溶液とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 混合物 > 溶液の意味・解説 

よう‐えき【溶液】

読み方:ようえき

2種またはそれ以上の物質溶けて均質になっている液体溶けている物質溶質溶かしている液体溶媒という。

「溶液」に似た言葉

溶液(ようえき)

ある物質液体中に均一に溶けているとき、これを溶液という。このとき溶けている方を溶質溶かしている方を溶媒という。

溶液

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/14 04:06 UTC 版)

溶液(ようえき、: solution)とは、2つ以上の物質から構成される液体状態の混合物である。一般的には主要な液体成分の溶媒(ようばい、solvent)と、その他の気体液体固体の成分である溶質(ようしつ、solute)とから構成される。




「溶液」の続きの解説一覧

溶液

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/08 23:15 UTC 版)

C70フラーレン」の記事における「溶液」の解説

C70 (S, mg/mL)の飽和溶解度溶媒S (mg/mL)1,2-ジクロロベンゼン 36.2 二硫化炭素 9.875 キシレン 3.985 トルエン 1.406 ベンゼン 1.3 四塩化炭素 0.121 n-ヘキサン 0.013 シクロヘキサン 0.08 ペンタン 0.002 オクタン 0.042 デカン 0.053 ドデカン 0.098 ヘプタン 0.047 イソプロパノール 0.0021 メシチレン 1.472 ジクロロメタン 0.080 フラーレンは、トルエン等の多くの芳香族性溶媒二硫化炭素わずかに溶けるが、には不溶である。C70の溶液は赤茶色で、溶液からはC70mmサイズ結晶が育つ。

※この「溶液」の解説は、「C70フラーレン」の解説の一部です。
「溶液」を含む「C70フラーレン」の記事については、「C70フラーレン」の概要を参照ください。


溶液

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/18 05:05 UTC 版)

元素分析」の記事における「溶液」の解説

ICP-AESICP-MSはほぼあらゆる元素高感度分析することができるが、一般に溶液でないと測定できないAAS一般にICPより微量域で高感度であるが、高濃度域で感度低下生じる。試料を溶液にしないと測定できない

※この「溶液」の解説は、「元素分析」の解説の一部です。
「溶液」を含む「元素分析」の記事については、「元素分析」の概要を参照ください。


溶液

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/30 23:20 UTC 版)

2-ピリドン」の記事における「溶液」の解説

溶液中でもどちらの互変異性体のほうが優勢なのか調べられ、これを扱った多くの研究結果公表された異性体間のエネルギー差は非常に小さく溶媒極性左右されることがわかった無極性溶媒では2-ヒドロキシピリジン優勢でアルコールなどの極性溶媒では2-ピリドン優勢であった気相中で2つ異性体間のエネルギー差が赤外分光法によって測定され固体状態で2.43 - 3.3 kJ/mol液体状態で8.95 kJ/mol または 8.83 kJ/molという数値出た

※この「溶液」の解説は、「2-ピリドン」の解説の一部です。
「溶液」を含む「2-ピリドン」の記事については、「2-ピリドン」の概要を参照ください。


溶液

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/30 23:20 UTC 版)

2-ピリドン」の記事における「溶液」の解説

溶液中で二量体形成する二量化する割合溶媒極性大きく左右されるプロトン性極性溶媒水素結合介入するので、ここでは単量体割合高くなる無極性溶媒での疎水性相互作用二量体形成促すまた、互変異性体割合溶媒依存する全ての可能な二量体互変異性体間に平衡成立しており、全ての平衡定数正確に測定するのは非常に難しい。 都合よく片方平衡無視して計算することはできない。たとえば無極性溶媒中の2つ互変異性体間のエネルギー差を計算するとき、ほとんどが二量体形成していると仮定すると、誤った値が導かれる

※この「溶液」の解説は、「2-ピリドン」の解説の一部です。
「溶液」を含む「2-ピリドン」の記事については、「2-ピリドン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「溶液」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

溶液

出典:『Wiktionary』 (2021/06/26 04:18 UTC 版)

名詞

 ようえき

  1. 複数物質溶けてよく混じっ液体

発音(?)

よ↘ーえき

翻訳


「溶液」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



溶液と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

溶液のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



溶液のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2022 Japan Sake Brewers Association
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの溶液 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのC70フラーレン (改訂履歴)、元素分析 (改訂履歴)、2-ピリドン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの溶液 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS