レスポンスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 保健 > 反応 > レスポンスの意味・解説 

レスポンス

英語:response

レスポンスとは、レスポンスの意味

レスポンスとは、反応応答という意味のことばである。IT用語としては、応答時間という意味使われる。レスポンスはもともと、英語の response由来となっており、 response もレスポンス同様に反応応答といった意味がある。レスポンスから派生した敏感に反応するという意味レスポンシブという言葉もあり、主にITの現場において使われている。

レスポンスは基本的に反応応答という意味で、何かを質問した際に「レスポンスが良い」「レスポンスが悪い」などといった使われ方をするのが一般的である。ちなみにインターネット上掲示板への書き込み返信する時や、電子メール返信する時に用いる「Re:」はレスポンス(response)の略ではなくラテン語の「~について」の意味を持つ res由来としている。


レスポンス

英語:response

「レスポンス」とは・「レスポンス」の意味

「レスポンス」は返答反応応答という意味用いられており、「レス」という略語浸透している。

「レスポンス」の語源・由来

「レスポンス」は、英語の「response(レスポンス)」に由来するカタカナ語である。英語の「response」には返答反応応答という意味があり、「レスポンス」も同様の意味で用いられているが、英語の「response」にはない対応という意味用いられることもある。また、英語の「response」の発音は「レスポンス」ではないため、日本語発音のままだと英会話では通じないことが多い。実際の発音は「リスパンス」に近い。「レスポンス」は日常会話用いられる頻度少なくIT業界自動車・バイク業界用いられることが多い言葉である。

「レスポンス」の熟語・言い回し

「レスポンス」を使った言い回し多くそれぞれ意味が少しずつ異なる。

レスポンスがいいとは


「レスポンスがいい」とは、外部からの働きかけに対する反応応答、対応が良い早い)ことを意味するビジネスにおいては顧客クライアントからの問い合わせ即座に返答したり、クレームに対して素早くリアクション起こしたりすることで、有能なビジネスマン優良企業条件1つとされているまた、商談において手ごたえ感じた場合も、取引先の「レスポンスがいい」と表現することができる。

そのほかIT業界では「レスポンスがいい」とはコンピューター処理能力早いこと意味する高速インターフェース高速通信機能など備えているものが、レスポンスがいいパソコンとなる。自動車業界おいてもブレーキアクセル操作性良いことを「レスポンスがいい車」と表現する

レスポンスが悪いとは


「レスポンスが悪い」とは、外部からの働きかけに対する反応応答が遅いことを意味するビジネスにおいては顧客クライアントからの問い合わせへの返答や対応が遅いことを指す。また、商談などにおいて相手反応悪く手ごたえ感じなかった場合も、「レスポンスが悪い」と表現することがあるビジネスにおいて「レスポンスが悪い」ことは、社会人としてマナー欠如しているとみなされる傾向があるそのほかパソコン立ち上がりが遅い・クリックして反応が遅いなど処理能力が遅いことや、自動車アクセルブレーキなどの操作性悪いことも「レスポンスが悪い」という言い回しを使う。

レスポンスが早いとは


「レスポンスが早い」とは返答反応早いという意味持ちビジネスにおける美徳1つとされている。「レスポンスがいい」と同様の意味用いられることが多く仕事の処理能力が高いというプラスの意味合いである。高速インターフェース高速通信機能など備えパソコン処理能力早いことや、自動車アクセルブレーキ反応早く操作性が高いことも「レスポンスが早い」と表現する

レスポンスがないとは


「レスポンスがない」とは、外部からの働きかけ無反応であることを意味するビジネスにおいてメールに全く返信しない要望に何も応えない反応がない場合などに用いられる営業活動において取引先からの返答ない場合に「レスポンスがない」と表現されることが多く脈なしという意味合いになる。

コールアンドレスポンスとは


コールアンドレスポンス」とは、英語の「call and responseコール-アンド-レスポンス)」に由来し英訳する呼びかけ応答という意味となる。「コールアンドレスポンス」は主に音楽において用いられる表現で、ヴォーカル観客掛け合ったり、ヴォーカルコーラス呼応したりすることを指す。もともとは、アフリカ地域宗教儀式などのコミュニケーション手段として用いられていたことからゴスペルブルースなど黒人音楽用いられることが多い。日本おいてもコンサートフェスバンド観客掛け合いコールアンドレスポンス」を行うこともある。

ナイス レスポンスとは


「ナイスレスポンス」は、良い返答良い反応という意味用いられる営業職において相手先の返答反応良かった場合に、相手から「ナイスレスポンス」が得られたと表現したり、新商品発売した際に顧客から評判良かった場合は、新商品顧客から「ナイスレスポンス」があったという言い回しができる。また、適切な対応という意味用いられることもありクレームに対する「ナイスレスポンス(適切な対応)」をマニュアル化するなどと表現できる

ノーレスポンスとは


「ノーレスポンス」とは、「ノー(ない)」+「レスポンス(応答返答反応)」という英単語から構成されていることから解るように、返答がない、応答がないという意味である。「レスポンスがない」と同じ意味で用いられている。「ノーレスポンス」を略したノーレス」という略語一般化しており、ビジネスおいても使用されている取引先から返事がない場合などに「取引先からノーレスです」と表現することができ、ビジネス進展がないことを伝えられる

レスポンデントとは


「レスポンデント」は英語の「response反応する)」を語源とする造語で、主に行動分析学において用いられる言い回しである。刺激事象によって誘発される反応意味し、「レスポンデント行動」などと表現される酸っぱいものを口に入れる唾液が出る、暑い場所にいると汗をかく目の前に物が飛んで来たら目をつぶるなどが、レスポンデント行動となる。レスポンデントの最も有名な例としては、エサ与え前にベルを鳴らすと、ベル鳴らしただけでだ液分泌するうになるという「パブロフの犬」という実験がある。

ハイレスポンスとは


「ハイレスポンス」とは、「ハイ(高い)」+「レスポンス(応答返答反応)」という単語によって構成されカタカナ語で、高反応・高対応という意味を持つ。自動車ゲーム機械などに幅広く用いられる熟語である。操作性の高い車を「ハイレスポンスな車」と表現したり、ゲームなど画面描画速度が高いことが「ハイレスポンスモード」と呼ばれたり、運転適性に合わせてシステム適正化された機械は「ハイレスポンス制御された機械」と宣伝されたりする。「レスポンス」の使い方例文取引先のレスポンスが遅いため、打ち合わせ日程をなかなか組むことができない
〇〇会社問い合わせをすると、レスポンスが早くスムーズに疑問解消することができた。
新しく購入した自動車はレスポンスが良く初心者でも安全に運転することができる。
人気グループコンサートでは、観客コールアンドレスポンスが行われ会場大い沸き立っていた。
何度も担当者メール送っているのにレスポンスがないため、直接事務所に赴き交渉することにした
彼はレスポンスの早さ多くの企業から信頼勝ち取り何度も大きな商談成立させている。
仕事忙しくメールの返信忘れていたら、レスポンスが遅いと上司叱責された。
・このパソコンはレスポンスがいいので、大きなデータもすぐに画面上表示されるためストレスがない。
・ハイレスポンスモードでゲームプレイすると、表示滑らかでタッチ感も向上するため高得点出せる
勧誘メールにはノーレスポンスを通すのが、トラブル巻き込まれないコツである。
・レスポンスが早いことは、ビジネスマンとして成功するための必須条件である。
・この機械はハイレスポンス制御機能搭載しており、省エネ効果優れている

レスポンス【response】

読み方:れすぽんす

《「リスポンス」とも》

応答反応。対応。返事。「問い合わせにすぐ―があった」

自動車コンピューターなどで、操作に対する反応。「―のいい車」


レスポンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/08 05:09 UTC 版)

レスポンス (response) は、反応応答の意味。




「レスポンス」の続きの解説一覧

レスポンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/14 04:04 UTC 版)

Video Ad Serving Template」の記事における「レスポンス」の解説

アドサーバー下記のパラメータ伴ってレスポンスを行う。 再生されるメディア情報 どのようにして再生されるどのようにトラッキングが行われるか 例え上記のリクエストがされた場合下記のような内容返される。 1 2 3 4 5 LiveRail 6 7 8 9 .......10 11 12 13 00:00:0914 15 16 17 .......18 19 20 21 22 23 24 ......25 26 27 28 29 30 31

※この「レスポンス」の解説は、「Video Ad Serving Template」の解説の一部です。
「レスポンス」を含む「Video Ad Serving Template」の記事については、「Video Ad Serving Template」の概要を参照ください

ウィキペディア小見出し辞書の「レスポンス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

レスポンス

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 09:35 UTC 版)

名詞

  1. 反応追従応答

語源

関連語


「レスポンス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



レスポンスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「レスポンス」の関連用語

レスポンスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



レスポンスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2022 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのレスポンス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのVideo Ad Serving Template (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのレスポンス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS