方位磁石とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 方位磁石の意味・解説 

ほうい‐じしゃく〔ハウヰ‐〕【方位磁石】

読み方:ほういじしゃく

磁気コンパス


方位磁針

(方位磁石 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/20 20:57 UTC 版)

方位磁針(ほういじしん、: compass コンパス)は、磁石を用いて方位を知るための道具[1]方位磁石[2]、あるいは単に「磁針」とも呼ばれる。


  1. ^ 広辞苑第六版【方位磁石】
  2. ^ 広辞苑第六版【方位磁石】。広辞苑第六版は「方位磁石」という見出し語だけで項目を立てていて、「方位磁針」では立てていない。
  3. ^ 広辞苑第六版【羅針盤】「磁針がほぼ南北を指す特性を利用し、船舶航空機などで方位を測定する用具。」という説明文が掲載されている。
  4. ^ a b 池田勝, 「古今(こきん)用語撰」『らん:纜』 1992年 17巻 p.43-46, doi:10.14856/ran.17.0_43、2020年6月19日閲覧。
  5. ^ レファレンス協同データベース「方位磁石はなぜ北を向くのか。」
  6. ^ a b c 国土地理院「地磁気を知る」
  7. ^ a b 佐藤新一 『誰にもわかる地文航法』 海文堂出版、1958年、7頁
  8. ^ NPO法人あいんしゅたいん「方位磁針の作り方」
  9. ^ コンパスの作り方
  10. ^ 佐藤新一 『誰にもわかる地文航法』 海文堂出版、1958年、6-7頁
  11. ^ 地磁気の説明” (PDF). 国土地理院. 2013年11月4日閲覧。
  12. ^ a b c d e f 佐藤新一 『誰にもわかる地文航法』 海文堂出版、1958年、6頁
  13. ^ 地磁気を知る”. 国土地理院. 2017年10月3日閲覧。
  14. ^ 地磁気値を求める”. 国土地理院. 2016年3月24日閲覧。
  15. ^ 2万5千分1地形図(整飾)”. 国土地理院. 2016年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月24日閲覧。
  16. ^ Official Site for 電子コンパス キャリブレーション - 旭化成エレクトロニクス
  17. ^ スマホを8の字に回すと何が起こる? その理由は (1/2) - ITmedia
  18. ^ スマホを8の字に回すと何が起こる? その理由は (2/2) - ITmedia
  19. ^ 磁石の北と地磁気極と磁極(京都大学大学院理学研究科附属地磁気世界資料解析センター)
  20. ^ 「徹底図解 宇宙のしくみ」、新星出版社、2006年、p54
  21. ^ ■ 西暦220年~400年: 指南車についての諸説と指南魚 - NeoMag
  22. ^ a b c 元祖コンパスは魚の形 - 日本船舶海洋工学会
  23. ^ 船の科学館ものしりシート(日本財団電子図書館)


「方位磁針」の続きの解説一覧

方位磁石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 04:02 UTC 版)

ウルトラマン」の記事における「方位磁石」の解説

多々良島での探索イデ左腕嵌めて使用した装置

※この「方位磁石」の解説は、「ウルトラマン」の解説の一部です。
「方位磁石」を含む「ウルトラマン」の記事については、「ウルトラマン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「方位磁石」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「方位磁石」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「方位磁石」の関連用語

方位磁石のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



方位磁石のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの方位磁針 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのウルトラマン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS