亜硝酸とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 分子化学 > 硝酸 > 亜硝酸の意味・解説 

あ‐しょうさん〔‐セウサン〕【亜硝酸】

読み方:あしょうさん

水溶液としてだけ存在する弱酸分解しやすく、加熱する一酸化窒素発生して硝酸になる。化学式HNO2


亜硝酸

英訳・(英)同義/類義語:nitrous acid, nitrite

HNO2 亜酸化窒素水溶液アミノ基反応し突然変異誘発する
「生物学用語辞典」の他の用語
化合物名や化合物に関係する事項:  二重結合  五炭糖  五酸化リン  亜硝酸  亜硫酸  低張液  低級脂肪酸

亜硝酸(あしょうさん)

生もと系酒母では、水中硝酸硝酸還元菌によって還元されて亜硝酸となり、この亜硝酸が酵母の早湧きはやわき)を抑えるという重要な役目をする。しかし一般に水中に亜硝酸が多いことは細菌による汚染可能性大きく好ましくない

亜硝酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/11 07:44 UTC 版)

亜硝酸(あしょうさん、nitrous acid)とは、窒素オキソ酸のひとつで化学式 HNO2 で表される弱酸である。IUPAC命名法系統名はジオキソ硝酸 (dioxonitric(III) acid) である。遊離酸の状態では不安定で分解しやすい為、亜硝酸塩または亜硝酸エステル等の形で保存あるいは使用されることが多い。


  1. ^ F.A. コットン, G. ウィルキンソン著, 中原 勝儼訳 『コットン・ウィルキンソン無機化学』 培風館、1987年
  2. ^ Allen J. Bard, Roger Parsons, Joseph Jordan, Standard Potentials in Aqueous Solution, Marcel Dekker Inc (1985).
  3. ^ 田中元治 『基礎化学選書8 酸と塩基』 裳華房、1971年
  4. ^ アミンの亜硝酸との反応 (pdf)”. 城西国際大学. 2017年7月9日閲覧。
  5. ^ 生物機能開発研究所紀要 7:37-41(2007)葉菜中硝酸イオンの低減化法


「亜硝酸」の続きの解説一覧

亜硝酸

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 03:45 UTC 版)

名詞

あしょうさん

  1. 窒素オキソ酸一つ化学式 HNO2通常はその水溶液をいう。弱酸であり、加温することにより酸化したり還元したりする。

関連語

翻訳


「亜硝酸」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



亜硝酸と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「亜硝酸」の関連用語

亜硝酸のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



亜硝酸のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2024 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2024 Japan Sake Brewers Association
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの亜硝酸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの亜硝酸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS