ハイキングとは? わかりやすく解説

ハイキング【hiking】

読み方:はいきんぐ

自然を楽しみながら野山などを歩くこと。ハイク。「―コース


ハイキング

作者片野

収載図書真由裕太おじいちゃんひとりごと
出版社新風舎
刊行年月2005.9


ハイキング

作者平山夢明

収載図書いま、殺りにゆきます 2
出版社英知出版
刊行年月2007.1
シリーズ名英知文庫

収載図書いま、殺りにゆきます 2
出版社情報センター出版局
刊行年月2007.9


ハイキング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/21 06:06 UTC 版)

ハイキング(Hiking)は、健康のため、あるいは知らない土地を見聞したり、自然の風景や歴史的な景観を楽しむために軽装で、一定のコースや距離を歩くことをいう。ウォーキングともいい、近年は高齢者の健康維持(health promotion)のために推奨されている。小高い丘やを越えたり、その中腹を横切るといったコースもあり、山歩きと一部その活動は重なる部分もある。なお、ハイキングをする人をハイカーという。




「ハイキング」の続きの解説一覧

ハイキング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/08 15:19 UTC 版)

登山用語一覧」の記事における「ハイキング」の解説

登山厳密に区別できないが、比較的軽微装備で、平地景観山の風景を楽しみながら歩くこと。

※この「ハイキング」の解説は、「登山用語一覧」の解説の一部です。
「ハイキング」を含む「登山用語一覧」の記事については、「登山用語一覧」の概要を参照ください。


ハイキング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/27 15:39 UTC 版)

バート・エントバッハ」の記事における「ハイキング」の解説

バート・エントバッハ周辺の丘陵富み覆われた地形はハイキングに最適である。プレジカートヴァンダーヴェク(特に優れた遊歩道与えられる称号)のフィールテラーヴェクの他、24本の遊歩道存在する。さらに6本のノルディックウォーキング・コースや自転車道通っているいくつかの高い場所からは優れた眺望得られる。たとえば、デュンスベルク (15 km)、マールブルク (20 km)、フラウエンベルク城趾 (21 km) などが見られ晴れた日にはヴェスターヴァルトのフックスカウテ (29 km)、クニュル山地のクニュルケプフヒェン (68 km)、フォーゲルスベルク山地のホーエローツコプフ (60 km)、タウヌス山地のフェルトベルク (64 km)、ヴィースバーデン近郊のホーエ・ヴルツェル (83 km)、エーダーコプフ (26 km)、ビーデンコプフ近郊のザックプファイフェ (18.5 km)、ヴィンターベルク近郊のカーラー・アステンなどを望むことができる。さらに特に視界良い日には、レーン山地ヴァッサークッペ (100 km) まで遠望できることもできる。 展望台は、エントバッヒャー・プラッテ(森のレストラン2006年閉店した)、ギュンテロート近郊シェーンシャイト、ヴォンメルスハウゼンとエントバッハの間のヴァーデ、デルンバッハ近郊のグユーネ・シュタイン(オミッセベルク)などにある。また、ヴォンメルスハウゼンとヒュスホーフ/デルンバッハとの間の高地には、たとえばヴォンメルスハウゼンの北にある山小屋「アム・シュタイン」やボッテンホルンの東 1 kmシャイト (538.7 m) といった展望台がある。

※この「ハイキング」の解説は、「バート・エントバッハ」の解説の一部です。
「ハイキング」を含む「バート・エントバッハ」の記事については、「バート・エントバッハ」の概要を参照ください。


ハイキング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 07:48 UTC 版)

アダムズ山 (ワシントン州)」の記事における「ハイキング」の解説

西斜面にあるアダムズ山原生地広さ46,353エーカー (185 km2) あり、ハイカーには様々な可能性がある原生地トレイル東側乾燥した西側湿気通りアダムズ山氷河絶景楽しみ、水流開けた高山草原巡り様々な野草溶岩流縁辺岩の間点在するのを楽しむ。

※この「ハイキング」の解説は、「アダムズ山 (ワシントン州)」の解説の一部です。
「ハイキング」を含む「アダムズ山 (ワシントン州)」の記事については、「アダムズ山 (ワシントン州)」の概要を参照ください。


ハイキング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 21:48 UTC 版)

清風中学校・高等学校」の記事における「ハイキング」の解説

年4回、主に大阪府南東部和歌山県北部中央の山間部で行われる希望者による有料参加ルートは主に「100km歩行」のルート一部であり、「100km歩行」の予行兼ねている昼間歩行第1回4月)および第2回6月が行われる。距離は10-15km程度で、和歌山県山間部区間は、「100km歩行」の和歌山県高野山手前付近および「第4回」の蔵王峠付近である。 第3回9月32 km)および第4回11月35 km)は、夜間歩行が行われる。 第4回は、泉北高速鉄道泉ヶ丘駅 - プール学院付近 - (堺市大阪狭山市境界) - 金剛寺 - 関西サイクルスポーツセンター - 滝畑ダムサイト付近 - (大阪府道・和歌山県道61号堺かつらぎ線) - 滝畑レストラン(※100km歩行際はここで火が焚かれる) - 蔵王峠 - 和歌山線妙寺駅

※この「ハイキング」の解説は、「清風中学校・高等学校」の解説の一部です。
「ハイキング」を含む「清風中学校・高等学校」の記事については、「清風中学校・高等学校」の概要を参照ください。


ハイキング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 09:04 UTC 版)

グレート・スモーキー山脈国立公園」の記事における「ハイキング」の解説

詳細は「グレート・スモーキー山脈国立公園でのハイキング(英語版)」を参照 112.65 km70 マイル) のアパラチア自然歩道含め公園内には1,368 km (850 マイル) に達するハイキング用の山道未舗装路がある。高さ2,009m(6,593 フィート)のルコント山 (Mount Le Conte) は、公園内3番目に高く、麓から頂上までの高さはミシシッピ川東部で最も高い。そうしたことから公園内で最も人気の高い場所の一つとなっている。アルム・ケーブ山道 (Alum Cave Trail) は、頂上に通じ5つ道の中で最も人通り多く、ルコント・ロッジ (LeConte Lodge) に泊まろう計画するハイカーに、多くの見事な眺め類のない自然の魅力例えば、アルム・ケーブ・ブラフス (Alum Cave Bluffs) とアーチ・ロック (Arch Rock))提供する。ルコント・ロッジは、簡易宿泊施設となっており(冬季を除く)、頂上近くにある山道でしか行けない、公園内唯一つの民間宿泊施設である。人気のあるハイキング用のその他の歩道はチムニー・トップスの頂上に続く。チムニー・トップスは、そのユニークなふたこぶの山頂のため、そのように名付けられている。この短いが骨の折れるハイキングは、周囲取り囲む山頂壮大なパノラマで、自然を愛する人に報いるなだらかな道が良い人にとっては、ローレル滝山道とクリングマンズ・ドーム山道は、それぞれの目的地まで比較簡単で短く舗装されている。ローレル滝山道 (Laurel Falls Trail) は、24 m(80 フィート)の迫力のある滝に続いているクリングマンズ・ドーム山道は、55フィート展望台続いており、晴れた日にそこからマイルにも渡ってテネシー州ノースカロライナ州山々見える ハイキングに加え公園ではトレッキングキャンプが、特にアパラチア自然歩道沿いに設けられ山小屋で、楽しめる指定キャンプ場も、公園中にちらばっている。いずれの所で宿泊には許可必要でその許可はほとんど常に一夜限り有効である

※この「ハイキング」の解説は、「グレート・スモーキー山脈国立公園」の解説の一部です。
「ハイキング」を含む「グレート・スモーキー山脈国立公園」の記事については、「グレート・スモーキー山脈国立公園」の概要を参照ください。


ハイキング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/22 02:43 UTC 版)

ワシントン山 (ニューハンプシャー州)」の記事における「ハイキング」の解説

頂上に行く最も人気あるハイキング道全長4.1マイル (6.6 km) のタッカーマントレイルである。ピンカム・ノッチ・キャンプ場に始まり標高差4,280フィート (1,300 m) のタッカーマン谷のお椀一気に上まで登る途中には険し岩場もある。谷とノッチ向こうのワイルドキャット山まで素晴らし景観楽しむことができる。この道ではスキー事故低体温症のために死亡事故起きたことがある。道を2.1マイル (3.4 km) 進んだお椀底の小さな売店に近いポンプ井戸水筒充填できる。その店では軽食トイレ休憩ができる。頂上に博物館土産店展望所カフェテリアがある。夏の下山はピンカム・ノッチ・キャンプ場までシャトルバス利用できる有料)。東斜面の別登山道としては、ライオンヘッドハンティントン谷、ネルソン・クラグ各トレイルと、北東から登るグレートガルフ・トレイルがある。西斜面からの登山道は、アモヌーサック谷とジュウェルトレイル、クロウフォード・パスとガルフサイド・トレイル(それぞれ南西北から来るアパラチアン・トレイル一致している)がある。 夏のワシントン山と冬のワシントン山登るのは多くの異なる点がある。勿論、気象地面の状態に大きな違いがあるが、観光客にとって快適さ大きな違いがある。冬の山頂に公的施設は無い。 冬季に最も人気のあるルートライオンヘッド冬季ルートであり、タッカーマントレイル始まるが、北に逸れて標高5,033フィート (1,534 m) のライオンヘッド登る。冬のルート雪崩危険性避けるためにお勧めである。 タッカーマントレイルから逸れルート雪の状態にもよっている。雪が深くなければライオンヘッドルート使える。ピンカム・ノッチの観光案内所から2.3マイル (3.7 km) 進んだ後で右に折れてライオンヘッドルートに進む。ライオンヘッド・トレイルに夏でも積雪量が多い場合は、森林局が約1.7マイル (2.7 km) 先で曲がライオンヘッドルートを開く。

※この「ハイキング」の解説は、「ワシントン山 (ニューハンプシャー州)」の解説の一部です。
「ハイキング」を含む「ワシントン山 (ニューハンプシャー州)」の記事については、「ワシントン山 (ニューハンプシャー州)」の概要を参照ください。


ハイキング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/30 22:04 UTC 版)

ヨセミテ国立公園」の記事における「ハイキング」の解説

公園内には、総延長1300キロメートルを超えるトレイル呼ばれるハイキングコースいくつも走っている気軽に散策できるコースから、いくつかの山を登っていく体力要するコースさらには数日をかけてのバックパッキング必要なコースもある。バックパッキングには入山許可証必要であり頻繁にレンジャーチェックしている。 公園は、大きく次の五つセクション分けることができる。 ヨセミテ渓谷 ワウォナ、マリポサ・グローブグレイシャー・ポイント トゥオルミ・メドウズ ヘッチ・ヘッチー渓谷 クレイン・フラット、ホワイト・ウルフトレイルについて紹介した書籍数多く出ているほか、ヨセミテ内の国立公園局窓口情報無料で手に入れることができる。職員ら(パーク・レンジャー呼ばれる)は、公園内ヨセミテ渓谷以外の場所も訪れることを勧めている。 晩春から初秋にかけては公園大半の場所で数日をかけてのバックパッキング可能である。1泊以上の行程の場合は自然保護区入域許可必要であるほか、熊対策のされた食料ケース携帯必要とされる

※この「ハイキング」の解説は、「ヨセミテ国立公園」の解説の一部です。
「ハイキング」を含む「ヨセミテ国立公園」の記事については、「ヨセミテ国立公園」の概要を参照ください。


ハイキング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 16:18 UTC 版)

奥志賀高原スキー場」の記事における「ハイキング」の解説

ホテル周辺などにコース整備されている。 ゲレンデ綺麗に刈り込まれ高山植物咲いていたり、コース外のなどに行く事ができるときがある。 奥志賀の更に奥へ向かう、数kmある白樺簡単な山道白樺苑路整備されている。途中湧き水や沢があり、出口付近に小さな池が存在する出口で合流する車道から帰ってくることも可能。(車道への車両乗り入れ禁止されている) 単に道路沿いを歩くだけでも眺めがよく、山菜なども採ることが出来る近くに奥志賀高原牧場がある。近年観光にも開放されるようになったシーズン中週末などに受け入れており、トップシーズンには連日開放されている。非開放日であっても予約と言う形で連絡すれば受け入れることもあるようだ。 100haの広さがあり、毎年6月ごろから10月ごろまで若い牛や馬が数十放牧される。牧場では野菜飼料有機栽培が行われている。試行錯誤続けていた自家製ヨーグルト完成した。これらは一般に販売され通信販売行われている。季節収めたDVDもある。 非常に古い炭焼き釜が発見され、その石が利用されピザ釜が作られた借りたり場合によっては食べることもできる模様発見きっかけ埋もれていた釜に牛が落っこちとのこと。 沢や川なども随所にある。禁漁時期もあるが、解禁時はホテル等販売されている釣り券が必要となる。雑魚川には原種天然イワナ生息している。 奥志賀高原から秋山郷抜け林道沿いは紅葉すばらしくシーズンになると訪れる人が大変多い。またこの途中の奥志賀渓谷には8月まで残雪が残る。この渓谷にも散策路整備されている。

※この「ハイキング」の解説は、「奥志賀高原スキー場」の解説の一部です。
「ハイキング」を含む「奥志賀高原スキー場」の記事については、「奥志賀高原スキー場」の概要を参照ください。


ハイキング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/30 08:23 UTC 版)

高麗山」の記事における「ハイキング」の解説

一帯は、高麗山県民の森指定されており、500種ほどの植物の宝庫である。湘南平(泡垂山)から高麗山への道のりは市民から手軽なよいハイキングコースとして親しまれているバス車で湘南平で向かえば、高麗山山頂まで徒歩で片道30分程度の距離である。また高来神社バス降り神社の裏から高麗山山頂 - 湘南平 - 大磯と辿るコース逆のコースを取る人もいる。散策路沿いにはテーブルベンチなどが設置されている。

※この「ハイキング」の解説は、「高麗山」の解説の一部です。
「ハイキング」を含む「高麗山」の記事については、「高麗山」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ハイキング」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ハイキング」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ハイキング」の関連用語

ハイキングのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ハイキングのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2023 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハイキング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの登山用語一覧 (改訂履歴)、バート・エントバッハ (改訂履歴)、アダムズ山 (ワシントン州) (改訂履歴)、清風中学校・高等学校 (改訂履歴)、グレート・スモーキー山脈国立公園 (改訂履歴)、ワシントン山 (ニューハンプシャー州) (改訂履歴)、ヨセミテ国立公園 (改訂履歴)、奥志賀高原スキー場 (改訂履歴)、高麗山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS