ:生物岩石庭園旧日庭園) ポアトラホール(トレーニングルーム剣道場) トリニティアリーナ(旧第二体育館テニスコート人工芝ソラリウム 売店フランボー 聖光農園(畑、茶畑

※この「敷地内」の解説は、「静岡聖光学院中学校・高等学校」の解説の一部です。
「敷地内」を含む「静岡聖光学院中学校・高等学校」の記事については、「静岡聖光学院中学校・高等学校」の概要を参照ください。


敷地内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/30 23:47 UTC 版)

ひだまりスケッチ」の記事における「敷地内」の解説

校内には竹林があり、その中に「やまぶき地蔵」と呼ばれる石像がある。これは吉野屋在学中作った彫刻で、吉野屋いわく置き忘れたものが年月を掛けて風雨さらされ地蔵ようになったもの。一部生徒の間では、祈ると胸大きくなるという噂が存在する

※この「敷地内」の解説は、「ひだまりスケッチ」の解説の一部です。
「敷地内」を含む「ひだまりスケッチ」の記事については、「ひだまりスケッチ」の概要を参照ください。


敷地内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/30 16:47 UTC 版)

ひまわり温泉 ゆ・ら・ら」の記事における「敷地内」の解説

ゆ・ら・らの敷地内に鍋掛(なべかけまつ)と名のついたマツの木が存在する。かつて最上川舟運が行われていた時代棒鱈里芋材料にした鍋を松の木掛け煮て食べていたとされ、これが芋煮会始まりとされている現在の木は当時鍋掛松の木復元したもの。 中山町総合体育館隣接しており、建物同士渡り廊下つながれている。

※この「敷地内」の解説は、「ひまわり温泉 ゆ・ら・ら」の解説の一部です。
「敷地内」を含む「ひまわり温泉 ゆ・ら・ら」の記事については、「ひまわり温泉 ゆ・ら・ら」の概要を参照ください。


敷地内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/06 15:07 UTC 版)

長等公園」の記事における「敷地内」の解説

敷地内の桜ケ丘には、平清盛の弟、平忠度詠んだ伝えられている句碑がある。その句碑には、「さゞ浪や志賀の都はあれにしを むかしながらの山ざくらかな」と彫られている。また、園内には長等創作展示館三橋節子美術館)があり、ここでは長等ゆかりの画家三橋節子作品展示されている。

※この「敷地内」の解説は、「長等公園」の解説の一部です。
「敷地内」を含む「長等公園」の記事については、「長等公園」の概要を参照ください。


敷地内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/30 05:03 UTC 版)

毎日放送千里丘放送センター」の記事における「敷地内」の解説

敷地内にはスタジオ事務所棟以外にも公開ホール収録スタジオだった「ミリカホール」(閉鎖)や「MBSミリカスポーツ」(MBSミリカレーンズ(ボウリング場)・ミリカプール・テニスコート・ミリカゴルフセンター・野球グラウンド・レストランから構成されていたが、ゴルフセンター以外は2006年末で閉鎖)、民間放送としては初めての放送資料館だった「放送文化館」(MBSミリカレーンズの建物転用2003年3月ごろに廃止)などの施設があった。開設当初はTBS緑山スタジオ現存するような巨大なオープンスタジオスペースも設けられていた。 その後、敷地内の一部パターゴルフ跡地)が売却され跡地イオン系列スーパーマーケットマックスバリュ吹田千里丘店」(イオングループ光洋運営)が新たに建てられた。また敷地内の野球場1990年ボーリング調査行った際に温泉湧き出し1995年、「ミリカ天然温泉 千里の湯」として一般向け営業開始したが、2006年12月31日閉鎖された放送センター周辺には千里丘陵万博記念公園太陽の塔岡本太郎作)・旧エキスポランド廃園)・吹田インターチェンジJR千里丘駅などがある。千里丘駅阪急茨木市駅からそれぞれ送迎バス運行していたが、千里の湯閉鎖と同時に運行されなくなった。 現在は、かつて千里丘放送センター入口があった場所付近に、吹田市コミュニティバス(すいすいバス)の「ミリカヒルズ前」停留所とミリカヒルズの住民専用バス停留所設置されている。 放送センター正面玄関前にイギリス人彫刻家フィリップ・キング作の鉄鋼彫刻「空」展示されていた。これは1969年日本鉄鋼連盟毎日新聞社主催による国際鉄鋼彫刻シンポジウム展示作品だったものの一つで、翌年開催され日本万国博覧会では会場内の池の周辺せせらぎ広場付近)に展示されていた。その後万博閉幕後毎日放送引き取り千里丘放送センター正面玄関前に移設長年展示していたが、2008年には放送センター閉鎖されたことに伴って38年ぶりに万博記念公園内に里帰り果たし、現在も公園内見ることができる

※この「敷地内」の解説は、「毎日放送千里丘放送センター」の解説の一部です。
「敷地内」を含む「毎日放送千里丘放送センター」の記事については、「毎日放送千里丘放送センター」の概要を参照ください。


敷地内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 05:23 UTC 版)

蟹江町立蟹江中学校」の記事における「敷地内」の解説

本館新館中館がある。

※この「敷地内」の解説は、「蟹江町立蟹江中学校」の解説の一部です。
「敷地内」を含む「蟹江町立蟹江中学校」の記事については、「蟹江町立蟹江中学校」の概要を参照ください。


敷地内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 06:37 UTC 版)

蟹江町立蟹江小学校」の記事における「敷地内」の解説

校舎は最も北に位置する北校舎、最も南に位置する管理棟北校舎管理棟間に位置する中校舎(西校舎)があり、校庭南側プールがある。また、プール近くに学校一部である公園があり、この公園休み時間でも遊ぶことが可能である

※この「敷地内」の解説は、「蟹江町立蟹江小学校」の解説の一部です。
「敷地内」を含む「蟹江町立蟹江小学校」の記事については、「蟹江町立蟹江小学校」の概要を参照ください。


敷地内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/22 15:42 UTC 版)

佛光山佛陀記念館」の記事における「敷地内」の解説

佛陀記念館西に置いて東に向け、約100ヘクタール敷地面積有する着工から竣工までは外観図が100枚あまりも描かれ、そして何度も変更され遂に現在の構成デザインにたどり着いた佛陀記念館本館以外に、「表に八つの塔奥に大仏南に霊山、北に祇園のようなレイアウトになっている主な建築物軸線上にあり、東から西の順に礼敬ホール八つの塔、グランド・フォトテラス、菩提広場本館や佛光大仏などが立ち並んでいる。

※この「敷地内」の解説は、「佛光山佛陀記念館」の解説の一部です。
「敷地内」を含む「佛光山佛陀記念館」の記事については、「佛光山佛陀記念館」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「敷地内」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「敷地内」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「敷地内」の関連用語

敷地内のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



敷地内のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの静岡聖光学院中学校・高等学校 (改訂履歴)、ひだまりスケッチ (改訂履歴)、ひまわり温泉 ゆ・ら・ら (改訂履歴)、長等公園 (改訂履歴)、毎日放送千里丘放送センター (改訂履歴)、蟹江町立蟹江中学校 (改訂履歴)、蟹江町立蟹江小学校 (改訂履歴)、佛光山佛陀記念館 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS