歯磨剤とは?

歯磨剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/24 02:35 UTC 版)

歯磨剤(しまざい[1][2]、はみがきざい[3]: dentifrice [4][3])とは、歯磨きの際に歯ブラシとともに用いて[5]歯口清掃効果を高めたり歯口の病気を予防する等の効果がある[5]化粧品的および薬剤製品の総称である[5]歯磨き剤(はみがきざい)ともいう[5]




注釈

  1. ^ 資生堂が化粧品事業に進出するのは9年後の1897年(明治30年)[11]
  2. ^ 佐藤製薬の「アセスE」など。

出典

  1. ^ a b c d 井出歯科 (2019).
  2. ^ 中通歯科.
  3. ^ a b kb 歯磨剤.
  4. ^ dentifrice”. 英辞郎 on the WEB. アルク. 2020年12月11日閲覧。
  5. ^ a b c d LFDL.
  6. ^ a b kb 歯磨き粉.
  7. ^ kb 練歯磨き.
  8. ^ The History of Teeth Whitening – Smiles Through the Miles[リンク切れ]
  9. ^ Toothpaste History
  10. ^ メディカルα『歯磨き粉』
  11. ^ a b c kb 福原衛生歯磨石鹼.
  12. ^ 稲垣武 『「悪魔祓い」の戦後史 進歩的文化人の言論と責任文春文庫 [い-36-2] ISBN 4167365049、75-76p
  13. ^ 川上和久 『北朝鮮報道 情報操作を見抜く光文社新書 138 ISBN 4334032389、69p
  14. ^ 宮塚利雄 『北朝鮮の暮らし 浮浪児と美女軍団小学館文庫 [み-15-1] ISBN 4094053514、62-63p。同書巻頭のカラーページには写真も掲載されている。研磨剤が60%配合されているとキャプションがついている。
  15. ^ 稲垣武 『朝日新聞血風録』 文春文庫 [い-36-1] ISBN 4167365030、195p
  16. ^ 半藤一利+横山恵一+秦郁彦+原剛 『歴代陸軍大将全覧 昭和篇/太平洋戦争期中公新書ラクレ 340 ISBN 978-4121503404、173p
  17. ^ 半藤一利+横山恵一+秦郁彦+原剛 『歴代陸軍大将全覧 大正篇』 中公新書ラクレ 307 ISBN 978-4121503077、249p
  18. ^ 小田部雄次 『梨本宮伊都子妃の日記 皇族妃の見た明治・大正・昭和』 小学館文庫 [お-26-1] ISBN 978-4094083255、187p
  19. ^ a b c d オトナンサー編集部「目いっぱいでいいの? 「歯磨き粉」は歯ブラシにどれくらいつけるもの?」『オトナンサー』アドバイザー : 園田茉莉子(歯科医師、医療法人社団正美会 吉祥寺まさむねデンタルクリニック理事)、株式会社メディア・ヴァーグ、2020年12月11日。2020年12月11日閲覧。
  20. ^ Valeria CC Marinho, Julian PT Higgins, Stuart Logan, Aubrey Sheiham; 翻訳:筒井昭仁・監訳:相田潤;JCOHR (2008年4月1日). “小児と思春期のう蝕予防のためのフッ化物配合歯磨剤(2008 issue 1, -)”. Minds医療情報サービス 医療提供者向け/コクラン・レビュー. 財団法人日本医療機能評価機構EBM医療情報部. 2010年7月27日閲覧。
  21. ^ a b 田浦勝彦、木本一成、田口千恵子、晴佐久悟、筒井昭仁、相田潤「第1章 日本におけるフッ化物製剤 I フッ化物配合歯磨剤 3 フッ化物配合歯磨剤のシェア(世界と日本)」『日本におけるフッ化物製剤 -フッ化物応用の過去・現在・未来-』NPO法人 日本むし歯予防フッ素推進会議、財団法人口腔保健協会東京都豊島区、2010年3月30日、第8版第1刷、9-10頁。ISBN 978-4-89605-259-6
  22. ^ フッ素(フッ化物)”. オーラルケアの基礎/歯と口腔内の基礎知識. ライオン歯科衛生研究所. 2010年7月27日閲覧。
  23. ^ フッ化物を配合する薬用歯みがき類の使用上の注意について (PDF)”. 厚生労働省 (2017年3月17日). 2017年10月13日閲覧。
  24. ^ 網元愛子、岡本浩、玉沢修、斉藤邦男、二上捷之「Chaetomium gracile由来の Dextranaseによるin vitroの歯垢溶解効果ならびに洗口液および歯磨剤での臨地試験成績 (1) (PDF) 」 『口腔衛生学会雑誌』第28巻第2号、日本口腔衛生学会、1978年7月、 185-194頁、 doi:10.5834/jdh.28.185ISSN 0023-2831NAID 400012013152011年11月25日閲覧。
  25. ^ 塩入隆行、秋重成孝、石川一郎、宮川英祐、福井美代子、有澤康、高島己千雄「歯周疾患に対するクロルヘキシジン含有 Tooth Paste (LS-5) の二重盲検法による検討 (PDF) 」 『日本歯周病学会会誌』第25巻第4号、日本歯周病学会、1983年12月、 955-966頁、 doi:10.2329/perio.25.955ISSN 0385-0110NAID 80001908181、 ONLINE ISSN 1880-408X JOI:JST.Journalarchive/perio1968/25.9552011年11月25日閲覧。
  26. ^ 「健康日本21」最終評価 (PDF)”. 厚生労働省. 2011年11月25日閲覧。
  27. ^ 低年齢児におけるフッ化物配合歯磨剤の利用”. 国立保健医療科学院. 2015年8月15日閲覧。
  28. ^ 星新一 『進化した猿たち 1』 新潮文庫 [ほ-4-23] ISBN 4101098239、24-25p
  29. ^ 辰巳浜子 『料理歳時記』 中公文庫BIBLIO [B-18-5] ISBN 4122040930、89p
  30. ^ 初見健一 『まだある。 生活雑貨編大空ポケット文庫 ISBN 978-4903175027、26-27p・114-115p
  31. ^ 山本高司「歯磨剤における無機清掃基剤概論 (PDF) 」 『Journal of the Society of Inorganic Materials, Japan』第9巻、無機マテリアル学会、2002年9月、 333-340頁、 ISSN 2185-4378NAID 100094450952011年11月25日閲覧。
  32. ^ 【歯磨き粉】 - 歯の治療マニュアル. http://www.dentalmenu.com/karte05/hamigakiko/. 
  33. ^ プロクター・アンド・ギャンブル対コルゲート・パモリーブ (英語)
  34. ^ Wikipedia英語版の写真「さまざまな歯磨剤ブランド」を参照 (英語)
  35. ^ Wikipedia中国語版の「世界の歯磨剤一覧」を参照 (中国語)


「歯磨剤」の続きの解説一覧

歯磨剤

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 02:30 UTC 版)

名詞

  (しまざい)

  1. 歯を磨くのに、一般に歯ブラシにつけて用いる薬剤

下位語

翻訳




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「歯磨剤」の関連用語

歯磨剤のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



歯磨剤のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの歯磨剤 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの歯磨剤 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS