過酸化水素水とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 分子化学 > 水溶液 > 過酸化水素水の意味・解説 

かさんかすいそ‐すい〔クワサンクワスイソ‐〕【過酸化水素水】


過酸化水素水(かさんかすいそすい)

消毒殺菌剤3035%の過酸化水素水を1030倍にうすめ、タンク仕込み庫などの殺菌使用する。

過酸化水素

(過酸化水素水 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/02 04:00 UTC 版)

過酸化水素(かさんかすいそ、: hydrogen peroxide)は、化学式 H2O2 で表される化合物。しばしば過水(かすい)と略称される。主に水溶液で扱われる。対象により強力な酸化剤にも還元剤にもなり、殺菌剤漂白剤として利用される。発見者はフランスルイ・テナール




  1. ^ a b c 厚生労働省モデルSDS
  2. ^ a b 過酸化水素35%水溶液 MSDS (PDF)
  3. ^ 曾根興三、「過酸化水素」、世界大百科事典、第二版CD-ROM版、平凡社、1998年
  4. ^ 安全データシート”. 2020年4月16日閲覧。
  5. ^ 液体モル濃度の求め方-富士フィルム和光純薬株式会社
  6. ^ 佐藤一彦「過酸化水素水を用いる環境調和型酸化反応」『有機合成化学協会誌』第60巻第10号、有機合成化学協会、2002年、 974-982頁、 doi:10.5059/yukigoseikyokaishi.60.974
  7. ^ 住友化学の新しいε-カプロラクタム製造技術 (PDF) 住友化学
  8. ^ 1980年11月13日タホ湖で試験走行中にフロートが波の衝撃に耐えられず破損して水面に叩きつけられ、ドライバーのリー・テイラーは死亡したGoing For Broke At 300 MPH - ウェイバックマシン
  9. ^ フランス人: ロケット自転車を使って時速333キロの速度世界記録を樹立[リンク切れ]、businessnewsline、2014年11月11日、同年11月12日閲覧
  10. ^ 厚生労働省 「過酸化水素の規格基準改正について」(平成28年10月27日付生食発1027第1号)
  11. ^ 国民生活センター「物質名が表示されない食品添加物がある?
  12. ^ 厚生労働省「食品添加物の表示について
  13. ^ 国立医薬品食品衛生研究所「食品添加物含有量データベース
  14. ^ ポリリン酸を用いたホワイトニングの特徴 : Q&A 歯科一般 : Dental Diamond[デンタルダイヤモンド]”. www.dental-diamond.jp. 2021年1月17日閲覧。
  15. ^ 河岸宏和 (2008), 図解入門ビジネス 最新 食品工場の衛生と危機管理がよ〜くわかる本, 秀和システム, p. 58, ISBN 978-4-7980-2007-5 
  16. ^ 経済産業省生産動態統計年報 化学工業統計編
  17. ^ 浜口高嘉、『過酸化水素の製造と関連製品』 月刊ファインケミカル, 2006年3月 NAID 40007161259
  18. ^ Y. Izumi, JP Patent 昭51-4097.
  19. ^ L. W. Gosser, M. A. Paoli, US5135731, 1992.
  20. ^ Y. Nomura, T. Ishihara, Y. Hata, K. Kitawaki, H. Matsumoto, ChemSusChem, 2008, 1, 619-621.
  21. ^ V. R. Choudhary, A. G. Galward, S. D. Sansare, Angew. Chem. Int. Ed., 2001, 40, 1776-1777.
  22. ^ K. Otsuka and I. Yamanaka, "One step synthesis of hydrogen peroxide through fuel cell reaction." Electrochim. Acta, 1990, 35, 319-322. doi:10.1016/0013-4686(90)87004-L
  23. ^ I. Yamanaka, T. Onizawa, H. Suzuki, N. Hanaizumi, Chem. Lett., 2006, 35, 1330-1331.
  24. ^ E. Brillas, F. Alcaida, P. L. Cabot, Electrochim. Acta, 2002, 48, 331-340.
  25. ^ I. Yamanaka, T. Onizawa, S. Takenaka, K. Otsuka, Angew. Chem. Int. Ed., 2003, 42, 3653-3654.
  26. ^ I. Yamanaka, S. Tazawa, T. Murayama, R. Ichihashi, N. Hanaizumi, ChemSusChem, 2008, 1, 988-990.
  27. ^ 太陽光により水と酸素から過酸化水素を合成する革新的光触媒の開発
  28. ^ 光電極を用いた酸化剤と水素の効率的な製造方法を開発
  29. ^ Boris Yevseyevich Chertok (2006-06-01). Rockets and People: Creating a rocket industry. Government Printing Office. pp. 636-640. ASIN B019NDFEHI. ISBN 9780160766725. http://www.nasa.gov/pdf/635963main_RocketsPeopleVolume2-ebook.pdf. 
  30. ^ 首都高速2号線におけるタンクローリー爆発事故概要 - 消防庁危険物規制課 平成11年(1999年)11月1日、2020年4月16日閲覧
  31. ^ TOPIC No.2-51 タンクローリー爆発(首都高)
  32. ^ Debra Rosenberg et al. "A Mystery In The Deep." Newsweek 136.9 (2000): 34. Academic Search Premier. Web. 7 December 2011.
  33. ^ Sviatov, George. "The Kursk's Loss Offers Lessons." U.S. Naval Institute Proceedings, 129.6 (2003): 71. Academic Search Premier. Web. 7 December 2011.
  34. ^ Marshall, Geoff (July 2008), “The Loss of the HMS Sidon”, In Depth (Submarines Association Australia) 28 (4), オリジナルの2011-02-16時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20110216055128/http://submarinesaustralia.com/indepth_archive/in_depth__jul_08.html 2010年9月2日閲覧。 
  35. ^ a b c 日本海沿岸地域等への廃ポリタンクの大量漂着について(第3報)”. 環境省 (2008年3月5日). 2020年5月21日閲覧。
  36. ^ カラー図解 アメリカ版 大学生物学の教科書 第1巻 細胞生物学、David Sadavaほか、講談社、2010年、p.18.
  37. ^ A Hirono et al."A Novel Human Catalase Mutation (358 T6del) Causing Japanese-type Acatalasemia," Blood Cells, Molecules, and Diseases (1995) 21(23) Dec 15: 232-234, PMID 8673475
  38. ^ Noctor G, Foyer CH (Jun 1998). “ASCORBATE AND GLUTATHIONE: Keeping Active Oxygen Under Control”. Annu Rev Plant Physiol Plant Mol Biol 49: 249–279. doi:10.1146/annurev.arplant.49.1.249. PMID 15012235. 
  39. ^ Wells WW, Xu DP (August 1994). “Dehydroascorbate reduction”. J. Bioenerg. Biomembr. 26 (4): 369–77. doi:10.1007/BF00762777. PMID 7844111. 
  40. ^ Whitbread AK, Masoumi A, Tetlow N, Schmuck E, Coggan M, Board PG (2005). “Characterization of the omega class of glutathione transferases”. Meth. Enzymol. 401: 78–99. doi:10.1016/S0076-6879(05)01005-0. PMID 16399380. 
  41. ^ Rouhier N, Gelhaye E, Jacquot JP (2002). “Exploring the active site of plant glutaredoxin by site-directed mutagenesis”. FEBS Lett 511 (1-3): 145–9. doi:10.1016/S0076-6879(05)01005-0. PMID 16399380. 
  42. ^ Meyer A (Sep 2009). “The integration of glutathione homeostasis and redox signaling”. J Plant Physiol 165 (13): 1390–403. doi:10.1016/j.jplph.2007.10.015. PMID 18171593. 
  43. ^ Jimenez A, Hernandez JA, Pastori G, del Rio LA, Sevilla F (Dec 1998). “Role of the ascorbate-glutathione cycle of mitochondria and peroxisomes in the senescence of pea leaves”. Plant Physiol 118 (4): 1327–35. doi:10.1104/pp.118.4.1327. PMC: 34748. PMID 9847106. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC34748/. 
  44. ^ Rouhier N, Lemaire SD, Jacquot JP (2008). “The role of glutathione in photosynthetic organisms: emerging functions for glutaredoxins and glutathionylation”. Annu Rev Plant Biol 59: 143–66. doi:10.1146/annurev.arplant.59.032607.092811. PMID 18444899. 
  45. ^ 市川祐介、中島洋、渡辺芳人「高度好熱菌由来シトクロム c552 を利用した ペルオキシダーゼ不安定中間体の観測 (PDF) 」 第33回 生体分子科学討論会 2006年7月14日9:20〜9:40 のプログラム案内[1]
  46. ^ Ichikawa, Yusuke; Nakajima, Hiroshi; Watanabe, Yoshihito (2006-10-06). “Characterization of Peroxide-Bound Heme Species Generated in the Reaction of Thermally Tolerant Cytochrome c552 with Hydrogen Peroxide”. ChemBioChem 7 (10): 1582–1589. doi:10.1002/cbic.200600135. ISSN 1439-4227. https://chemistry-europe.onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/cbic.200600135. 
  47. ^ 老化のメカニズム 2006/09/25
  48. ^ 玉利祐三 5. 必須微量元素の栄養と欠乏症 - ウェイバックマシン(2015年9月20日アーカイブ分)
  49. ^ 理大の栞16:活性酸素 -解説 役立つ情報をあなたのポケットに!
  50. ^ 大阪武雄、日本化学会『活性酸素』丸善、1999年、p.27。ISBN 4-621-04634-9


「過酸化水素」の続きの解説一覧



過酸化水素水と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「過酸化水素水」の関連用語

過酸化水素水のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



過酸化水素水のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2021 Japan Sake Brewers Association
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの過酸化水素 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS