FADECとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > FADECの意味・解説 

【FADEC】(ふぁでっく)

Full Authority Digital Engine Control(全自動デジタルエンジンコントロール).

スロットルレバー燃料制御関連装置とを直接機械的関連付けず、スロットル動作電気信号置換してコンピュータで処理し、燃料制御装置動作させること。もしくはそのため装置自体を指す。
言うならばエンジン制御フライバイワイヤーという表現が近い。

常にエンジンにとって最適状況全自動維持できるため、レスポンスの向上、高燃費化、メンテナンス性の向上を実現し、最新タービンエンジン機に多く見られる


FADEC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/05 14:33 UTC 版)

FADEC(ファデック、または、フェデック)とは、デジタルコンピュータを用いて、航空機用エンジンの全ての制御を行う制御装置である[1][2][3]


注釈

  1. ^ 制御用デジタルコンピュータ部は、Electronic Control Unit (ECU)、または Electronic Engine Control (EEC)と呼ばれる。[5]
  2. ^ 油圧機械式のエンジン制御装置は油圧機械式制御装置(Hydro-Mechanical Control Unit, HMU)と呼ばれる。
  3. ^ HMUによるエンジン制御装置では、機械的な回転や空気や燃料の圧力がHMUに伝えられ、こういった少ない入力に基づいて適切な燃料供給を行えるように弁を制御し、可変静翼を調整していた。HMUでは単純な制御しか行えず、定常運転時での良好な燃費に対応して、始動・停止時や加速・減速状態での細かな調整は行えず、ただ安全に運転できるような最低限度の制限制御が備わっていた。例えばジェットエンジンの制御では低圧軸と高圧軸の2軸の回転数制御でも強度的な制限によって高圧軸回転数のみを制限した。
  4. ^ 油圧機械式にアナログ電気式、またはデジタル電気式の電子制御を加えたエンジン制御は電子油圧機械式制御(Electro-Hydro-Mechanical Control)と呼ばれる。日本の自衛隊で2009年現在も使用されているT4 練習機F3 エンジンも電子油圧機械式制御である。
  5. ^ 電子部品としてのECUは2系統であっても、それらを収めるECUの筐体は1つにまとめられている場合が多く、ECUは1つという表現も成り立つ。通常、コントロール・プログラムは2つのECUともに同一であるため、その不良は大きな危険を招く。コントロール・プログラムのプログラミングは正確性・確実性が求められる。
  6. ^ 2009年現在の一般的なジェットヘリコプターでは、機体運動そのものに関係なくターボシャフトエンジンの回転数を一定値に収めるようにFADECが制御しているため、上昇や加速に伴ってエンジン負荷が増し回転数が低下し始めてからそれを補うために燃料供給が増やされる。このフィードバック制御に代わってフィードフォワード制御を行えば機体の運動性能が向上すると考えられる。

出典



「FADEC」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

FADECに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「FADEC」の関連用語

FADECのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

RPG

99式自走榴弾砲

飛行教導隊

スタブ翼

グラスコックピット

A380

10式戦車

RMS





FADECのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのFADEC (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS