小学生とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 児童 > 小学生の意味・解説 

しょうがく‐せい〔セウガク‐〕【小学生】

読み方:しょうがくせい

小学校在学する子供。→児童

「小学生」に似た言葉

在籍者 (学習者)

(小学生 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/29 17:17 UTC 版)

学習者における在籍者(ざいせきしゃ)は、学校などに在籍しているのことである。


注釈

  1. ^ ここでいう呼称とは、「学校教育法」においての呼称を指す。
  2. ^ 留年飛び級、浪人(過年度生)などを除く
  3. ^ 保育園(保育所)に通う子どもも「保育園児」の略として「園児」と呼ばれることがある。
  4. ^ 「特別の必要のある場合」(学校教育法第76条第2項また書き)は高等部のみを置くことができる。この特別支援学校は、「高等特別支援学校」「特別支援学校○○高等学園」というふうに呼ばれている。
  5. ^ このうち、学校教育法第83条の2に規定するものを「専門職大学」という。
  6. ^ 学校教育法第141条にて「学群」等を含む。
  7. ^ a b c 表のとおり「短期大学」も大学の一種であり、また「大学院」も学部とともに大学(大学院のみの大学である「大学院大学」を含む)に置かれるものであることから、この意味では短大生や大学院生についても「大学に在籍する学生」であるため「大学生」ということになるが、一般に「大学生」とは大学の学部に在籍する者、すなわち「学部生」においてこのように呼ばれている(「学歴#最終学歴」も参照)。
  8. ^ この下に「研究科」(学校教育法第141条にて「学府」「教育部」等を含む)を置く。「博士課程」「修士課程」などの全課程
  9. ^ このうち、学校教育法第99条第2項に規定するものを「専門職大学院」という。
  10. ^ 「教育研究上特別の必要がある場合」(学校教育法第103条)は大学院のみを置くことができる。この大学を「大学院大学」という。
  11. ^ 大学のうち、学校教育法第108条第1~3項に規定するものをいう。またこのうち、同条第4項に規定するものを「専門職短期大学」いう。
  12. ^ 高専5年間のうち1~3学年は高校3年間に相当するが、それでも後期中等教育ではなく高等教育として扱われる。
  13. ^ 大学受験予備校(専修学校一般課程または各種学校)に在籍する者については一般に「予備校生」と呼ばれている。
  14. ^ a b ただし、高等専門学校には別科を設置できない。また、大学院は短期大学を除く大学に置かれるものであり、大学院の別科・専攻科というものはない。
  15. ^ 同条では、「当該大学の学生以外の者」と規定されている。
  16. ^ ただし、正式な身分は国家公務員である。「大学校#入学対象者別の分類」を参照。

出典

  1. ^ 「学生称呼の起源」 『東京帝国大学五十年史』東京帝国大学、1932年、483-484頁。NDLJP:1453584/295 
  2. ^ 法令用語研究会(『有斐閣 法律用語辞典 第3版』、有斐閣、2006年、ISBN 4-641-00025-5)「児童」の項目
  3. ^ a b 法令用語研究会(『有斐閣 法律用語辞典 第3版』、有斐閣、2006年、ISBN 4-641-00025-5)「生徒」の項目
  4. ^ a b 法令用語研究会(『有斐閣 法律用語辞典 第3版』、有斐閣、2006年、ISBN 4-641-00025-5)「学生」の項目
  5. ^ 学校教育法第126条より。
  6. ^ 学校教育法第126条第2項より。
  7. ^ 大学等の履修証明制度について(文部科学省)
  8. ^ 木村晋介中野麻美島村麻里『二十歳の法律ガイド 第4版』(有斐閣、2001年、ISBN 9784641027602)166頁。


「在籍者 (学習者)」の続きの解説一覧

(幼・)小学生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 08:23 UTC 版)

将棋のアマチュア棋戦」の記事における「(幼・)小学生」の解説

小学生名人戦 詳細歴代優勝者などは、「小学生将棋名人戦を参照準決勝以降はNHK教育放送日本将棋連盟主催文部科学省文化庁後援公文式協賛羽生善治佐藤康光森内俊之屋敷伸之渡辺明数多く棋士輩出全国小学生倉敷王将戦 2002年創設岡山県倉敷市倉敷市文化振興財団日本将棋連盟主催倉敷市教育委員会共催で毎年8月倉敷市低学年の部と高学年の部に分かれて開催される3月から7月掛けて予選が行われる。また、小学生将棋名人戦優勝者前年高学年の部優勝者倉敷市の代表2名の特別枠がある他、各都道府県の代表により争われる過去に大山と縁が深かった青森県上北郡おいらせ町の代表2名も特別枠出場していた。 大山名人争奪の冠は、同地出身大山康晴十五名人20年2012年第11回大会より付された。 前身小学生王将戦は、1995年中国地方の小学生のみ対象で、低学年の部・高学年の部で優勝者争ったもの。回を重ねるごとにが地域拡大し2001年第7回まで開催その後大会となり、同時に1回大会となった創設され間もないプロ棋士輩出しており、優勝者から菅井竜也佐々木勇気阿部光瑠増田康宏佐々木大地藤井聡太出場者から里見香奈高見泰地複数いる。前身大会からは、糸谷哲郎稲葉陽澤田真吾輩出されている。 将棋日本シリーズ テーブルマークこども大会 日本将棋連盟主催6月ごろから11月ごろにかけて全国の主要都市にてそれぞれ1回ずつ開催東京大会11月ごろ開催)。各地大会とも低学年部門高学年部門2部制で、いずれも1日完結して各地区の優勝者決める(各地大会統括する全国大会」などは行われない)。低学年の部には未就学児出場できる居住地にかかわらず複数地区大会出場できるが、同一年度に他地大会の「トーナメント戦」に進出した者は申込不可大会優勝者からは斎藤慎太郎菅井竜也藤井聡太プロ入りしている。各地大会当日には同一会場にてJTプロ公式戦行われる2020年全ての地区大会中止された。 東急小学生将棋大会 日本将棋連盟主催毎年8月に「東急百貨店将棋まつりイベント内で行われる例年渋谷区東急百貨店本店会場となっている。

※この「(幼・)小学生」の解説は、「将棋のアマチュア棋戦」の解説の一部です。
「(幼・)小学生」を含む「将棋のアマチュア棋戦」の記事については、「将棋のアマチュア棋戦」の概要を参照ください。


小学生(U-12)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 05:43 UTC 版)

少年野球」の記事における「小学生(U-12)」の解説

硬式野球 リトルリーグボーイズリーグなど中学と同じ6団体連盟によって離塁規則用具規定塁間距離が異なることもあり、中学年代のような連盟での交流大会長らく開催されていなかったが、2010年になって初めて交流大会全国小学生硬式野球交流大会(アンダーアーマーカップ)」が開催された。 国際大会WBSC U-12ワールドカップ日本代表選考方法全日本合同トライアウト実施されている。ほか、各リーグ世界大会国際親善試合が行われている。 軟式野球 学童野球とも言う全国大会は、高円宮賜杯全日本学童軟式野球大会と、全国スポーツ少年団軟式野球交流大会の2大会前者47都道府県東京北海道は2チーム)と開催地東京)、前回優勝チームの計51チーム参加後者地域ブロック代表15チーム開催地札幌)のチーム加えた16チーム参加するチーム活動形態は、地域クラブチームスポーツ少年団など)と、学校単位分かれるチームによっては、家族参加型キャンプ合宿その他の行事を行うところもある。 国際大会BFA U-12アジア野球選手権。この大会にはKボール使用される日本代表選考方法全日本合同トライアウト実施されている。

※この「小学生(U-12)」の解説は、「少年野球」の解説の一部です。
「小学生(U-12)」を含む「少年野球」の記事については、「少年野球」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「小学生」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

小学生

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 10:38 UTC 版)

名詞

しょうがくせい

  1. 小学校在籍している児童

関連語


「小学生」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



小学生と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小学生」の関連用語

小学生のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



小学生のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの在籍者 (学習者) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの将棋のアマチュア棋戦 (改訂履歴)、少年野球 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの小学生 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS